Download NetBeans

NetBeans IDE Features

編集とリファクタリング

<img src="../../images_www/v7/3/features/php/editor-top.png" alt="PHP development in NetBeans IDE" class="box" border="none"

言語を認識するNetBeansエディタは、入力時のエラーを検出し、ドキュメントとスマート・コード補完でユーザーを支援します。また、好みの軽量なテキスト・エディタの処理速度とシンプルさも兼ね備えています。

PHP 5.4のサポート

IDEのPHPコード補完では、PHP 5.4の配列スタイル(配列の参照解除配列の短縮構文など)をサポートしています。NetBeans IDEでは、トレイトおよび匿名オブジェクト変数(「流動的なインスタンス化」とも呼ばれる)も認識されます。最後に、PHP向けのNetBeans IDEには、コール可能ヒント、整数のバイナリ表記、Class::{expr}()呼出しなどのマイナー機能があります。

 

コード補完

エディタでは、(一般的なPHPDoc注釈のほとんどについても)自動コード補完の機能が提供されます。入力時に、補完候補の一覧が表示されます。最も確率が高く一般的なオプションが先頭に表示されますが、その下にその他のオプションがすべて表示されるので、その中から選択することもできます。メソッドにパラメータを指定して完成させた場合、IDEは最も適切な変数を計算して挿入しようとします。この変数は、完成させたメソッドの直前で宣言されます。

 

簡単なコード・ナビゲーション

大規模なプロジェクトで簡単にコード・ナビゲーションするために、ナビゲータ・ウィンドウまたは「型へ移動」、「ファイルへ移動」、「シンボルへ移動」、「宣言へ移動」、「使用状況を検索」などのメニュー項目を使用できます。エディタは、潜在的なコードの問題について、フラグを立て、ヒントをポップアップ表示することによって警告を出します。タスク・ウィンドウには、プロジェクト内のすべての警告が一覧表示されます。このため、簡単に問題を検出して解決できます。

 

リファクタリング

ヒント

コードの挿入


IDEでは、要素(クラス、インタフェース、メソッド、フィールドなど)の基本的な名前変更リファクタリングが可能です。これは、選択した要素をプロジェクト全体で検索し、その使用状況をUIに表示する方法である、「使用状況を検索」のサポートと密接に結び付いています。


IDEには、コードを分析して問題のある部分(未使用の変数、初期化されていない変数など)を見つけるのに役立つ一連のヒントが用意されています。ヒントのほとんどは、検出された問題を修正するための単純な解決策を提示するものです。


PHPで共通のコード・スニペットを生成できます。作成するメソッドと、メソッドがアクセスするクラス属性をダイアログで詳細に制御できます。IDEは、メソッドのオーバーライドやアクセッサの生成を支援します。

use文の修正

タイプ階層ビュー


PHPを対象としたNetBeans IDEの最も強力なアクションの1つに、「...使用を修正」アクションがあります。これは、コードを分析し、対応するuse文を持たないタイプ(クラス、インタフェース)の使用状況を検出しようとするものです(PHPDocも分析します)。命名の競合が見つかるとダイアログが表示されるので、ユーザーはその問題を解決できます。


IDEには、必須タイプのタイプ階層(スーパータイプとサブタイプ)を表示する手段が用意されています。これは、ナビゲータ・ウィンドウの隣の独立したウィンドウにグラフィカルに表示されます。

関連項目

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo