Windowsオペレーティング・システム上でのMySQLデータベース・サーバーの設定

このドキュメントでは、Windowsオペレーティング・システムでMySQLデータベース・サーバーを設定するための一連の手順を紹介します。

内容

準備

MySQLデータベース・サーバーは、Webアプリケーションの開発で一般的に使用される、最もポピュラなオープン・ソース・データベース・サーバーの1つです。

製品の推奨バージョンはMySQL Server 5.1です。ここからダウンロードできます。このドキュメントの説明は、Windowsオペレーティング・システムのみに適用されます。このドキュメントでは、MySQL構成について詳しく説明していません。必要な一連の手順についてのみ説明しています。

他のオペレーティング・システム向けのMySQLデータベース・サーバーのインストールと構成については、MySQLのドキュメントを参照してください。

インストールの開始

ダウンロードの完了後、次の操作を実行します。
  1. ダウンロード・パネルで、ダウンロードされたMySQLインストール・ファイルを選択し、「Open」をクリックします。MySQLサーバーのセット・アップ・ウィザードが開始されます。最初のパネルで「Next」をクリックします。
  2. 「Setup Type」パネルで「Custom」オプションを選択し、「Next」をクリックします。
  3. 「Custom Setup」パネルで「Next」をクリックします。
  4. 「Ready to Install the Program」パネルで「Install」をクリックします。
  5. 「MySQL Enterprise」パネルで「Next」をクリックします。

MySQLサーバーの構成

  1. 「Wizard Completed」パネルで「Configure MySQL Server now」チェックボックスをオンにし、「Finish」をクリックします。MySQLサーバー・インスタンスを構成するためのウィザードが開始されます。
  2. 最初のパネルで「Next」をクリックします。

構成タイプの指定

  1. 「Configuration Type」パネルで「Detailed Configuration」オプションを選択します。「次」をクリックします。
    注意: このオプションは、MySQLサーバーで使用するポートに対してファイアウォールをオフにするネットワーク・オプションの設定パネルを取得するため、選択する必要があります。
  2. 「Developer Machine」オプションを選択し、「Next」をクリックします。
  3. 「Multifunctional Database」オプションを選択し、「Next」をクリックします。
  4. 「InnoDB Tablespace Settings」パネルでドライブと「\MySQL Datafiles\」を選択し、「Next」をクリックします。
  5. サーバーへの同時接続数を概算で指定し、「Decision Support (DSS)/OLAP」オプションを選択します。「次」をクリックします。

ネットワーク・オプションの設定

  1. 「Enable TCP/IP Networking」チェックボックスをオンにします。
  2. 「Port Number」編集ボックスで、接続ポートを指定します。特に変更する理由がない場合は、デフォルトの設定である3306を変更しないままにします。
  3. このポートの「Add firewall exception」をオンにします。
  4. 「Enable Strict Mode」チェックボックスをオンにします。「次」をクリックします。

文字セットとオペレーティング・システム・オプションの設定

  1. デフォルトの文字セットを指定し、「Next」をクリックします。
  2. 「Set the Windows options」パネルで「Install as Windows Service」チェックボックスをオンにします。MySQLサーバーが自動的に起動するようにするには、「Launch the MySQL Server automatically」チェックボックスをオンにします。「次」をクリックします。

セキュリティ・オプションの指定

  1. 「Modify Security Settings」オプションの「!phpuser」を選択します。
  2. 「New root password」にrootユーザーのパスワードを入力します。
  3. 「Confirm」編集ボックスで、rootユーザーのパスワードを再入力します。
  4. 「次」をクリックします。
  5. 注意: rootユーザーとは、MySQLデータベース・サーバー上でユーザーの作成、更新および除去などのフル・アクセス権を持つユーザーです。ルート・パスワードを記憶しておいてください。後でサンプル・データベースの作成時に必要になります。

構成の完了

  1. 「Execute」をクリックし、構成を開始します。
  2. 構成が正常に完了したら、情報メッセージが表示されます。「終了」をクリックします。
注意: インストールが正常に完了したことを確認するには、タスク・マネージャを実行してください。MySQLd-nt.exeがプロセス・リストに表示されていれば、データベース・サーバーは実行されています。


関連項目

get support for the NetBeans

Support


By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo