NetBeans Eコマースのチュートリアル-データモデルの設計

Content on this page applies to NetBeans IDE, versions 6.8 and 6.9

この単元では、データモデリング、またはストレージシステムの概念モデルを作成する手順に焦点を当てています。そして、システムが必要とするエンティティとお互いの関係も識別し定義します。 データモデルには、すべての論理的および物理的な設計パラメータが含まれています。設計パラメータは、データ定義言語(DDL)がデータベースを作成するためのスクリプトを生成するのに必要とされます。[1]

この単元では、主に MySQL Workbench で仕事をします。ワークベンチは、データモデル、リバースエンジニア SQL スクリプトなどをビジュアルに作成するためのグラフィカルツールです。データモデルをforward-engineer(前方エンジニア)してデータベース構造の中に取り込み、動作中のMySQLデータベースサーバーとモデルとを同期します。

AffableBean アプリケーションのデータモデルを表現するためのER図(エンティティ関係図)の作成をはじめましょう。すべてのエンティティとリレーションシップを識別し、それらを結びつける関係の定義を完了している場合は、Workbench のforward-engineering 前方エンジニアリングを使用して、DDL スクリプトを実行し、データモデルをデータベース構造に変換します。最後に、NetBeans IDE から新しい構造(スキーマ)に接続します。

このチュートリアルで構築するアプリケーションのライブデモを見ることができます: NetBeansのEコマースのチュートリアルデモアプリケーション



ソフトウエアまたはリソース 必須バージョン
NetBeans IDE Java バンドル版, 6.8 または 6.9
Java Development Kit (JDK) バージョン 6
MySQL データベースサーバー バージョン 5.1
MySQL Workbench バージョン 5.1 または 5.2

注:

  • NetBeans IDE を正常に実行するには Java開発キット( JDK )が必要です。上記の他のリソースがない場合は、最初に JDK をダウンロードしインストールする必要があります。
  • NetBeans IDE Java バンドル版には、Java Web と JAVA EE 技術が入っており、このチュートリアルでアプリケーションを構築するのに必要です。
  • あなたは、このチュートリアルで作成したER図からMySQL Workbench が生成した完全な DDL スクリプトを以下からダウンロードすることができます: affablebean_schema_creation.sql

データモデルのエンティティを識別する

現実の世界でアプリケーションのデータモデルが貧弱な場合があります。たとえば、既存のデータベースの上にアプリケーションを開発するタスクがあったとします。アプリケーションの元となるデータモデルがないと仮定すると、開発に着手する前に最初から設計ステップを一つ一つしなければなりません。データモデルを作成するには、オブジェクトを識別するか、またはシステムが必要とするentities エンティティを識別し、それらの間の関係を定義する必要があります。

我々は、データモデルに必要なエンティティを識別することから始めます。アプリケーションの設計に示されたユースケースを再度調べる必要があります。よく出てくる名詞を調べます。たとえば:



上記の強調表示されたテキストは、データモデルとして捉えることができる候補を示しています。より詳細に調べると、あなたがショッピングカートをデータモデルに含む必要がないと推測できるかもしれません。それゆえ、提供されるデータ(すなわち、製品とその数量)は、処理されるときには、顧客の注文と同じになります。実際に、第8単元、セッション管理でデモします。ショッピングカートは、単に一時的にユーザのセッションを保持するメカニズムとして機能します(顧客がオンラインでショッピングをしている間)。その結果、我々は次のリストを決めることができます。

  • customer 顧客
  • category カテゴリ
  • product 製品
  • order 注文

これら4つのエンティティから、エンティティ関係図(ER図、以下 ERD)の構築を始められます。

注: このチュートリアルでは、ERD からデータベーススキーマを作成します。そして、IDE の EclipseLink サポートを使い既存のデータベースから JPA エンティティクラスを生成します( EclipseLinkとJava Persistence API(JPA)は、第7章でエンティティクラスとセッションBeanを追加する)で説明します)。この手法をボトムアップ開発といいます。同様にこれと反対の実行可能な手法はトップダウン開発です。

訳者注。スキーマ(schema)とは、データベースの構造であり、データベース管理システム (DBMS) でサポートされている形式言語で記述される。関係データベースでは、スキーマは関係 (表) と関係内の属性 (フィールド) 、属性や関係の関連の定義である。
スキーマは一般にデータ辞書に格納される。スキーマはテキストによるデータベース言語のデータ定義言語 (DDL) で定義されるが、グラフィカルにデータベース構造を表したものをスキーマと呼ぶことも多い[ウィキペディア]

  • トップダウン: トップダウンで開発する場合は、既存のドメインモデルの Java 実装から始めます。ドメインモデルではデータベーススキーマ設計を全く考慮する必要はありません。あなたはマッピングメタデータ(すなわち、JPA エンティティクラスで使われるアノテーション)を作成する必要があります。そして任意で、永続化ツールを使いスキーマを自動生成することもできます。
  • ボトムアップ: ボトムアップ開発は既存のデータベーススキーマから始めます。ボトムアップを最も簡単に行う方法は、forward-engineering ツールを使って、スキーマからメタデータを抽出し、アノテートした Java のソースコード( JPA エンティティクラス)を生成します。

    訳者注。フォワードエンジニアリング(forward engineering)とは,リバースエンジニアリングによって既存のシステムから解析された仕様をもとに,新規のシステムを開発すること。つまり、モデルからソースに変換する手法。

トップダウンとボトムアップ設計戦略の詳細については以下を参照してください。データモデリング:モデリング方法論 [ウィキペディア]。


エンティティ関係図(ER図、ERD)の作成

MySQL Workbench(ワークベンチ)を実行してはじめます。この演習ではワークベンチを使い、AffableBean アプリケーションの ER 図を設計します。

注: 以下の手順は MySQL Workbench バージョン5.1 と 5.2 で作業します。このチュートリアルの画面はバージョン5.2 のものです。 バージョン間でグラフィカルなインターフェイスにわずかな違いがあります。しかし、機能は一貫性を保っています。バージョン5.2 にはクエリエディタが組み込まれているため(以前のMySQL Query Browser)、同様にサーバー管理インターフェイス(以前の MySQL Administrator)も組み込まれているため、workbench を開くとホーム画面が表示されます(下図参照)。

Workbench 5.2で作業する場合、 ホーム画面のデータモデリング見出しの下にある「Create New EER Model (EERモデル新規作成)」をクリック。

affablebean スキーマの作成

  1. デフォルトのインターフェイスで、 AffableBean アプリケーションで使われる新しいスキーマの作成を始めます。見出しの Physical Schemata 見出しの右側にあるプラスアイコン( Plus icon)をクリック。

    新しいパネルが画面の底部に開き、新しいスキーマの設定を指示できます。

    New schema panel displays in bottom region of interface

  2. 新しいスキーマ用に次の設定を入力します:
    • scheme: affablebean
    • Default Collation: utf8 - utf8_unicode_ci
    • Comments: Schema used with the AffableBean application
    Settings for 'affablebean' schema

    新しいスキーマが作成され、ワークベンチ画面の右側のCatalogタブの下に一覧表示されます。

    文字セットと照合順序についての説明は、MySQLサーバマニュアルを参照してください: 9.1.1. 一般的なキャラクタセットおよび照合順序

エンティティの作成

MySQL Workbench で新しいエンティティ関係図の作成を始めます。キャンバス上で、エンティティテーブルをドラッグアンドドロップすることができます。

  1. Workbench で EER 図見出しの下で、「 Add Diagram (図を追加)」(Add Diagram icon)アイコンをダブルクリックします。新しい EER 図が空のキャンバスに表示されます。

    ' EER 'は Enhanced Entity-Relationship(拡張されたER(実体関連))の略語です)。

    New EER Diagram displayed an empty canvas
  2. 左余白にある New Table(新しいテーブル)(New Table icon )アイコンをクリック。キャンバス上にマウスを移動し再度クリックします。キャンバス上に新しいテーブルが表示されます。
    New entity table displayed on canvas
  3. テーブルをダブルクリック。テーブルエディタが画面の下の方に開き、テーブルの設定を作成することができます。

    注:「テーブル」と「エンティティ」という用語は、この単元ではほぼ同義語です。データベーススキーマの観点からすると、「テーブルを作成している」となります。データモデリングの観点からすると、「エンティティを作成している」ということなります。同様に、後の節で、エンティティプロパティに相当する各テーブルを作成します。

  4. テーブルエディタで、テーブルをユースケースから識別した一つ一つの名詞にリネームします。必要に応じてテーブルの目的をコメントに記載します。例:
    • Name: customer
    • Engine: InnoDB
    • Comments: maintains customer details(顧客の詳細を保持する)
    Customer table displayed on canvas

    InnoDB エンジンは、このチュートリアルで利用する外部キーをサポートしています。後の節で、データベースのフォワードエンジニアリングを使うので、デフォルトのストレージエンジンをInnoDBに設定します(Workbenchを使って)。

  5. ワークベンチの左側にあるCatalog タブの下(バージョン5.1の場合は右側)で、affablebean > Tables と展開します。customer テーブルが現れます。
    Catalog tab displaying new customer table

    さらに重要なことに注意して下さい。新しい customer テーブルには、今、 affablebean スキーマが含まれています。新しく EER 図を作成した時に affablebean スキーマを選択したので、EER 図を変更したときはいつでも自動的にスキーマがバインドされます。

  6. 上記のユースケースで識別した名詞の残り毎に、手順2から4を繰り返しキャンバスにテーブルを追加してください。しかしながら、テーブルに名前を付ける前に、考慮すべき重要な事があります。特定のキーワードは、MySQL サーバで使われる SQL 方言にとって特別な意味を持つことがあります。残念ながら、「order」はそのうちの1つです。 (「order」は、MySQL で「 ORDER BY 」ステートメントで使用されます)。したがって、「 order 」の代わりに「customer_order」という名前を付けます。この段階では、キャンバス上へのテーブル配置の順番はありません。

    MySQLサーバーで使用される予約語のリストについては、公式マニュアルを参照してください: 2.2. MySQL 5.1 での予約語

    All tables displayed on canvas

エンティティのプロパティを追加する

これでキャンバスにエンティティを追加しました、次にそのプロパティを指定する必要があります。エンティティのプロパティは、データベーステーブルの列の定義に相当します。たとえば、 customer エンティティを検討します。 AffableBean アプリケーションに関していえば、「顧客の側面の何をデータベースに永続化するのか?」。 チェックアウトページの顧客の詳細フォームに集まった情報のすべてがそれなのか、同様に処理済みの注文に関していくつかのものがあるのではないか。などを検討する必要があります。

プロパティを追加するときは、各プロパティに最も適切なデータ型を決定する必要があります。MySQL はいくつかのカテゴリのデータ型をいくつかサポートしています:数値型、日付と時刻型、および文字列は(文字)型。各カテゴリ別のデータ型の概要は公式マニュアルを参照してください。: 10.1.データ型の概要。 このチュートリアルでは、データ型はすでに決まっています。適切なデータ型を選択することは、データベースサーバーのストレージ最適化に重要な役割を果たしています。詳細については次を参照してください:

ERD に存在するエンティティへプロパティを追加するためのMySQL Workbenchの使い方、を以下の手順に説明します。初期設計段階のほとんどは、エンティティのプロパティを決定することに費やされます。決定するには、解決する必要があるビジネス上の問題を慎重に検討する必要がありますし、解析にも時間を必要としますし、同様にクライアントとの数多くの協議を必要とするでしょう。

  1. customer テーブル見出しをダブルクリックします。Workbench のテーブルエディターが立ち上がります。
  2. テーブルエディタで、Columnsタブをクリックします。表示されたテーブル内をクリックして、最初の列を編集します。以下を入力してください:

    Column Datatype PK (Primary Key) NN (Not Null) UN (Unsigned) AI (Autoincrement)
    id INT

    Customer entity's id column specified

  3. 引き続き、customer テーブルで作業し、以下の VARCHAR 列を追加します。これらの列は見ればすぐわかるようにしておくべきです。 Affable Bean ビジネスが顧客の注文を処理し、お客様のアドレスに食料品の出荷を送信するためにキャプチャされる必要があるデータを表しています。

    Column Datatype NN (Not Null)
    name VARCHAR(45)
    email VARCHAR(45)
    phone VARCHAR(45)
    address VARCHAR(45)
    city_region VARCHAR(2)
    cc_number VARCHAR(19)

    VARCHAR データ型の説明については、MySQL リファレンスマニュアルを参照してください: 10.4.1. CHARとVARCHAR型

    Customer entity's varchar columns specified
  4. キャンバス上で選択した customer テーブルで、「Arrange」>「Reset Object Size」を選び、テーブルのサイズを変更します。そうすれば、キャンバス上ですべての列が見えるようなります。インデックス行をクリックして、任意のテーブルのインデックスも表示されるようにします。(これには主キーと外部キーも含まれます。テーブル間のリレーションシップの作成をする場合に便利です。後の方で演習します)。

    終了時に、customer エンティティ(実態)は次のように見えます。

    'customer' table displayed on EER canvas with columns
  5. 上記の手順に従って、残りのテーブル列を作成します。

    categoryカテゴリ

    Column Datatype PK NN UN AI
    id TINYINT
    name VARCHAR(45)      

    customer_order

    Column Datatype PK NN UN AI Default
    id INT  
    amount DECIMAL(6,2)        
    date_created TIMESTAMP       CURRENT_TIMESTAMP
    confirmation_number INT      

    product製品

    Column Datatype PK NN UN AI Default
    id INT  
    name VARCHAR(45)        
    price DECIMAL(5,2)        
    description TINYTEXT          
    last_update TIMESTAMP       CURRENT_TIMESTAMP ON UPDATE CURRENT_TIMESTAMP

    TIMESTAMP データ型の詳細については、MySQL リファレンスマニュアルを参照してください: 10.3.1.1. TIMESTAMP型のプロパティ


    完了したら、キャンバスは次のようになります。

    'customer', 'category', 'product', and 'order' tables displayed on EER canvas

関係の識別

ここまでで、エンティティ関係図にはいくつかのエンティティがありますが、それらの間の関係が欠けています。我々が作成しているデータモデルでは、オブジェクトが他のオブジェクトを認識(すなわち他への参照)しているかどうかを示す必要があります。1つのオブジェクトが別のオブジェクトを参照している場合は、unidirectional 一方向の関係として知られています 。同様に、両方のオブジェクトがお互いを参照する場合は、bidirectional双方向 な関係と呼ばれています。

データベーススキーマでは外部キーに関連づけて参照します。テーブルをお互いにリンクさせることを始めるときには、テーブルがリンクされていることを示すために、外部キーが新しい列として追加されることに注意しましょう。

一般に、ERDは情報の2つの他の要素を中継します: cardinality 濃度(つまり、multiplicity多重度)とordinality (つまり、optionality 随意選択性)。 このことについてはあとで、キャンバス上でエンティティ間の関係の追加を始めるときに説明します。ERDを完了するためには、基本的に2つ関係を作成する必要があります。一つは、one-to-many 一対多 の関係、もう一つは many-to-many 多対多の関係を作成します。詳細は以下を参照してください。

1対多の関係を作成する

ビジネス上の問題を考慮しながら、キャンバス上の4つのオブジェクトを調べます。次の2つの one-to-many 1対多 の関係があることに気づきます:

  • カテゴリには1つまたは複数の製品を含める必要がある
  • 顧客が1つ以上の注文をすることがある

これら2つの関係をER図で組み込みます。以下のステップで必要となる4つのエンティティが入っている MySQL Workbench プロジェクトのコピーをダウンロードすることができます: affablebean.mwb

  1. 左余白で、「1:n Non-Identifying Relationship(1:n 非依存関係)」( 1:n Non-Identifying Relationship button )ボタンをクリックします。これにより、 one-to-many 1対多の関係を作成することができます。
  2. product テーブルをクリックし、category テーブルをクリックします。最初にクリックしたテーブルに2番目のテーブルを参照するための外部キーが入ります。ここでは、categoryを参照することができる(category への参照が入った)product テーブルが欲しいのです。下の画像を参照してください。新しい列 category_idproduct テーブルに追加されています。外部キーのインデックスつまり fk_product_category がテーブルのインデックスに追加されています。

    'Product-category relationship displayed on EER canvas

    外部キーは、外部キーが参照する列と同じデータ型がである必要があります。 注。category テーブルの主キーと合わせるので、 category_idTINYINT 型となります。

    このチュートリアルのエンティティ関係図では、Crow's Foot クローの足 表記を使用しています。Workbenchで、「モデル」>「関係表記」を選択すれば表記法を変更することができます。
  3. relationship 関係をダブルクリック(すなわち、2つのエンティティ間の破線クリックします)。 Relationship editor関係エディタが、画面の下部領域に表示されます。
  4. 既定の見出しをbelongs toに変更します 。言い換えれば、 「製品xは、カテゴリーyに属している」ということです。 注意してください。これはunidirectional 一方向関係です。: product 製品オブジェクトは自分が属するカテゴリへの参照を持っているが、関連づけられたcategory カテゴリーオブジェクトは自分のカテゴリに入っている製品への参照を全く持っていないのです。
  5. リレーションシップエディタで外部キータブをクリックします。次の表示を見てください。


    'Relationship editor - Foreign Key tab

    Foreign key(外部キー)タブで、関係を変更できます:

    • cardinality カーディナリティ: 2つのオブジェクト間の関係は one-to-one 1対1one-to-many 一対多
    • 訳者注:cardinality:カーディナリティとは値に対する種類の数のことです。濃度などと訳されます。例えば人の性別のカーディナリティは男女の2種類です。データベースの世界でのディナリティとは、エンティティ間の対応関係(「1対1」、「1対多」、「多対多」)のことを言います。

    • ordinality(序数): エンティティ間の参照があろうとなかろうと、モデルの整合性を維持するために必ず ordinarity が必要となります。(「Toggle the Mandatoryトグル必須」チェックボックスでいずれかの側にします)。
    • タイプ: (つまり、identifying特定) か non-identifying(非特定))。このような非特定関係は、以下の事実からきています。子オブジェクト(product製品)は、親(categoryカテゴリ) から個々に特定することができるという事実です。関係を特定するということは、子供が親なしでは一意に特定できないということを意味します。この例は後で、あなたが productorder テーブルの間に多対多の関係を作成するときにデモします。
    • 訳者注。1:n の Identifying Relationship(特定関係) とは、1つのビルと複数の部屋の関係。部屋はビルの中にあるので、ビルなしには部屋は成り立たない。依存しているといってもいいかも。
      1:n の Non-Identifying Relationship(非特定関係) とは、1つのレンタルDVDと複数のレンタルユーザーの関係。ユーザーは別にDVDに依存しているわけではないが、1:nの関係は成り立つ。

  6. 1:n Non-Identifying Relationship(1:n の非識別関係) ( 1:n Non-Identifying Relationship button )ボタンをクリックします。次の手順で、 customercustomer_order オブジェクトの間にone-to-many 1対多 の関係を作成します。
  7. 最初に order テーブル(このテーブルには外部キーが入っています)をクリックします。次に customer テーブルをクリックします。これで、この2つの間に関係が作られます。
  8. 2つのテーブル間のリンクをクリックすると、関係エディタで表示されるが、既定のキャプションを「is placed by配置される」に変更する 。関係は、今、「顧客注文×は 顧客yに配置される」と読めます。

    'Order-customer relationship displayed on EER canvas

    キャンバス上にテーブルをドラッグアンドドロップして、モデルのための最も理にかなっ所に置くことができます。上の画像では、 order テーブルを customer の左に移動しています。

多対多の関係を作成する

Many-to-many多対多 の関係は、関係する双方が、関連するオブジェクトに対して多くの参照を持つことができます。たとえば、Affable Bean(愛想のいいビーン)事業は、桜のアイスクリーム、ソーセージロール、またはアボカドスフレなど、複数のカテゴリの中に表示される可能性がある製品を提供している場合を想像してください。product 製品 と category カテゴリ間の many-to-many 多対多の 関係を含めて、データモデルを説明する必要があります。また、カテゴリは複数の製品を含んでおり、製品は複数のカテゴリに属することができます。

データベース内で many-to-many多対多 の関係を実装するためには、その関係を2つの関係を one-to-many 一対多 の関係にブレークダウンする必要があります 。そうするには、2つの元のテーブルの主キーが入った3番目のテーブルを作成します。先に述べた product - category の関係は以下のデータモデルのように見えるかもしれません。

'Product-category many-to-many relationship displayed on EER canvas

今、どのようにアプリケーションが顧客の注文を保持するかを検討します。 customer_order エンティティはすでに必要なプロパティが含まれています。プロパティには、作成された日付、確認番号、金額、注文を発行した顧客への参照があります。 しかし、現在の所、注文にある製品の指示またその数量が全くありません。customer_orderproduct の間に 多対多 の関係を作成することによってこの問題を解決することができます。この方法では、どの製品が与えられた注文にあるのかを決めるために、アプリケーションのビジネスロジックは、many-to-many 多対多の関係から生じる新しいテーブルに問い合わせることができますし、 order_id に一致するすべてのレコードを検索することができます。顧客はショッピングカートに製品の数量を指定できるので、我々はquantity 数量の列をテーブルに追加することもできます 。

  1. 左余白で、[n:m Identifying Relationship( n:m 関係の特定)](n:m Identifying Relationship button )ボタンを押します。これにより、あなたは many-to-many 多対多 の関係を作成することができます 。
  2. customer_order テーブルをクリックし、 product テーブルをクリック。新しいテーブルが現れるので、customer_order_has_product と名前をつけます。

    identifying relationship(関係を特定する) 」を思い出して下さい、つまり、子供は親なしに一意に識別することはできないということです。特定関係の場合は、Workbench キャンバス上の2つのテーブル間のリンクが実線で表示されます。ここでは、 customer_order_has_product テーブルは、2つの親テーブル(customer_orderproduct)と特定の関係を作ります。customer_order_has_product テーブルに含まれているレコードは 、それが存在するために、両方のテーブルからの参照を必要とします。

  3. 下図にしたがってテーブルをアレンジします。 many-to-many 多対多 の関係は以下で強調表示されています。

    ERD containing a many-to-many relationship
    新しい customer_order_has_product テーブルには、2つの外部キーが含まれています。 fk_customer_order_has_product_customer_orderfk_customer_order_has_product_product です。それぞれ customer_orderproduct テーブルの主キーを参照しています。これら2つの外部キーは、customer_order_has_product テーブルの複合主キーを形成します。

  4. 新しい customer_order_has_product テーブルの名前を、'ordered_product' に変更します。customer_order_has_product テーブルをダブルクリックし、テーブルエディタを開きます。[名前]フィールドに ordered_product と入力してください。
  5. 外部キーのインデックスを新しいテーブル名に対応した名前に変更します。「 ordered_product」テーブルエディターで、「Foreign Keys 外部キー」タブをクリックします。次に、両方の外部キーのエントリをクリックして、「customer_order_has_product」を「ordered_product」に変更します。完了したとき、2つのエントリを読んでください:
    • fk_ordered_product_customer_order
    • fk_ordered_product_product
    Foreign Keys tab in Table editor
  6. 2つのオブジェクトの関の行をダブルクリックします。Relationship editor(関係エディタ)で既定のcaptions(見出し)を削除します。
  7. ordered_product テーブルに、quantity 列を作成します。これを行うには、「ordered_product」 テーブルエディタの [Columns] タブをクリックし、以下の情報を入力します。

    Column Datatype NN (Not Null) UN (Unsigned) Default
    quantity SMALLINT 1

    Table editor - 'order_has_product' table

現在、 ERD(エンティティ関係図)を完了したところです。この図は AffableBean アプリケーションのデータモデルを表しています。後で説明しますが、あなたが作成した JPA エンティティクラスは、データモデルにあるエンティティから派生されたものです。

Complete AffableBean ERD

View > Toggle Grid を選び、キャンバスのグリッドを無効にします。また、左の余白にあるNew Text Object(新しいテキストオブジェクト)ボタン(New Text Object button )を使用して、図の注釈も作成することができます。


データベースのフォワードエンジニアリング(Forward-Engineering)

MySQLデータベースにあなたが作成したデータモデルを組み込むには、Workbench で図を forward-engineering して、SQL スクリプト(より正確にいえば、DDL スクリプト)に落とし込んでスキーマを生成することができます。あなたが使用しているウィザードから、すぐにデータベースサーバー上でスクリプト(定型手続)を実行することができます。

重要: MySQL データベースサーバが動作していることを確認してください。データベースのセットアップおよび実行手順はここにあります。開発環境の設定:データベースサーバーとの接続

  1. Workbench で使うデフォルトのストレージエンジンにはInnoDBを設定します。 Tools > Options ( Mac 上で、MySQLWorkbench > Preferences )で Workbench の環境設定ウィンドウを開きます。MySQL タブをクリックし、デフォルトのストレージエンジンとして InnoDB を選択します。

    Workbench Preferences window - MySQL tab

    InnoDB エンジンは、このチュートリアルで利用されている foreign key (外部キー) をサポートしています。

  2. 「OK」をクリックしてPreferences (設定)ウィンドウを終了します。
  3. メインメニューから、Database > Forward Engineer を選択します。
  4. [Forward Engineer to Database」ウィザードの最初のパネルで、「DROP Objects Before Each CREATE Object」と「 Generate DROP SCHEMA 」を選択します。

    Forward Engineer wizard

    これらの DROP オプションは、プロトタイプには便利なものです。もしあなたが、スキーマまたはスキーマテーブルを変更したい場合には、スクリプトは、それらを再作成する前に、最初にこれらの item を削除します(つまり、drop)。 (もし、既にMySQLサーバーにある item を作成しようとすると、サーバーはエラーフラグを立てます。

  5. 「Continue 次へ」をクリックします。Forward Engineer パネルの「 Select Objects」で「Export MySQL Table Objects」オプションがデフォルトで設定されていることに注意します。「 Show Filter 」ボタンをクリックします。 affablebeanスキーマの中に5つのテーブル全てが含まれていることに注意してください。
  6. 「Continue 次へ」 をクリックします。「 Review SQL Script 」パネルで、データモデルに基づいて生成された SQL スクリプトを調べることができます。必要に応じて、「 Save to File 」をクリックして、コンピュータにスクリプトを保存します。

    注: スクリプトを調べるには、ファイルの先頭に次の変数を設定する必要があります:

    SET @OLD_UNIQUE_CHECKS=@@UNIQUE_CHECKS, UNIQUE_CHECKS=0;
    SET @OLD_FOREIGN_KEY_CHECKS=@@FOREIGN_KEY_CHECKS, FOREIGN_KEY_CHECKS=0;
    SET @OLD_SQL_MODE=@@SQL_MODE, SQL_MODE='TRADITIONAL';

    「これらの変数は何?」そして「スクリプトの中での目的は何か?」の説明については、公式の Workbench マニュアルを参照してください: 第11章。 MySQL Workbench FAQ

  7. 「 Continue 」をクリックします。「 Connection Options 」パネルで、実行中のMySQLサーバに接続するためのパラメータを設定します。

    • Hostname: 127.0.0.1 (or localhost)
    • Port: 3306
    • Username: root
    • Password: nbuser
    (これから設定するパラメータは、以下の形式に対応しています。 開発環境の設定:データベースサーバーとの接続)。
  8. 「 Execute 」をクリック。ウィザードの最後のパネルで、「the wizard was able to connect to and execute the script successfully ウィザードは正常にスクリプトを実行し、接続することができた。」という確認を受けとります。
  9. 「 Close 閉じる」をクリックして、ウィザードを終了します。

今、affablebean スキーマが作成され、スキーマはMySQLサーバ上にあります。次のステップでは、 IDEから、スキーマに接続、または データベースへ接続します。この段階で、「スキーマとデータベースの違いは何?」と疑問を抱くかもしれません。実際に、 MySQLコマンド「 CREATE SCHEMA 」と「CREATE DATABASE」は同義語です。(12.1.10. CREATE DATABASE 構文を参照してください )。
スキーマをデータベースの内容を定義する設計図だと考えてください。データベースの内容には、テーブル、リレーションシップ、ビューなどがあります。データベースはスキーマ構造に合わせた方法でデータを格納します。これは、Javaクラスやオブジェクトのオブジェクト指向の世界に似ています。クラスはオブジェクトを定義します。しかしプログラムが走るとオブジェクト(つまり、クラスのインスタンス)が作成され、管理され、最後には、プログラムが破棄を実行してオブジェクトは破棄されます。


IDE からデータベースへの接続

今、affablebean スキーマが MySQL サーバ にあります。IDE の「 ServicesServices 」ウィンドウから ERD で作成したテーブルが表示できることを確認します。

重要: 開発環境:データベースサーバーとの通信設定、に概説されている手順を理解しておいてください。ここの見出しには、MySQL データベースサーバの実行方法、IDE への登録方法、データベースインスタンスの作成方法が説明してあります。そして、 IDE からインスタンスへの接続を作成する方法が説明してあります。

  1. IDE で、「 Services サービス」ウィンドウを開き( Ctrl-5 。⌘-5 Macの場合)、データベース接続ノード(Database connection node )へマウスを置きます。前の単元で作成した affablebean データベースインスタンスの場所です。
  2. affablebean データベースへの接続をリフレッシュします。そのために、接続ノードを右クリックし Refresh リフレッシュを選択します。
  3. 任意のテーブルノードを展開します。現在、スキーマで定義済みの5つのテーブルを見ることができます。
  4. 任意のテーブルノードを展開します。各テーブルには MySQL ワークベンチの作業で作成した列とインデックスがそこに含まれています。

    Forward Engineer wizard

IDE は今 AffableBean アプリケーション用に作成したスキーマを使用して、データベースに接続されています。 IDE から、今あなたがデータベースに作成したテーブルのデータをどれでも見ることができます。同様に、直接、データの変更、追加、削除ができます。データベースにサンプルデータを追加した後で、 アプリケーションをデータベースに接続するの中でこれらのオプションのいくつかを探索します。


参照


引用文献

  1. ^ データ定義言語(DDL)は、SQL 言語のサブセットであり、 CREATE TABLEDROP、および ALTER のようなステートメントを含んでいます。その他のサブセットには、データ操作言語(DML) 、およびデータ制御言語(DCL)も含まれています。詳細については、以下を参照してください。Data Definition Language データ定義言語 [Wikipedia]。
get support for the NetBeans

Support


By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo