Linux UbuntuでのPHP開発環境の構成

このチュートリアルでは、Ubuntuオペレーティング・システム(7.10以降)でPHP開発環境を構成する方法を示します。これには、PHPエンジン、MySQLデータベース、Apache Webサーバー、およびXDebugデバッガのインストールと構成が含まれます。

目次

このページの内容は、NetBeans IDE 7.2、7.3、7.4および8.0に適用されます

このチュートリアルに従うには、次のソフトウェアとリソースが必要です。

ソフトウェアまたはリソース 必須バージョン
NetBeans IDE PHPダウンロード・バンドル
PHPエンジン バージョン5。
Webサーバー Apache HTTP Server 2.2 (推奨)
データベース・サーバー MySQL Server 5.0 (推奨)
PHPデバッガ(オプション) XDebug 2.0以降

一般に、ローカルWebサーバーで開発およびデバッグが実行され、リモートWebサーバーに本番環境が置かれます。リモートWebサーバーの設定は、NetBeans IDEを使用したリモートWebサーバーへのPHPアプリケーションのデプロイで説明されています。このチュートリアルでは、ローカルWebサーバーの設定を行います。PHPのサポートは、いくつかのローカルWebサーバー(IIS、Xitamiなど)に追加できますが、最も一般的に使用されるのはApache HTTP Serverです。

ソフトウェアのインストール

このチュートリアルでは、Ubuntu 7.04以降でPHP開発環境を構成する方法を示します。次の作業を行う必要があります。

  1. Apache2 HTTPサーバー、PHP5エンジン、MySQL 5.0データベース・サーバー、およびPHP5-MySQLモジュールをインストールします。これらのパッケージは、LAMPスタックとして同時にインストールするか、別々にインストールできます。
  2. Apache2 HTTPサーバーのドキュメント・ルートの指定
  3. MySQLデータベース・サーバーの構成
  4. XDebug 2.0デバッガのインストールと有効化
Apache、MySQL、およびPHPのインストールについては、Ubuntuコミュニティを参照してください。

ソフトウェア・パッケージを同時にインストール

Ubuntuには、PHP環境に必要なパッケージがすべて含まれるLinux AMP (LAMP)パッケージがあります。ターミナル・ウィンドウのコマンド・プロンプトで次のコマンドを実行することで、ソフトウェアをインストールできます。

sudo tasksel install lamp-server

lamp-serverパッケージには、最適なバージョンのPHP、Apache 2、MySQL、およびPHP5-MySQLが含まれます。

ソフトウェア・パッケージを別々にインストール

LAMPパッケージのセット全体をインストールするかわりに、パッケージを別々にインストールすることもできます。これは、Apacheサーバーや、MySQLデータベース・サーバーなど、いずれかのコンポーネントをインストール済である場合に便利です。コマンド行ツールまたはSynapticパッケージ・マネージャのGUIを使用できます。

インストールする個々のパッケージは次のとおりです。

  • apache2
  • php5
  • mysql-server
  • php5-mysql

 

インストールの確認

PHP Web Stackを設定した後に、正しくインストールされていること、およびApacheサーバーでPHPエンジンが認識されていることを確認します。

ApacheとPHPがインストールされ、実行されていることを確認するには、NetBeans IDEを開き、PHPプロジェクトを作成します。index.phpファイルに、PHPメソッドphpinfo()を入力します。ファイルを実行します。標準のPHP情報ページが表示されます。
Ubuntuのブラウザ内のphpinfoテスト・ページ

トラブルシューティング

次に、UbuntuでPHPスタックのインストールを確認する際に頻繁に発生する問題をいくつか示します。

  • ブラウザ・ウィンドウに~USER/PROJECT/index.phpが見つからないというエラーが表示される。URLから文字列~USERを除去します。たとえば、URLが~ubuntu/test1/index.phpのときにこのエラーが表示される場合は、URLをtest1/index.phpに変更します。PHPプロジェクトのURLは、NetBeans IDEでプロジェクトを作成するときに、またはプロジェクト・ノードを右クリックして「プロパティ」>「実行構成」を選択することで設定できます。
  • PHPエンジンが認識されていないかのように、ブラウザのポップアップが表示され、ファイルを開くように求められる。php5-commonパッケージに問題があります。php5phpmyadminに置き換えます。php5-commonを置き換えるには、次の2つのコマンドを実行します。
    apt-get --purge remove php5-common
    apt-get install php5 phpmyadmin

Apache2 HTTPサーバーのドキュメント・ルートの指定

ドキュメント・ルートは、Apache HTTPサーバーがブラウザで表示するファイルを取得するディレクトリです。ドキュメント・ルートは、仮想ホストを定義するファイルで指定されます。デフォルトの仮想ホストの構成ファイルは次のとおりです。
/etc/apache2/sites-available/default
ドキュメント・ルートは次のとおりです。
/var/www/
デフォルトの仮想ホストを編集するのではなく、独自の仮想ホストを作成して有効にすることをお薦めします。

ドキュメント・ルートの場所の作成

  1. 「場所」>「ホーム・フォルダ」を選択します。
  2. コンテキスト・メニューから、「フォルダを作成」を選択します。
  3. フォルダ名に、たとえば「public_html」と入力します。

新規仮想ホストの作成

  1. ターミナルを起動するには、「アプリケーション」>「アクセサリ」>「ターミナル」を選択します。ターミナル・ウィンドウが開きます。
  2. デフォルトの仮想ホストの構成ファイルを新しいファイル(mysite)にコピーするには、コマンド・プロンプトで次のコマンドを入力します。
    sudo cp /etc/apache2/sites-available/default /etc/apache2/sites-available/mysite
  3. geditアプリケーションを実行し、そこで新しい構成ファイル(mysite)を編集します。
    gksudo gedit /etc/apache2/sites-available/mysite 
    要求された場合は、オペレーティング・システムのインストール時にルート・ユーザー用に指定したパスワードを入力します。
  4. ドキュメント・ルートを変更し、新しい場所を指定します。
    /home/<user>/public_html/
  5. Directoryディレクティブを変更します。
    <Directory /var/www/>
    次と置き換えます。
    <Directory /home/user/public_html/>
    UbuntuでのDirectoryルートの変更
  6. ファイルmysiteを保存します。

新規仮想ホストのアクティブ化

  1. デフォルトのホストを非アクティブ化し、新しいホストをアクティブ化するには、ターミナルを起動し、ターミナル・ウィンドウで次の2つのユーティリティを実行します。
    sudo a2dissite default && sudo a2ensite mysite
  2. Apache HTTPサーバーを再起動します。
    sudo /etc/init.d/apache2 reload

MySQLデータベース・サーバーの構成

MySQLデータベース・サーバーのインストール時に、ルート・ユーザーが作成されます。インストール中に、ルート・ユーザーのパスワードを設定するダイアログが開きます。このダイアログが開かなかったか、このダイアログでパスワードを設定しなかった場合は、MySQLのルート・ユーザーのパスワードを今すぐ作成する必要があります。他のMySQLサーバー・ユーザーを作成するには、パスワードが必要になります。
  1. MySQLサーバーに接続するには、ターミナルを起動し、ターミナル・ウィンドウで次のコマンドを入力します。
    mysql -u root -p
    MySQLコマンド・プロンプトが表示されます。
  2. コマンド・プロンプトで次のコマンドを入力し、[Enter]を押します。
    SET PASSWORD FOR 'root'@'localhost' = PASSWORD('<yourpassword>');
    コマンドが正常に実行されると、次のメッセージが表示されます。
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

XDebugデバッガのインストールと有効化

次の手順は、XDebugを使用する場合にのみ必要です(これはPHP開発のオプションです)。XDebugはPHPの拡張機能です。これがPHP Web Stack用に正しく構成されている場合は、NetBeans IDEで自動的に使用されます。XDebugとNetBeans IDEの詳細は、NetBeans IDEでのPHPソース・コードのデバッグを参照してください。XDebugに関するNetBeans Wikiページも参照してください。

XDebugパッケージのインストール(Ubuntu 8.05以降)

Ubuntu 8.05以降では、php5-xdebugというXDebugパッケージが使用できます。XDebugのサポートされているバージョンは2.0.3-1です。コマンド行ツールまたはSynapticパッケージ・マネージャのUIを使用してインストールできます。XDebugをインストールした後に、XDebugの有効化で説明しているように、php.iniを変更する必要があります。

ソースからのXDebugのビルド(Ubuntu 7.10)

ソースからXDebugをビルドするには、PHP5 DevelopmentとPEARという2つの追加モジュールが必要です。

  1. Synapticパッケージ・マネージャを起動します。
  2. 「インストール済」パネルに切り替え、makeモジュールがすでにインストールされていることを確認します。
  3. 「すべて」タブに切り替え、次のパッケージの横にあるチェックボックスを選択します。
    • php5-dev
    • php-pear
    各項目で、コンテキスト・メニューからインストールの「マーク」を選択します。
  4. 依存パッケージの一覧が表示された「依存により要求された変更を追加しますか?」ダイアログ・ボックスが開きます(依存パッケージも、ソフトウェアの機能を有効にするためにインストールされます)。「マーク」をクリックします。
  5. システムが「Synapticパッケージ・マネージャ」パネルに戻ると、選択したパッケージにインストールのマークが付いています。
  6. ツールバーで「適用」を選択します。インストール対象として選択したパッケージの一覧が表示された「次の変更を適用のサマリー」パネルが開きます。「適用」をクリックします。
  7. ダウンロードとインストールが正常に完了したら、「変更を適用」パネルが開きます。「閉じる」をクリックします。

    注意: ターミナル・ウィンドウで次のコマンドを実行することで、モジュールをインストールすることもできます。aptitude install php5-dev php-pear

  8. これでXDebugをダウンロードし、インストールできます。ターミナル・ウィンドウに次のコマンドを入力します。
    sudo pecl install xdebug

XDebugの有効化

XDebugを有効にするには、geditテキスト・プロセッサでphp.iniファイルを編集する必要があります。
  1. geditテキスト・プロセッサを起動するには、ターミナルを起動し、コマンド・プロンプトで次のコマンドを入力します。
    gksudo gedit
    要求された場合は、オペレーティング・システムのインストール時にルート・ユーザー用に指定したパスワードを入力します。
  2. ファイル/etc/php5/apache2/php.iniを開きます。
  3. ファイルに次の行を追加します。
    zend_extension=/usr/lib/php5/<DATE+lfs>/xdebug.so
    xdebug.remote_enable=on
    

XDebugの構成の詳細は、ここを確認してください。


メーリング・リストに登録することによって、NetBeans IDE PHP開発機能に関するご意見やご提案を送信したり、サポートを受けたり、最新の開発情報を入手したりできます。

PHPの学習に戻る
get support for the NetBeans

Support


By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo