Download NetBeans

NetBeans IDE Features

フレームワークとツール

<img src="../../images_www/v7/3/features/php/framework-top.png" alt="PHP development in NetBeans IDE" class="box" border="none"

Zend、Symfony、Doctrine、Smartyのような最も広く使用されているWebフレームワークを標準でサポート

Webフレームワーク

NetBeans IDEは、広く普及している次のWebフレームワークをサポートしています。

一般に、これらのフレームワークでの新しいPHPプロジェクトの作成、フレームワーク・コマンドの実行、コントローラ(アクション)からそのビューへの移動、エディタでのフレームワーク注釈とコード補完の使用、エディタの設定のカスタマイズが可能です。

 

ApiGenを使用したPHPコードのドキュメント化

NetBeans PHP IDEでは、ApiGenを使用してPHPコード・ドキュメントを生成できます。ApiGenは自分でダウンロードし、IDEのオプションで、IDEがApiGenのインストールを認識していること、ApiGenスクリプトへの正しいパスを検出していることを確認する必要があります。すべてを正しく設定した後は、プロジェクト・ノードを右クリックして「ドキュメントの生成」を選択するのみです。選択した場所にドキュメント・ファイルが生成されます。

 

Doctrine2フレームワークを使用したORM

コンポーザ経由での依存性

Smartyテンプレート


NetBeans IDEは、最も広く使用されているORM (オブジェクト・リレーショナル・マッピング)用フレームワークであるDoctrine2フレームワークをサポートしています。すべてのDoctrine2コマンドをIDEから簡単に実行できます。詳細はスクリーンキャストを参照してください。


NetBeans IDEはコンポーザをサポートしています。コンポーザとは、PHPで依存性を管理するためのツールです。これを使用すると、プロジェクトに必要な依存ライブラリを宣言し、プロジェクト内に自動的にインストールすることができます。


Smartyのサポートでは、構文の色分け、コード・テンプレート、コード補完(タグのドキュメントを含む)、ブロック・タグの照合、パーサーのエラー・ヒントなど、NetBeans IDEの標準エディタの機能を提供しています。詳細はスクリーンキャストを参照してください。

Twigテンプレート


IDEは、Twigテンプレートをサポートしています(TwigテンプレートはSymfonyフレームワークと密接に結び付いています)。すべてのTwig要素でコード補完が行われます。対象となるのは、タグ、フィルタ、関数、テストおよび演算子です。また、すべての要素がドキュメント化されています。組込みのコード・テンプレートのサポートも利用できます。

関連項目

 
By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo