Download NetBeans

NetBeans IDE Features

ビルド・ツール

NetBeans IDEでのMaven
イメージをクリックして全画面表示

IDEに統合された標準的なビルド・ツールを使用して、コードのある場所でビルドを制御できます。

 
Maven

Maven

NetBeans IDEでは、プロジェクトの依存性、ビルド、報告、およびドキュメント作成を管理するのに役立つMavenビルド・システムがサポートされています。既存のMavenプロジェクト(インポート手続きなしでオープン可能)のオープン、ビルド、実行、デバッグ、プロファイリングおよびデプロイが行えます。既存のMaven原型に基づいて新しいアプリケーションを作成するためのウィザードが用意されており、Mavenリポジトリ・ブラウザではローカル・リポジトリと登録済リモート・リポジトリの内容を参照できます。グラフには、直接の依存性と推移的な依存性が表示され、バージョンの競合が示されます。

NetBeans IDEでのMaven

 
Ant

Ant

デフォルトのNetBeans IDEプロジェクト・システムは、直接Antビルド・システムに基づいて構築されています。「プロジェクトをビルド」や「ファイルをデバッガで実行」などのプロジェクト・コマンドはすべて、プロジェクトのAntスクリプト内のターゲットをコールします。このため、IDE内と同じようにIDEの外部でプロジェクトをビルドおよび実行できます。

IDEでアプリケーションを操作するのに、Antに精通している必要はありません。基本的なコンパイル・オプションと実行時オプションはすべて、プロジェクトの「プロジェクト・プロパティ」ダイアログ・ボックスで設定でき、プロジェクトのAntスクリプトは自動的に更新されます。Antの使用方法を知っている場合は、プロジェクトのAntスクリプトを直接カスタマイズしたり、プロジェクト用に独自のAntスクリプトを記述したりできます。

自由形式プロジェクトの詳細構成
 

Gradle

Groovyベースのビルド・システムであるGradle用に、コミュニティ提供のプラグインが用意されています。このプラグインを使用すると、GradleプロジェクトをIDEで開き、新しいGradleプロジェクトを作成して、IDEでGradleコマンドを呼び出すことができます。

Gradleプラグイン
NetBeans IDEのためのGradleガイド決定版
 

関連項目

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo