NetBeans Innovators Grant コンテスト


夢のプロジェクトが現実になる - Innovators Grant コンテストの受賞者発表

2008 年 9 月 29 日

8 か月間で 170 以上のプロジェクト提案が提出されました。NetBeans Innovators Grant コンテストの受賞者を発表します。

2008 年 2 月に開始した NetBeans Innovators Grant コンテストは、Sun Microsystems イニシアチブの一部として、お気に入りの Sun が支援するプロジェクトに取り組む世界中のオープンソース開発者に百万米ドルを提供するものでした。

ほかの開発者の役に立ちそうな夢のプロジェクトやアイデアの開発にお金がもらえる?NetBeans コミュニティからの反応はすばやいものでした。NetBeans Dream Team からの専門家委員会がもっとも優れた提案の評価に携わりました。20 のプロジェクトが選出され、それらの開発者に、NetBeans Dream Team と NetBeans Engineering Team からのアドバイザーが割り当てられました。数か月間の開発とフィードバックのあと、13 のプロジェクトが完了し、委員会によって審査され、助成金の付与が承認されました。

受賞プロジェクト

大きなプロジェクト

小さなプロジェクト

 

品質、操作性、将来の成長の可能性の高い基準を満たしている 4 つのプロジェクトが選ばれました。

金賞受賞

銀賞受賞





NetBeans Team およびコミュニティーは、すべての開発者のすばらしい仕事をたたえます

Sun Microsystems の公式発表をお読みください。

受賞した開発者 Anuradha Gunasekara 氏 (Cube°n) と Hong Wei Deng 氏 (Scala Support) のポッドキャストインタビューをお聞きください。

受賞した開発者 Lorent Foret 氏 (IvyBeans) と Alexandre Soumbatov 氏 (PL/SQL Editor) のインタビューをお読みください。

NetBeans Innovators Grant Awards に選ばれた 20 プロジェクトの詳細と各プロジェクトの詳細スケジュールと状態情報については、ここを参照してください。

Jiri Kovalsky (NetBeans テクニカルコミュニティーマネージャー) のメッセージ

受賞されたすべてのプロジェクトをたたえます。特に金賞と銀賞を獲得したプロジェクトは本当に賞に値すると思います。みなさまのすばらしい仕事にたいへん感謝いたします。

また、NetBeans Dream Team にも感謝します。このチームの支援は NetBeans Innovators Grant コンテストの成功に欠かせないものでした。

繰り返しますが、これらのすべての夢を実現させたみなさまに感謝いたします。

Jiri Kovalsky のポッドキャストインタビューをお聞きください。

NetBeans Dream Team と NetBeans Engineering Team のメンバーからの金賞および銀賞プロジェクトについての引用

金賞受賞 Scala Language Support について

「Scala Language Support は Scala プログラミング言語でアプリケーションを開発するために必要なすべてのものを備えた NetBeans IDE を提供するきわめて複雑な貢献です。」

Tomas Zezula、NetBeans Java インフラストラクチャーソフトウェアエンジニア


金賞受賞 Cube°n について

「Cube°n は NetBeans 6.5 に、タスクに焦点を合わせた開発を導入します。これは、人気のある Eclipse Mylyn プラグインに大きく影響を受けており、Eclipse のキラー機能という人もいます。最初のリリースは JIRA 課題追跡のサポートを備え、IssueZilla、Bugzilla、および XPlanner をサポートする将来計画があります。このプラグインに関心のあるだれもがこれをインストールして開発者にフィードバックを提供することをお勧めします。」

Ryan de Laplante、NetBeans Dream Team メンバー


銀賞受賞 ivyBeans について

「IvyBeans は Ant ベースの NetBeans プロジェクトに簡単で迅速なプロジェクト依存性管理機能を導入します。既存のライブラリリポジトリからアプリケーションを継ぎ合わせる作業を実に簡単にします。これは、よく知られたオープンソースライブラリを使用する場合に特に役立ちますが、任意の商用プロジェクトの作業についてもまったく同じように簡単にすることができます。ライブラリを見つけて、それをプロジェクトに追加すると、開発者からのほかのプロジェクト構成がなくても、そのライブラリとすべての依存関係がただちにプロジェクトで使用できるようになります。これ以上望むことがあるでしょうか。」

Wade Chandler、NetBeans Dream Team メンバー


銀賞受賞 PL/SQL Editor について

「PL/SQL Editor は小さいながら機能が充実したモジュールで、Oracle 支持者がお気に入りの Java IDE 内で PL/SQL 構文と人気のあるオブジェクト管理を十分なレベルでサポートできるようにします。」

Masoud Kalali、NetBeans Dream Team メンバー


「PL/SQL Editor は Oracle データベース開発を NetBeans に導入します。使いやすく、NetBeans IDE 内での Oracle ユーザーの操作性を向上すると思われます。道のりはまだ遠いですが、作業が進むにつれて、このプロジェクトが、NetBeans での Oracle 開発を朝飯前にしてくれるものと期待します。前途有望で、将来が楽しみです。」

Wade Chandler、NetBeans Dream Team メンバー

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2015, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo