NetBeans Java ME CDC開発のクイック・スタート・ガイド

概要

Connected Device Configuration (CDC)アプリケーションは、2MB以上のメモリーを搭載したモバイル・デバイスや埋込みデバイスで動作するように設計されています。この構成は、MIDPベースの携帯電話よりも機能豊富なJVMをサポートするものです。これらの携帯電話は通常はメモリーが大幅に少なく、CLDC (Connected Limited Device Configuration)を使用します。このチュートリアルでは、NetBeans IDEを使用して、Java Platform Micro Edition (Java MEプラットフォーム)のCDCアプリケーションを作成する方法を示します。使用可能な3つのCDCプロファイル用の単純なフォームをデバイス・エミュレータに表示するJava ME CDCプロジェクトを作成する方法を示します。このドキュメントは、できるだけ短時間でアプリケーションを作成できるように編集されています。

注意: NetBeans IDE 7.3を使用している場合は、NetBeans 7.3 Java ME CDC開発のクイック・スタート・ガイドを参照してください。

内容

このページの内容は、NetBeans IDE 7.4に適用されます

要件

このチュートリアルを完了するには、次のソフトウェアとリソースが必要です。

ソフトウェアまたはリソース 必須バージョン
NetBeans IDEとJava ME 7.4
Java Development Kit (JDK) 7
Oracle Java ME SDK 3.2またはそれ以降

サポートされているCDCエミュレータ・プラットフォーム

NetBeans IDEでは、Windowsプラットフォームに対してOracle Java ME SDKがサポートされます。Oracle Java ME SDKを使用してCDCアプリケーションを開発できます。異なるCDCエミュレータ・プラットフォームによって、異なる開発プロファイルがサポートされることに注意してください。それらをサポートするメインの開発プロファイルおよびエミュレータは、Personal Basis Profile (Java ME SDK)です。 (詳細情報)

先頭

Oracle Java ME SDKのインストール(Windows)

  1. Java ME SDKダウンロード・ページに移動します。
  2. 「Accept License Agreement」オプションをクリックします。
  3. Oracle Java ME SDKインストーラ・ファイルをダウンロードし、コンピュータ上の任意の場所に保存します。
  4. インストーラ・ファイルをダブルクリックしてインストーラを実行し、指示に従います。
    インストールが完了すると、Java (TM) ME Platform SDK Device Managerアイコン(Java (TM) ME Platform SDK 3.2 Device Managerアイコン)がWindowsシステム・トレイに表示されます。
先頭

Oracle Java ME CDCプラットフォームのインストール

  1. 「ツール」→「Javaプラットフォーム」を選択します。
    「Javaプラットフォーム・マネージャ」ダイアログ・ボックスが表示されます。

    Javaプラットフォーム・マネージャ

  2. 「プラットフォームの追加」をクリックします。
  3. Javaプラットフォームの追加ウィザードの「プラットフォーム・タイプを選択」で、「Java ME CDCプラットフォーム・エミュレータ」を選択し、「次」をクリックします。
    「プラットフォーム・フォルダを選択」が表示されます。
  4. Java ME SDKプラットフォームをインストールしたディレクトリ(C:\Java_ME_Platform_SDK_3.4など)を選択し、「次」をクリックします。
  5. Javaプラットフォームの追加ウィザードの「プラットフォーム名」パネルで、前の手順で選択したプラットフォームが選択されていることを確認し、「終了」をクリックします。
    これで、Oracle Java ME CDCプラットフォームがNetbeans IDEに登録されます。

    登録されたJ2MEプラットフォーム

  6. 「Javaプラットフォーム・マネージャ」ダイアログ・ボックスで、「閉じる」をクリックします。
先頭

Java MEのアクティブ化

  1. IDEのメイン・ツールバーから「ツール」→「プラグイン」を選択します。
  2. 「プラグイン」ダイアログ・ボックスで、「インストール済み」タブをクリックし、使用可能な機能のリストで「Java ME」を選択します。

    「プラグイン」ダイアログ・ボックス

  3. 「アクティブ化」をクリックします。
    「インストーラ」ダイアログ・ボックスの「ようこそ」パネルで「アクティブ化」をクリックします。

    「インストーラ」ダイアログ・ボックス

  4. アクティブ化が正常に完了したら、「終了」をクリックします。
  5. 「閉じる」をクリックして「プラグイン」ダイアログ・ボックスを閉じます。

これで、NetBeans IDEがモバイル開発用に設定されます。

後続の各項では、使用可能なプロファイルを使用してCDCプロジェクトを作成し、個人用プロファイルとAGUIプロファイルのアプリケーションではIDEのGUIビルダーを使用してユーザー・インタフェースを拡張します。

先頭

新しいCDCアプリケーションの作成 - Personal Basis Profile

ここでは、Oracle Java ME SDKを使用して、Personal Basis Profile (PBP) 1.1プロファイル用のCDCアプリケーションを作成します。

  1. メイン・ウィンドウで「ファイル」>「新規プロジェクト」(Ctrl+Shift+N)を選択します。
  2. 「カテゴリ」から「Java ME」を選択します。「プロジェクト」から「CDCアプリケーション」を選択します。「次」をクリックします。
  3. 「名前と場所」ページで、プロジェクトに「newcdc」という名前を付け、「メイン・クラスの作成」チェックボックスは選択したままにします。「次」をクリックします。
  4. 「プラットフォームを選択」ページで、次の図に示すようなデフォルト設定(CDC Java(TM) Platform Micro Edition SDK 3.2 (Javaプラットフォーム)、DefaultCdcPbpPhone1(デバイス)およびPBP-1.1(プロファイル))のままにします。

    新規CDCプロジェクト・ウィザードの「プラットフォームを選択」ページ

  5. 「終了」をクリックします。IDEによって、新しいアプリケーションが作成され、メイン・クラス・フォームが開きます。
  6. 「ソース」ビューで、「g.drawString("Hello, World!", 80, 50);」を検索し、「Java」という単語を追加して「Hello, Java World!」になるようにします

    文字列「Hello Java World!」が表示されたソース・コード・エディタ

  7. プロジェクトをビルドするには、メイン・ツールバーから「実行」>「プロジェクトのビルド」を選択します。
  8. メイン・ツールバーから「実行」>「プロジェクトの実行」を選択し、プロジェクトを実行します。
    プロジェクトがエミュレータで起動し、変更後の「Hello World!」メッセージが表示されます。

    メッセージ「Hello Java World!」が表示された状態のデフォルトのカラー電話デバイス・エミュレータ

プロジェクトをデバッグし、JUnitフレームワークを使用してCDCプロジェクト用のテストを作成することもできます。


先頭

関連項目

IDEを使用したモバイル・アプリケーションの開発の詳細は、次のドキュメントを参照してください。

先頭
get support for the NetBeans

Support


By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2015, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo