ソース


NetBeans のソースコードは、Mozilla パブリックライセンスを一部変更した条件で配布されます。

ソースコード全体が、Mercurial リポジトリ化して提供されます。NetBeans のあらゆる開発が、このサイトの Mercurial サーバーを使用して行われ、開発提案および決定は、公開メーリングリストで発表されます。

ソースにアクセスする方法はいくつかあります。

ソースからの構築を行う場合は、構築/インストールに関するページを参照してください。

このサイトの内容


このサイトには、NetBeans IDE のソースのツリーと履歴が完全な形で収録されています。一般に、「安定した分岐」と「開発分岐」があります。開発分岐は、開発が進行中の分岐です。その分岐が開発サイクルのどの地点にあるかによって安定度が多少異なります。

Mercurial リポジトリにおけるソースの物理的な編成については、Mercurial 分岐とラベルに関するドキュメントをお読みください。

ソースの完全性 - 不足ソースの有無


法律上の理由から、NetBeans IDE のソースで、このサイトに収録できないものがあります。それらは他社製のソフトウェアであるか、このサイトでのソースの公開を禁止しているライセンスを持つものです。

たとえば問題のソースとしては、以下があります。

  • Java コンパイラ - このパーサーは、JDK 5.0 コンパイラのラッパーです。JDK ソースのライセンス条件は厳しいため、オープンソースにすることはできません。
  • XML パーサー (Xerces、Crimson、Xalan、DOM、SAX、JAXP など)- IDE で XML 解析および操作に使用されます (http://java.sun.com/xml/)
  • JavaHelp 実行時ライブラリ 2.x - IDE は JavaHelp を使用してオンラインドキュメントを表示します。追加のライブラリディストリビューションに、検索用データベースを再構築するための JavaHelp 開発時ライブラリが含まれていることがあります (http://java.sun.com/products/javahelp/index.html)
  • Apache Ant 1.6.x - NetBeans 構築システムが依存している Java ベースの構築ツール (http://ant.apache.org/)
  • JUnit 3.8.x - NetBeans でユニットテストを実行するためのテスト用フレームワーク (http://www.junit.org/index.html)
  • Tomcat 5.x.x - Java サーブレットおよび JSP 開発用の埋め込みサーブレットコンテナ (http://jakarta.apache.org/tomcat/index.html)。
  • JSTL (JSP Standard Tag Library) - http://java.sun.com/products/jsp/jstl/

NetBeans のリリースによっては、含まれる非 SPL ライセンスの追加ファイル数が異なることがあります。nbdev リストで確認してください。

貢献


NetBeans への貢献に関するページをお読みください。
Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo