PHPを使用するデータベース駆動型アプリケーションの作成

レッスン7: データベース内のエントリの更新および削除

このページの内容は、NetBeans IDE 7.2、7.3、7.4および8.0に適用されます

このレッスンでは、次の2つの機能を使用してアプリケーションの機能を拡張します。

これらの機能を実装するには、editWishList.phpファイルとeditWish.phpファイルを編集します。また、deleteWish.phpという名前の新しいファイルも作成します。

レッスン7で影響を受けるPHPプロジェクト・フロー

現在のドキュメントは、PHP向けのNetBeans IDEでのCRUDアプリケーションの作成というPHPチュートリアルの一部です。


前のレッスンからのアプリケーション・ソース・コード

MySQLユーザー: 前のレッスンが完了した後のプロジェクトの状態を反映したソース・コードをダウンロードするには、ここをクリックします。

Oracleデータベース・ユーザー: 前のレッスンが完了した後のプロジェクトの状態を反映したソース・コードをダウンロードするには、ここをクリックします。

ウィッシュの編集

この機能は、次のユース・ケースをサポートしています。
  • editWishList.phpページで、ユーザーがウィッシュの右にある「Edit」ボタンを押す。選択したウィッシュのデータがあるeditWish.phpページが開く。
  • ユーザーがウィッシュの説明または期日(あるいはその両方)を変更し、「Save Changes」ボタンを押す。
  • 説明が入力されていない場合、エラー・メッセージが表示され、ユーザーがeditWish.phpページに戻される。
  • 説明が入力されている場合、アプリケーションはウィッシュが更新されるeditWishList.phpページに戻る。

この実装は、次の手順から構成されます。

「Edit」ボタンの実装

editWishList.phpでは、ウィッシャのウィッシュを含む表は、ウィッシュがデータベースから選択されるときに、ウィッシュを含む行を表示するループ(while文)によって実装されています。行の一番右のセルとして「Edit」ボタンを追加します。

  1. HTML入力フォームを使用してウィッシュのIDを転送するには、そのIDを変数に格納します。次のコード行をwhileループの末尾に入力します。
    while ($row = ...) {
    echo ...
    echo ...
    $wishID = $row["id"];
    } ?>
  2. 編集ボタンを実装します。editWishフォームを使用して、終了の</table>タグの前に別の表のセルを追加します。このフォームには、ボタン・コンポーネントと、ボタンがクリックされたときに$wishIDの値を送信する非表示コンポーネントが含まれています。(MySQLデータベース用のコードが示されていますが、追加されるコードはOracleデータベースの場合も同じで、同じ場所になります。)
       Hello <?php echo $_SESSION["user"]; ?><br/>
    <table border="black">
    <tr><th>Item</th><th>Due Date</th></tr>
    <?php
    require_once("Includes/db.php");
    $wisherID = WishDB::getInstance()->get_wisher_id_by_name($_SESSION["user"]);
    $result = WishDB::getInstance()->get_wishes_by_wisher_id($wisherID);
    while ($row = mysqli_fetch_array($result)) {
    echo "<tr><td>" . htmlentities($row["description"]) . "</td>";
    echo "<td>" . htmlentities($row["due_date"]) . "</td></tr>\n";
    }
    mysqli_free_result($result);
    ?> <td> <form name="editWish" action="editWish.php" method="GET"> <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"> <input type="submit" name="editWish" value="Edit"> </form> </td>
    </table>
  3. whileループを変更して代替構文を使用します。これにより、whileループ内のHTMLブロックを実行しやすくなります。代替のwhileループ構文では、開始の中括弧{がコロン(:)に置き換えられ、終了の中括弧}がendwhile;文に置き換えられます。開始の中括弧をコロンに置き換え、終了の中括弧を削除し、endwhile;文を使用して終了の</table>タグの前に新しいPHPブロックを追加します。これにより、新しい表のセルがwhileループに組み込まれます。結果または文を解放するコードをendwhile;文の後に移動します。(ここでも、MySQL用のコードが示されていますが、コード変更および場所はOracleデータベースの場合も同じです。)
        while ($row = mysqli_fetch_array($result)){:
    echo "<tr><td>" . htmlentities($row["description"]) . "</td>";
    echo "<td>" . htmlentities($row["due_date"]) . "</td></tr>\n";
    }
    mysqli_free_result($result);

    ?> <td> <form name="editWish" action="editWish.php" method="GET"> <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"> <input type="submit" name="editWish" value="Edit"> </form> </td> <?php endwhile; mysqli_free_result($result); ?> </table>
  4. 表の行の構文を修正します。行を終了する</tr>\n文字を、期日のecho文からendwhile;のすぐ上の新しいecho文に移動します。

        while ($row = mysqli_fetch_array($result)):
    echo "<tr><td>" . htmlentities($row["description"]) . "</td>";
    echo "<td>" . htmlentities($row["due_date"]) . "</td></tr>\n";
    ?> <td> <form name="editWish" action="editWish.php" method="GET"> <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"> <input type="submit" name="editWish" value="Edit"> </form> </td> <?php echo "</tr>\n"; endwhile; mysqli_free_result($result); ?> </table>
  5. whileループ内に「Edit」ボタンを持つフォームを含む表の全体は、次のようになります。

    MySQLデータベースの場合:

    <table border="black">
        <tr><th>Item</th><th>Due Date</th></tr>
        <?php
        require_once("Includes/db.php");
        $wisherID = WishDB::getInstance()->get_wisher_id_by_name($_SESSION["user"]);
        $result = WishDB::getInstance()->get_wishes_by_wisher_id($wisherID);
        while($row = mysqli_fetch_array($result)):
            echo "<tr><td>" . htmlentities($row['description']) . "</td>";
            echo "<td>" . htmlentities($row['due_date']) . "</td>";
            $wishID = $row["id"];
        ?>
        <td>
            <form name="editWish" action="editWish.php" method="GET">
                <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"/>
                <input type="submit" name="editWish" value="Edit"/>
            </form>
        </td>
        <?php
        echo "</tr>\n";
        endwhile;
        mysqli_free_result($result);
        ?>
    </table>

    Oracleデータベースの場合:

    <table border="black">
        <tr><th>Item</th><th>Due Date</th></tr>
        <?php
        require_once("Includes/db.php");
        $wisherID = WishDB::getInstance()->get_wisher_id_by_name($_SESSION["user"]);
        $stid = WishDB::getInstance()->get_wishes_by_wisher_id($wisherID);
        while ($row = oci_fetch_array($stid)):
            echo "<tr><td>" . htmlentities($row["DESCRIPTION"]) . "</td>";
            echo "<td>" . htmlentities($row["DUE_DATE"]) . "</td>";
            $wishID = $row["ID"];
        ?>
        <td>
            <form name="editWish" action="editWish.php" method="GET">
                <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"/>
                <input type="submit" name="editWish" value="Edit"/>
            </form>
        </td>
        <td>
            <form name="deleteWish" action="deleteWish.php" method="POST">
                <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"/>
                <input type="submit" name="deleteWish" value="Delete"/>
            </form>
        </td>
        <?php
        echo "</tr>\n";
        endwhile;
        oci_free_statement($stid);
       ?>
    </table>

$wish配列の拡張

editWishList.phpページで「Edit」ボタンを押すと、選択したウィッシュのIDがサーバー・リクエスト・メソッドGETを介してeditWish.phpページに転送されます。ウィッシュのIDを格納するには、$wish配列に新しい要素を追加する必要があります。

新しいウィッシュを追加するときに、それを保存しようとして失敗した後で、editWishList.phpページとeditWish.phpページの両方から入力フォームにアクセスできます。データを転送するサーバー・リクエスト・メソッドによって、ケースが識別されます。GETは、ユーザーが「Edit Wish」を押して最初にページに達するときに、フォームが表示されることを示します。POSTは、説明なしでウィッシュを保存しようとした後、ユーザーがフォームにリダイレクトされることを示します。

editWish.php内で、HTML <body>内のEditWish入力フォームの上にあるPHPブロックを、$wish配列の拡張されたコードで置き換えます。

MySQLデータベースの場合:

<?php
if ($_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST")
$wish = array("id" => $_POST["wishID"], "description" => $_POST["wish"], "due_date" => $_POST["dueDate"]);
else if (array_key_exists("wishID", $_GET))
$wish = mysqli_fetch_array(WishDB::getInstance()->get_wish_by_wish_id($_GET["wishID"]));
else
$wish = array("id" => "", "description" => "", "due_date" => "");
?>

Oracleデータベースの場合:

<?php
if ($_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST")
    $wish = array("id" => $_POST["wishID"], "description" =>
            $_POST["wish"], "due_date" => $_POST["dueDate"]);
else if (array_key_exists("wishID", $_GET)) {
    $stid = WishDB::getInstance()->get_wish_by_wish_id($_GET["wishID"]);
    $row = oci_fetch_array($stid, OCI_ASSOC);
    $wish = array("id" => $row["ID"], "description" =>
                $row["DESCRIPTION"], "due_date" => $row["DUE_DATE"]);
    oci_free_statement($stid);
} else
$wish = array("id" => "", "description" => "", "due_date" => "");
?>

このコードは、iddescription、およびdue_dateの3つの要素を持つ$wish配列を初期化します。これらの要素の値はサーバー・リクエスト・メソッドに依存します。サーバー・リクエスト・メソッドがPOSTの場合、値は入力フォームから受け取ります。また、サーバー・リクエスト・メソッドがGETで、$_GET配列にキー「wishID」を持つ要素が含まれている場合、値は関数get_wish_by_wish_idによってデータベースから取得されます。最後に、サーバー・リクエスト・メソッドがPOSTおよびGET以外の場合、つまり新しいウィッシュの追加のユース・ケースが行われた場合、要素は空になります。

前述のコードは、ウィッシュを作成および編集するケースをカバーしています。また、入力フォームを両方のケースに使用できるように、入力フォームを更新する必要があります。

HTML入力フォームの更新

現時点では、新しいウィッシュを作成するとき、ウィッシュIDがなくても入力フォームは機能します。既存のウィッシュを編集する場合にフォームが機能するようにするには、ウィッシュのIDを転送するための非表示フィールドを追加する必要があります。非表示フィールドの値は、$wish配列から取得されます。新しいウィッシュの作成中、この値は空の文字列です。ウィッシュが編集される場合、非表示フィールドの値がウィッシュのIDに変わります。この非表示フィールドを作成するには、editWish.phpEditWish入力フォームの先頭に次の行を追加します。
<input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wish["id"];?>" />

データベース内のウィッシュの更新

入力データを確認してウィッシュをデータベースに挿入するコードを更新する必要があります。現在のコードは、新しいウィッシュを作成するケースと既存のウィッシュを更新するケースを区別しません。現在の実装では、コードが入力フォームから転送されたウィッシュIDの値を確認しないため、新しいレコードは常にデータベースに追加されます。

次の機能を追加する必要があります。

  • 転送された要素「wishID」が空の文字列の場合、新しいウィッシュを作成する。
  • また、要素「wishID」が空の文字列でない場合、ウィッシュを更新する。

ウィッシュが新規であるかどうかを確認し、新規でない場合はウィッシュを更新するようにeditWish.phpを更新するには:

  1. update_wish関数をdb.phpに追加します。

    MySQLデータベースの場合:

    public function update_wish($wishID, $description, $duedate){
        $description = $this->real_escape_string($description);
    if ($duedate==''){
    $this->query("UPDATE wishes SET description = '" . $description . "',
    due_date = NULL WHERE id = " . $wishID);
    } else
    $this->query("UPDATE wishes SET description = '" . $description .
    "', due_date = " . $this->format_date_for_sql($duedate)
    . " WHERE id = " . $wishID);
    }

    Oracleデータベースの場合:

    public function update_wish($wishID, $description, $duedate) {
        $query = "UPDATE wishes SET description = :desc_bv, due_date = to_date(:due_date_bv, 
                  'YYYY-MM-DD')  WHERE id = :wish_id_bv";
        $stid = oci_parse($this->con, $query);
        oci_bind_by_name($stid, ':wish_id_bv', $wishID);
        oci_bind_by_name($stid, ':desc_bv', $description);
        oci_bind_by_name($stid, ':due_date_bv', $this->format_date_for_sql($duedate));
        oci_execute($stid);
    
    }
  2. get_wish_by_wish_id関数をdb.phpに追加します。

    MySQLデータベースの場合:

    public function get_wish_by_wish_id ($wishID) {
    return $this->query("SELECT id, description, due_date FROM wishes WHERE id = " . $wishID);
    }

    Oracleデータベースの場合:

    public function get_wish_by_wish_id($wishID) {
        $query = "SELECT id, description, due_date FROM wishes WHERE id = :wish_id_bv";
        $stid = oci_parse($this->con, $query);
        oci_bind_by_name($stid, ':wish_id_bv', $wishID);
        oci_execute($stid);
        return $stid;
    }
  3. editWish.phpのメインとなる先頭のPHPブロックで、最後のelse文に条件を追加します。これはデータベースにウィッシュを挿入するelse文です。これをelse if文に変更します。
    else if ($_POST["wishID"]=="") {
    WishDB::getInstance()->insert_wish($wisherID, $_POST["wish"], $_POST["dueDate"]);
    header('Location: editWishList.php' );
    exit;
    }
  4. 別のelse if文を、前に編集した文の下に入力するか、または貼り付けます。
    else if ($_POST["wishID"]!="") {
    WishDB::getInstance()->update_wish($_POST["wishID"], $_POST["wish"], $_POST["dueDate"]);
    header('Location: editWishList.php' );
    exit; }

このコードは、$_POST配列内のwishID要素が空の文字列ではないことを確認します(これは、ユーザーが「Edit」ボタンを押すことによってeditWishList.phpページからリダイレクトされたこと、および、ユーザーがウィッシュの説明を入力していたことを意味します)。確認が成功すると、コードは入力パラメータwishIDdescription、およびdueDateを使用して関数update_wishをコールします。これらのパラメータは、HTML入力フォームからPOSTメソッドを介して受け取ります。update_wishがコールされた後、アプリケーションはeditWishList.phpページにリダイレクトされ、PHP処理は取り消されます。

ウィッシュの編集機能のテスト

  1. アプリケーションを実行します。index.phpページで、「Username」フィールドに「Tom」、「Password」フィールドに「tomcat」と入力します。
    ウィッシュ・リストを編集するためのユーザー・ログオン
  2. 「Edit My Wish List」ボタンを押します。editWishList.phpページが開きます。
    「Edit」ボタンが追加された<tt>editWishList.php</tt>ページ
  3. 「Icecream」の横の「Edit」をクリックします。editWish.phpページが開きます。
    ウィッシュの編集用フォームがある<tt>editWish.php</tt>ページ。フィールドにウィッシュ・データが入力されています。
  4. フィールドを編集して「Back to the List」を押します。editWishList.phpページが開きますが、変更は保存されていません。
  5. 「Icecream」の横の「Edit」を押します。「Describe your wish」フィールドをクリアして「Save Changes」を押します。エラー・メッセージが表示されます。
    エラー・メッセージが表示されたウィッシュの編集用フォーム: 説明は入力されていません
  6. 「Describe your wish」フィールドに「Chocolate icecream」と入力し、「Save Changes」を押します。editWishList.phpページが開き、更新されたリストが表示されます。
    editWishList.phpページ: リスト上の更新されたウィッシュ

ウィッシュの削除

ウィッシュの作成、読取り、更新ができるようになったので、ウィッシュを削除するメソッドを追加します。

ユーザーがウィッシュを削除できるようにするには:

  1. delete_wish関数をdb.phpに追加します。

    MySQLデータベースの場合:

    function delete_wish ($wishID){
    $this->query("DELETE FROM wishes WHERE id = " . $wishID);
    }

    Oracleデータベースの場合:

    public function delete_wish($wishID) {
        $query = "DELETE FROM wishes WHERE id = :wish_id_bv";
        $stid = oci_parse($this->con, $query);
        oci_bind_by_name($stid, ':wish_id_bv', $wishID);
        oci_execute($stid); 
    }
  2. deleteWish.phpという名前の新しいPHPファイルを作成し、次のコードを<?php?>ブロック内に入力します。
    require_once("Includes/db.php");
    WishDB::getInstance()->delete_wish ($_POST["wishID"]);
    header('Location: editWishList.php' );
    このコードにより、db.phpファイルが使用できるようになります。入力パラメータとしてwishIDを使用し、WishDBのインスタンスからdelete_wish関数をコールします。最後に、アプリケーションがeditWishList.phpページにリダイレクトされます。
  3. 「Delete」ボタンを実装するには、別のHTML表のセルを、editWishList.phpwhileループの内部で、editWishボタンのコード・ブロックのすぐ下に追加します。HTML入力フォームには、wishID用の非表示フィールドと、「Delete」というラベルが付いた送信ボタンが含まれています。(MySQLデータベース用のコードが示されていますが、追加されるコードはOracleデータベースの場合も同じで、同じ場所になります。)
        while ($row = mysqli_fetch_array($result)):
    echo "<tr><td>" . htmlentities($row["description"]) . "</td>";
    echo "<td>" . htmlentities($row["due_date"]) . "</td></tr>\n";
    ?> <td> <form name="editWish" action="editWish.php" method="GET"> <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"> <input type="submit" name="editWish" value="Edit"> </form> </td> <td> <form name="deleteWish" action="deleteWish.php" method="POST"> <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"/> <input type="submit" name="deleteWish" value="Delete"/> </form> </td> <?php echo "</tr>\n"; endwhile; mysqli_free_result($result); ?> </table>

whileループ内に「Edit」ボタンを持つフォームを含む表の全体は、次のようになります。

MySQLデータベースの場合:

<table border="black">
    <tr><th>Item</th><th>Due Date</th></tr>
    <?php
    require_once("Includes/db.php");
    $wisherID = WishDB::getInstance()->get_wisher_id_by_name($_SESSION["user"]);
    $result = WishDB::getInstance()->get_wishes_by_wisher_id($wisherID);
    while($row = mysqli_fetch_array($result)):
        echo "<tr><td>" . htmlentities($row['description") . "</td>";
        echo "<td>" . htmlentities($row['due_date']) . "</td>";
        $wishID = $row["id"];
    ?>
    <td>
        <form name="editWish" action="editWish.php" method="GET">
            <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"/>
            <input type="submit" name="editWish" value="Edit"/>
        </form>
    </td>
    <td>
        <form name="deleteWish" action="deleteWish.php" method="POST">
            <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"/>
            <input type="submit" name="deleteWish" value="Delete"/>
        </form>
    </td>
    <?php
    echo "</tr>\n";
    endwhile;
    mysqli_free_result($result);
    ?>
</table>

Oracleデータベースの場合:

<table border="black">
    <tr><th>Item</th><th>Due Date</th></tr>
    <?php
    require_once("Includes/db.php");
    $wisherID = WishDB::getInstance()->get_wisher_id_by_name($_SESSION["user"]);
    $stid = WishDB::getInstance()->get_wishes_by_wisher_id($wisherID);
    while ($row = oci_fetch_array($stid)):
        echo "<tr><td>" . htmlentities($row["DESCRIPTION"]) . "</td>";
        echo "<td>" . htmlentities($row["DUE_DATE"]) . "</td>";
        $wishID = $row["ID"];
    ?>
    <td>
        <form name="editWish" action="editWish.php" method="GET">
            <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"/>
            <input type="submit" name="editWish" value="Edit"/>
        </form>
    </td>
    <td>
        <form name="deleteWish" action="deleteWish.php" method="POST">
            <input type="hidden" name="wishID" value="<?php echo $wishID; ?>"/>
            <input type="submit" name="deleteWish" value="Delete"/>
        </form>
    </td>
    <?php
    echo "</tr>\n";
    endwhile;
    oci_free_statement($stid);
   ?>
</table>

ウィッシュの削除機能のテスト

機能が正しく実装されたことを確認するには、editWishList.phpページで任意の項目の横にある「Delete」を押します。その項目がリストに表示されなくなります。

editWishList.phpページ: ウィッシュの削除

現在のレッスン完了後のアプリケーション・ソース・コード

MySQLユーザー: このレッスンが完了した後のプロジェクトの状態を反映したソース・コードをダウンロードするには、ここをクリックします。

Oracleデータベース・ユーザー: このレッスンが完了した後のプロジェクトの状態を反映したソース・コードをダウンロードするには、ここをクリックします。

次の手順

<< 前のレッスン

次のレッスン>>

チュートリアルのメイン・ページに戻る



メーリング・リストに登録することによって、NetBeans IDE PHP開発機能に関するご意見やご提案を送信したり、サポートを受けたり、最新の開発情報を入手したりできます。

PHPの学習に戻る

get support for the NetBeans

Support


By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo