NetBeans CDC エミュレータプラットフォームの設定ガイド

NetBeans では Java Micro Edition (ME) Connected Device Configuration (CDC) 開発がサポートされていますが、Personal、Foundation、または AGUI の各プロファイルを使用する CDC デバイス向けのアプリケーションを作成するための CDC プラットフォームがインストーラに組み込まれていません。このドキュメントでは、Sun Java Toolkit for CDC および CDC 開発用のその他の一般的なソフトウェア開発キット (SDK) のダウンロード、インストール、および登録についての情報を説明します。

目次

このページの内容は NetBeans IDE 6.9 以降が対象です

必要なソフトウェア

このチュートリアルを完了するには、次のソフトウェアとリソースが必要です。

ソフトウェアまたはリソース 必須バージョン
NetBeans IDE と Java ME version 6.9 以降
Java Development Kit (JDK) version 6 または version 7

エミュレータプラットフォームのインストール

Nokia Series 80 Platform SDK for Symbian OS, for Java, Personal Profile

Nokia 80 Series デバイス向けの開発者は、次の手順に従って Series 80 Platform SDK for Symbian OS for Java, Personal Profile をインストールできます。

  1. Nokia Series 80 Platform SDK for Symbian OS, for Java, Personal Profile を Nokia Developer Forum からダウンロードします (ダウンロード)。ファイル名は S80_DP_2_0_PP_SDK.zip です。
  2. ファイルを展開します。
  3. システム内でファイルを展開した場所まで移動します。setup.exe ファイルのアイコンをダブルクリックします。Nokia インストーラウィザードが開きます。
  4. ウィザードの指示に従って SDK をインストールします。ウィザードでデフォルトのデバイスの選択を求められます。Series80_DP2_0_PP_SDK を選択します。
  5. NetBeans IDE のメインメニューから「ツール」>「Java プラットフォーム」を選択します。
  6. 「プラットフォームを追加」をクリックします。「Java プラットフォームを追加」ダイアログが開きます。
  7. 「Java ME CDC プラットフォームエミュレータ」を選択し、「次へ」をクリックします。
  8. プラットフォームの SDK が含まれるフォルダを選択します。デフォルトのディレクトリは C:\Symbian\S80_DP2_0_PP_SDK です。「次へ」をクリックします。
  9. 必要な場合は、「プラットフォーム名」ダイアログを使用して追加リソースライブラリを追加または削除します。
  10. 「完了」をクリックします。CDC プラットフォームが IDE に登録されます。

ページの先頭へ

CrEme VM for Windows CE

Windows CE デバイス向けの開発者は、次の手順に従って NSIcom CrEme VM for Windows CE をインストールできます。

  1. CrEme 4.12 プラットフォームを NSIcom からダウンロードします (ダウンロード)。
  2. システム内でファイル CrEmeDevSup410.exe をダウンロードした場所まで移動します。ファイルをダブルクリックします。
  3. NSI.com の InstallShield ウィザードの指示に従って開発キットをインストールします。
  4. NetBeans IDE のメインメニューから「ツール」>「Java プラットフォーム」を選択します。
  5. 「プラットフォームを追加」をクリックします。「Java プラットフォームを追加」ダイアログボックスが開きます。
  6. 「Java ME CDC プラットフォームエミュレータ」を選択し、「次へ」をクリックします。
  7. プラットフォームの SDK が含まれるフォルダを選択します。デフォルトのディレクトリは C:\Program Files\NSIcom\CrE-ME V4.12 です。「次へ」をクリックします。
  8. 必要な場合は、「プラットフォーム名」ダイアログボックスを使用して追加リソースライブラリを追加または削除します。
  9. 「完了」をクリックします。CDC プラットフォームが IDE に登録されます。

: JFrame および GroupLayout は CrEme の評価ライセンスでサポートされませんが、NSI.com では高度なグラフィックスサポート用のダウンロードが提供されています。

ページの先頭へ


次の手順

CDC プラットフォームをインストールし、IDE に登録したら、CDC デバイス用 Java ME アプリケーションの作成を開始できます。NetBeans を使用した Java ME CDC アプリケーションの開発方法については、「NetBeans Java ME CDC 開発のクイックスタートガイド」を参照してください。

ページの先頭へ

get support for the NetBeans

Support


By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo