Download NetBeans

NetBeans IDE Features

Java MEと組込み

NetBeans IDEでのJava MEおよび組込みの開発
イメージをクリックして全画面表示

Raspberry Pi、携帯電話、PDA、セットトップ・ボックス、その他のモバイルおよび組込みシステムで動作するアプリケーションの作成、テスト、デバッグ、デプロイが行えます。

 

Java SE Embedded

Java SE Embeddedプラットフォームは、ミッドレンジからハイエンドの埋込みシステム向けにJava SEを最適化します。Java SE Embeddedを使用できるのは、Java用に32MB (グラフィックなし)以上を確保しているデバイスです。

NetBeans IDEはリモート埋込みプラットフォームに対して、直感的な開発、ワンクリック開発、リモート・デバッグ、包括的なリモート・プロファイリングなどの完全な開発サポートを提供します。

たとえば、IDEによりRaspberry Piとのエンドツーエンドの完全な統合が実現されます。アプリケーションをワンクリックでデプロイし、その後デバッグおよびプロファイルできます。

NetBeansテクノロジの学習

 

Java ME Embedded

Java ME Embeddedは、リソース制限のあるデバイスの制限事項に合せてスケールダウンされ、ローレンジおよびミッドレンジの埋込みシステム向けに最適化された、Java SEプラットフォームのサブセットです。Java ME Embeddeを使用できるのは、Java用に8MB (グラフィックなし)以上を確保しているデバイスです。

IDEにより、Java ME 8 CLDCプラットフォーム・エミュレータの使用がサポートされ、Java ME上のJava 8用の直感的なツールとエディタが提供されるため、ユーザーはJava ME Embeddedプラットフォームでオプション・パッケージを容易にカスタマイズできます。

 

電話、携帯用デバイス、Java Card、およびセットトップ・ボックス

Mobile Information Device Profile (MIDP) 1.0、2.0、2.1 (MSA)、Connected Limited Device Configuration (CLDC) 1.0と1.1、およびConnected Device Configuration (CDC)に準拠するアプリケーションの作成、テスト、デバッグが行えます。

IDEには、CLDCとCDCの両方の開発をサポートするJava ME SDKがバンドルされています。「ツール」メニューから、他のモバイルおよび組込みのプラットフォームを登録できます。

NetBeansテクノロジの学習

 

Java Card

Java Cardプラットフォームは、スマート・カードで実行されるJVMです。このプラットフォームは、サーブレットなどのよく知られたJava APIをサポートしており、手のひらに載るくらい小さなデバイスで実行するWebアプリケーションを書くことができます。

IDEは、Java Cardプロジェクト、Java Cardアプレットのデプロイメント、およびJava Cardデバイス・コンソールをサポートしています。

 

ビジュアル・モバイル・デザイナ

ビジュアル・モバイル・デザイナを使用して、GUIを迅速に開発できます。待機画面、ログイン画面、ファイル・ブラウザ、SMSコンポーザ、スプラッシュ画面などのコンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップできます。アナライザ・ツールを使用して使用していないコンポーネントを特定し、除去することでファイル・サイズを小さくできます。MIDP 1.0への準拠も確認できます。VMDによってGUIのローカライズも簡単になります。

注意: ビジュアル・モバイル・デザイナは、NetBeans更新センターで入手できます。IDEでVMDを実行するには、更新センターからビジュアル・モバイル・デザイナ・プラグインをインストールする必要があります(「ツール」→「プラグイン」→「使用可能なプラグイン」)。

 

関連項目

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2015, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo