HTML5アプリケーションでのCSSスタイル・シートの操作

NetBeans IDE 7.3は、HTML5アプリケーションの開発を支援する新規プロジェクト・タイプを導入しています。HTML5アプリケーションは、通常はHTML、CSSおよびJavaScriptを結合して、ブラウザで稼働し、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどの各種デバイスに表示されるアプリケーションを作成します。このドキュメントでは、CSSルールを操作してアプリケーションのレイアウトを変更するのに役立つツールをIDEが提供する方法を示します。

ChromeブラウザのNetBeans Connector拡張機能は、各種デバイスに表示されるアプリケーションの表示に役立ちます。拡張機能により、ChromeブラウザとIDEは相互に通信できます。NetBeansでの検査モードでは、ブラウザで選択することによりソース・コード内の要素を特定できます。ブラウザで要素を選択した後で、IDEを使用して、その要素に適用されるCSSルールおよびプロパティを表示できます。

Chromeブラウザ用のNetBeans Connector拡張機能のインストール方法の詳細は、チュートリアルHTML5アプリケーションの開始を参照してください。

このチュートリアルのスクリーンショットを確認するには、HTML5アプリケーションでのCSSスタイル・シートの操作のビデオを参照してください。

目次

このページの内容は、NetBeans IDE 7.3に適用されます

このチュートリアルを完了するには、次のリソースが必要です。

ソフトウェアまたはリソース 必須バージョン
NetBeans IDE、Java 7.3
Java Development Kit (JDK) 6または7
Chromeブラウザ --
ChromeのNetBeans Connector拡張機能 1.0.0
HTML5DemoSiteTemplate.zip --

注意:

  • HTML5DemoSiteTemplate.zipは、プロジェクトの作成時に使用するサイト・テンプレートです。
  • プロジェクトを動作中のソリューションと比較する場合は、完成したプロジェクトのサイト・テンプレートをダウンロードできます。
  • このドキュメントは、HTML、CSSおよびJavaScriptについて基本的な知識またはプログラミング経験を持つ読者を想定して書かれています。

HTML5アプリケーションの作成

このチュートリアルでは、サイト・テンプレートを使用してHTML5プロジェクトを作成します。このチュートリアルで使用するサイト・テンプレートは、HTML5アプリケーションの開始チュートリアルでサイト・テンプレートとして保存したのと同じテンプレートです。開始チュートリアルの手順を実行した場合は、最後の項で保存したサイト・テンプレートを使用できます。または、HTML5DemoSiteTemplate.zipサイト・テンプレートをダウンロードできます。

次の手順を実行して、サイト・テンプレートからアプリケーションを作成します。

  1. HTML5サイト・テンプレート(HTML5DemoSiteTemplate)をダウンロードします。
  2. メイン・メニューで「ファイル」→「新規プロジェクト」([Ctrl]-[Shift]-[N]、Macの場合は[⌘]-[Shift]-[N])を選択して新規プロジェクト・ウィザードを開きます。
  3. HTML/JavaScriptカテゴリを選択し、「HTML5アプリケーション」を選択します。「次」をクリックします。
  4. プロジェクト名として「HTML5DemoCss」と入力し、場所を指定します。「次」をクリックします。
  5. 「テンプレートを選択」オプションを選択し、「参照」をクリックしてサイト・テンプレート(HTML5DemoSiteTemplate.zip)を特定します。「終了」をクリックします。
    新規HTML5アプリケーション・ウィザードのスクリーンショット

「終了」をクリックすると、IDEによりプロジェクトが作成され、エディタにindex.htmlファイルが開かれます。「プロジェクト」ウィンドウで、プロジェクトにindex.html、CSSスタイル・シート、いくつかのJavaScriptライブラリおよびいくつかのイメージが含まれていることを確認できます。CSSルールおよび「ナビゲータ」ウィンドウもIDEに開きます。

異なるデバイスでのアプリケーションの表示

このチュートリアルでは、NetBeans Connector機能拡張がインストールされたChromeブラウザでアプリケーションを実行します。拡張機能がインストールされている場合は、ブラウザのNetBeansメニューを使用してブラウザ・ウィンドウを簡単にサイズ変更し、いくつかの一般的なデバイスで表示される際のアプリケーションを表示できます。

注意:このチュートリアルでは、Chromeブラウザを使用し、Chrome用のNetBeans拡張機能をインストールすることをお薦めします。NetBeans Connector拡張機能のインストール方法の詳細は、チュートリアルHTML5アプリケーションの開始を参照してください。

次の手順を実行して、Chromeブラウザでアプリケーションを実行します。

  1. NetBeans統合のあるChromeがツールバーのドロップダウン・リストで選択されていることを確認します。
  2. ツールバーの「実行」ボタンをクリックして、Chromeブラウザでプロジェクトを実行します。

    ブラウザで、単純な展開可能メニューを表示できます。

    NetBeans Connectorがタブをデバッグしていることを示す黄色いバーがブラウザ・タブに表示されます。黄色いバーが表示されているときは、IDEとブラウザが接続され、相互に通信できます。IDEからHTML5アプリケーションを起動すると、JavaScriptデバッガが自動的に有効になります。ファイルに変更を保存するかCSSスタイル・シートに変更を加えた場合は、ブラウザ・ウィンドウが自動的に更新されて変更が表示されるため、ページを再ロードする必要はありません。

    黄色いバーを閉じるか「取消」をクリックした場合は、IDEとブラウザ間の接続が切断されます。接続を切断した場合は、IDEからHTML5アプリケーションを起動する必要があります。

    また、NetBeansアイコンがブラウザのURLの場所フィールドに表示されます。アイコンをクリックして、ブラウザの表示サイズの変更およびNetBeansでの検査モードの有効化を行う各種オプションを提供するメニューを開くことができます。

  3. ブラウザの「URL」フィールドでNetBeansアクションを開くアイコンをクリックしてNetBeansメニューを開き、メニューで「タブレット縦」を選択します。

    ウィンドウが縦モードのタブレット・ブラウザのサイズに変更されます。メニューが右側に合せて伸張し、メニュー全体が表示されます。

    「タブレット縦」ビューのブラウザのスクリーンショット

    メニューでデフォルト・デバイスの1つを選択した場合、ブラウザ・ウィンドウがデバイスのサイズに変更されます。これにより、アプリケーションが選択したデバイスでどのように表示されるかを確認できます。HTML5アプリケーションは、通常、表示されるデバイスの画面サイズに対応するように設計されています。画面サイズに対応するJavaScriptおよびCSSルールを使用し、レイアウトがデバイスに対して最適化されるようにアプリケーションの表示方法を変更できます。

  4. もう一度NetBeansアイコンをクリックし、「NetBeans」メニューで「スマートフォン横」を選択します。
    ブラウザのNetBeansメニューのスクリーンショット

    ウィンドウが横方向のスマートフォンのサイズに変更され、スクロールしないとメニューの下部が表示されないことを確認できます。

    「スマートフォン横」にサイズ変更されたブラウザ・ウィンドウのスクリーンショット

次の項では、横表示のスマートフォンでスクロールしなくてもメニュー全体を表示できるようにスタイル・シートを変更します。

レイアウトの変更

スクロールが不要になるように、ページの要素にいくつかの小さな変更を加えることができます。これらの変更は、ブラウザのサイズがスマートフォンのサイズ以下の場合にのみ適用する必要があります。横方向に表示されている場合、スマートフォンのブラウザ・ウィンドウは幅480ピクセル、高さ320ピクセルです。

メディア・スタイル・シートの作成

この課題では、新規スタイル・シートを作成し、スマートフォン画面を持つデバイスのメディア・ルールを追加します。次に、いくつかのCSSルールをメディア・ルールに追加します。

  1. 「プロジェクト」ウィンドウの「css」フォルダ・ノードを右クリックし、ポップアップ・メニューで「新規」→「Cascading Style Sheet」を選択します。
  2. 「ファイル名」として「mycss」と入力します。「終了」をクリックします。

    「終了」をクリックすると、新規スタイル・シートがエディタに開きます。

  3. スタイル・シートに次のメディア・ルールを追加します。
    /*My rule for smartphone*/
    @media (max-width: 480px) {
    
    }

    このルールの中括弧の間に追加するCSSルールは、ブラウザのサイズが幅480ピクセル以下の場合にのみ適用されます。

    頻繁に使用する可能性のあるコード・スニペットのコード・テンプレートを作成します。「オプション」ウィンドウの「エディタ」カテゴリの「コード・テンプレート」タブで、CSSコード・テンプレートを作成できます。

  4. 変更を保存します。
  5. エディタでindex.htmlを開きます。
  6. スタイル・シートのindex.html<head>タグの間に次のリンクを追加します。変更を保存します。
    <link type="text/css" rel="stylesheet" href="css/mycss.css">

    エディタでコード補完を使用して、スタイル・シートへのリンクを追加できます。

CSSルールの追加

  1. Chromeブラウザで、NetBeansアイコンをクリックし、メニューでNetBeansでの検査モードを選択します。
  2. ブラウザでイメージをクリックします。

    「検査」モードで選択されている場合に要素がハイライト表示されます。このスクリーンショットで、イメージが青でハイライト表示されていることを確認できます。

    ブラウザで選択されているイメージのスクリーンショット

    IDEで、imgに適用されているCSSルールおよびプロパティが「CSSスタイル」ウィンドウにリストされていることを確認できます。「CSSスタイル」ウィンドウの「選択」タブには、選択した要素の詳細を示す3つのペインがあります。

    イメージが選択されているときの「CSSスタイル」ウィンドウのスクリーンショット

    上部ペイン

    ウィンドウの上部の「プロパティ」ペインでは、6つのプロパティと値のペアがimg要素に適用されていることを確認できます。3つのペア(borderfloatおよびmargin)は、img要素のCSSルールを介して適用されます。img要素は、img要素を含むオブジェクトに適用されるクラス・セレクタのプロパティを継承するため、残りの3つのペアが適用されます。「ナビゲータ」ウィンドウでDOMの構造を明確に確認できます。現在、「CSSスタイル」ウィンドウの「プロパティ」ペインではborderプロパティが選択されています。

    中央ペイン

    中央の適用されたスタイル・ペインでは、borderプロパティおよび値がimg要素を定義するCSSルールで指定されていることを確認できます。ルールは、basecss.cssファイルの行12にあります。ペインで場所をクリックして、エディタにスタイル・シートを開くことができます。

    下部ペイン

    下部ペインには、中央ペインで選択したルールのCSSルールで定義されているすべてのプロパティが表示されます。この場合、imgのルールがborderfloatmargin-rightの各プロパティを定義していることを確認できます。


  3. 「CSSスタイル」ウィンドウの適用されたスタイルペインで「CSSルールの編集」ボタン(「CSSルールの編集」ボタン)をクリックして、「CSSルールの編集」ダイアログ・ボックスを開きます。
  4. 「セレクタ・タイプ」として「要素」を選択し、「セレクタ」として「img」を入力します。
  5. 「スタイルシート」として「css/mycss.css」を選択し、「@規則」として(最大幅:480px)を選択します。「OK」をクリックします。
    「CSSルールの編集」ダイアログ・ボックスのスクリーンショット

    「OK」をクリックすると、IDEによりcss/mycss.cssスタイル・シートのメディア・ルールの中括弧内にimgのCSSルールが作成されます。新しいルールが適用されたスタイル・ペインにリストされます。imgに2つのCSSルールがあることがわかります。一方のルールはmycss.cssにあり、もう一方はbasecss.cssにあります。

  6. 「CSSスタイル」ウィンドウの適用されたスタイル・ペインで新しいimgルール(mycss.cssで定義)を選択します。
    「CSSスタイル」ウィンドウの選択した要素のスタイルのスクリーンショット

    ウィンドウの下部ペインで、ルールにプロパティがないことを確認できます。

  7. 「CSSスタイル」ウィンドウの下部ペインで「プロパティの追加」ボタンをクリックして、「プロパティの追加」ダイアログ・ボックスを開きます。
  8. ダイアログ・ボックスの上部にあるフィルタ・フィールドに「width」と入力し、「width」プロパティの値として「90px」を入力します。「OK」をクリックします。
    「プロパティの追加」ダイアログ・ボックスのスクリーンショット

    「OK」をクリックすると、ブラウザのイメージが自動的に90ピクセル幅にサイズ変更されます。IDEは、mycss.cssスタイル・シートのCSSルールにプロパティを追加しました。エディタで、スタイル・シートに次のルールが含まれています。

    /*My rule for smartphone*/
    @media (max-width: 480px) {
    
        img {
            width: 90px;
        }
    
    }

    メニューはまだウィンドウ内に収まらないため、いくつかの変更をスタイル・シートに追加で行う必要があります。

  9. ブラウザ・ウィンドウで、順序なしリスト(<ul>)要素を選択します。
    ブラウザで選択したリスト要素のスクリーンショット

    要素を選択すると、「ナビゲータ」ウィンドウで「<ul>」が選択され、「CSSスタイル」ウィンドウでその要素に適用されているスタイルを確認できます。

    「ナビゲータ」ウィンドウのスクリーンショット

    「CSSスタイル」ウィンドウで「font-family」を選択すると、font-familyプロパティと値が.ui-widgetクラス・セレクタで定義されていることを確認できます。

  10. エディタでindex.htmlファイルをクリックし、「CSSスタイル」ウィンドウの「ドキュメント」タブをクリックします。
  11. 「CSSスタイル」ウィンドウで「css/mycss.css」ノードを展開します。
    「CSSスタイル」ウィンドウの「ドキュメント」タブのスクリーンショット

    mycss.cssスタイル・シートには現在デフォルトのrootルールと、前に作成したimgのルールがあります。

  12. 「CSSスタイル」ウィンドウの「CSSルールの編集」ボタン(「CSSルールの編集」ボタン)をクリックして、「CSSルールの編集」ダイアログ・ボックスを開きます。
  13. 「セレクタ・タイプ」として「クラス」を選択し、「セレクタ」として「ui-widget」を入力します。
  14. 「スタイルシート」としてcss/mycss.cssを選択し、「@規則」として(最大幅:480px)を選択します。
  15. 「要素に変更を適用」を選択解除します。「OK」をクリックします。
    「CSSルールの編集」ダイアログ・ボックスのスクリーンショット

    「OK」をクリックすると、IDEにより新規ルールがmycss.cssスタイル・シートに追加され、エディタにファイルが開きます。ファイルがエディタに開かない場合は、「CSSスタイル」ウィンドウの「css/mycss.css」ノードで「ui-widget」ルールをダブルクリックしてスタイル・シートを開くことができます。カーソルは、スタイル・シートのルールを含む行に配置されます。

  16. 次のプロパティと値(太字)をui-widgetのルールに追加します。
    .ui-widget {
        font-size: 0.9em;
    }

    スタイル・シートの値を変更すると、ブラウザ・ウィンドウでページが自動的に更新されます。

    エディタにプロパティと値を入力し、コード補完を使用できます。または、上部ペインで「.ui-widget」ルールを選択し、下部ペインの「プロパティの追加」ボタンをクリックして「プロパティの追加」ダイアログ・ボックスを開くことができます。

    エディタでのCSSコード補完のスクリーンショット

    ルールを追加した後で、メニューがページに収まることを確認できます。

    CSSルールの適用後のブラウザのページのスクリーンショット
  17. ブラウザのNetBeansアイコンをクリックし、メニューで「タブレット縦」を選択します。

    ブラウザ・ウィンドウがサイズ変更されたら、画面サイズが480ピクセル幅より大きい場合にスタイル・シートが表示に影響しないことを確認できます。

要約

このチュートリアルでは、HTML5アプリケーションのCSSルールを追加および変更して、より小さいスクリーン・サイズのデバイスでのアプリケーションの表示を改善する方法を学習しました。標準スマートフォンのブラウザに合せてサイズ変更されたアプリケーションをブラウザに表示しました。ChromeブラウザのNetBeansでの検査モードを使用してCSSスタイル・ルールを特定し、より小さい画面サイズのレイアウトを最適化するようにルールを変更しました。



関連項目

IDEでのHTML5アプリケーションのサポートの詳細は、netbeans.orgで次のソースを参照してください。

jQueryの詳細は、公式ドキュメントを参照してください。

get support for the NetBeans

Support


By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2015, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo