NetBeans IDE 6.8 リリースノート

NetBeans IDE は、Java プログラミング言語で作成された、規格に準拠したモジュール方式統合開発環境です。NetBeans プロジェクトは、Java プログラミング言語で記述された各種機能を備えたオープンソースの IDE と、あらゆる種類のアプリケーションを構築する汎用フレームワークとして使用できるリッチクライアントアプリケーションプラットフォームから構成されます。ソフトウェアをシステムにインストールする方法については、NetBeans IDE 6.8 のインストールを参照してください。IDE のこのリリースに含まれる新機能について学習するには、NetBeans IDE 6.8 リリース情報のページを参照してください。

目次

6.8 の新機能

NetBeans IDE 6.8 は NetBeans IDE 6.7.1 を大幅に更新したものです。次の改善が行われています。

  • Java EE 6 サポート
  • 多くの新機能を含む JSF 2.0 サポート
  • PHP 5.3 および Symfony フレームワークのサポート
  • 改善された Kenai 機能の統合および Jira バグ追跡システムのサポート
  • その他の拡張機能は、NetBeans IDE 6.8 New and Noteworthy ページに一覧表示されています。

このリリースの詳細については、NetBeans IDE 6.8 リリース情報のページを参照してください。

多言語サポート情報

NetBeans IDE は、Sun のサポート対象の翻訳 (ポルトガル語 (ブラジル)(BR)、日本語 (JP)、簡体字中国語 (ZH)) で使用できます。

コミュニティーによる IDE の翻訳は、その他の言語にも対応しており、IDE の言語ドロップダウンメニューの「コミュニティーによる貢献」セクションからダウンロードできます。

サポートされているテクノロジ

ここでは、NetBeans IDE 6.8 でサポートされているテクノロジと、テスト済みのアプリケーションサーバーを示します。明示的に一覧表示されている以外のバージョンを使用すると、IDE で予期しない動作が見られる可能性があります。

サポートされているテクノロジ:
  • Java EE 5、Java EE 6、および J2EE 1.4
  • JavaFX SDK 1.2.1
  • Java ME SDK 3.0
  • Struts 1.3.8
  • Spring 2.5
  • Hibernate 3.2.5
  • Java API for RESTful Web Services (JAX-RS) 1.1
  • PHP 5.3、5.2、5.1
  • Ruby 1.9、1.8
  • JRuby 1.4
  • Rails 2.3.4
  • Groovy 1.6.4
  • Grails 1.1
  • VCS
    • CVS: 1.11.x、1.12.x
    • Subversion: 1.4.x、1.5.x、1.6.x
    • Mercurial: 1.x
    • ClearCase V7.0
   

テスト済みアプリケーションサーバー:
  • GlassFish v3
  • Sun Java System Application Server PE 8.2
  • WebLogic 11g (10.3.1.0)
  • Tomcat 6.0.20
  • Tomcat 5.5
  • JBoss 5.0

システム要件

NetBeans IDE は、Java VM (仮想マシン) をサポートするオペレーティングシステムで動作し、次に示すプラットフォームでテスト済みです。

注: IDE の最小画面解像度は 1024x768 ピクセルです。


サポートされているオペレーティングシステム

最小ハードウェア構成

  • Microsoft Windows XP Professional SP3:
    • プロセッサ: 800 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 750M バイト

  • Microsoft Windows Vista SP1:
    • プロセッサ: 800 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 750M バイト

  • Microsoft Windows 7:
    • プロセッサ: 800 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 750M バイト

  • Ubuntu 9.04:
    • プロセッサ: 800 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 650M バイト

  • Solaris OS version 10 (SPARC):
    • プロセッサ: UltraSPARC II 450 MHz
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 650M バイト

  • Solaris OS version 10 (x86/x64 プラットフォーム版):
    • プロセッサ: AMD Opteron 1200 Series 1.8 GHz
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 650M バイト

  • Macintosh OS X 10.5 Intel:
    • プロセッサ: デュアルコア Intel
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 650M バイト

  • Macintosh OS X 10.5 PPC:
    • プロセッサ: PowerPC G4
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 650M バイト

    詳細は、Using NetBeans on Mac OS X を参照してください。

推奨ハードウェア構成

  • Microsoft Windows XP Professional SP3:
    • プロセッサ: 2.6 GHz Intel Pentium IV または同等のプロセッサ
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 1G バイト
  • Microsoft Windows Vista SP1:
    • プロセッサ: 2.6 GHz Intel Pentium IV または同等のプロセッサ
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 1G バイト
  • Microsoft Windows 7:
    • プロセッサ: 2.6 GHz Intel Pentium IV または同等のプロセッサ
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 1G バイト
  • Ubuntu 9.04:
    • プロセッサ: 2.6 GHz Intel Pentium IV または同等のプロセッサ
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト
  • Solaris OS version 10 (SPARC):
    • プロセッサ: UltraSPARC IIIi 1 GHz
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト
  • Solaris OS version 10 (x86/x64 プラットフォーム版):
    • プロセッサ: AMD Opteron 1200 Series 2.8 GHz
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト
  • OpenSolaris 2009.06 (x86/x64 プラットフォーム版):
    • プロセッサ: AMD Opteron 1200 Series 2.8 GHz
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 650M バイト
  • Macintosh OS X 10.5 Intel:
    • プロセッサ: デュアルコア Intel
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト
  • Macintosh OS X 10.5 PPC:
    • プロセッサ: PowerPC G5
    • メモリー: 2G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト
    詳細は、Using NetBeans on Mac OS X を参照してください。


NetBeans IDE は、次のプラットフォームで動作することも判明しています。

  • Java Desktop System 2
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Mac OS X 10.4.11 Intel/Power PC
  • Ubuntu 8.x、Red Hat Enterprise Linux など、ほかのさまざまな Linux ディストリビューション

注: IDE のほとんどの構成には上記のシステム要件が当てはまりますが、NetBeans の Web と Java EE サポート機能の中には、特に多様なアプリケーションサーバーを組み合わせて使用する場合に、多くのシステムリソースを必要とするものがあります。Java EE のアプリケーションの開発を最適な状態で行うには、システムが少なくとも推奨のシステム要件を満たすようにしてください。

必要なソフトウェア

NetBeans IDE は Java SE Development Kit (JDK) で動作します。この JDK は Java Runtime Environment と、Java 言語で作成された、アプリケーションをコンパイル、デバッグ、および実行するための開発者向けツールで構成されています。

このリリースでテスト済みの JDK は、次のとおりです。

  • JDK 6 Update 14
  • JDK 5 Update 19

: NetBeans の PHP、Ruby、および C/C++ バンドルでは、インストールおよび実行のために Java Runtime Environment 5 または 6 のみが必要です。


次に示すサイトのいずれかから、使用プラットフォームに合った JDK をダウンロードできます。

: アーカイブ版の JDK は http://java.sun.com/products/archive/index.html からダウンロードできます。

ページの先頭へ

互換性

インストール後、IDE をはじめて起動するとき、以前のインストールで使用したいくつかの設定をインポートするオプションがあります。既存のインストールから設定をインポートしない選択をした場合、IDE はデフォルトの設定を使用して開きます。IDE は、ユーザーディレクトリがデフォルトの場所にある場合にのみ、以前のインストール場所を認識します。--userdir スイッチを使用してユーザーディレクトリを指定したインストールは認識しません。インストーラが認識しない場所から設定をインポートする場合は、次の操作を行います。

  1. IDE を起動して、メインメニューから「ツール」>「オプション」に移動します。
  2. 「オプション」ダイアログの下にある「インポート」ボタンをクリックします。
  3. 「インポートするオプションを選択」ダイアログで、「参照」ボタンをクリックし、インポートする設定が含まれているユーザーディレクトリに移動します。NetBeans IDE のユーザーディレクトリの場所については、FAQ 「ユーザーディレクトリとは何ですか。どこにありますか。」を参照してください。

注: NetBeans IDE 4.1 以前で作成されたプロジェクトのプロジェクトプロパティーを NetBeans IDE 6.8 で編集すると、そのプロジェクトは NetBeans IDE の以前のバージョンで機能しなくなります。

ページの先頭へ

JavaFX 1.2.1 SDK の可用性

JavaFX 1.2.1 SDK は、NetBeans 6.8 リリースにバンドルされています。

注: JavaFX 1.2.1 でサポートされている最小の JDK のバージョンは、Windows の場合 JDK 6 Update 14、Mac OS の場合 JDK 5 Update 16 です。詳細は、JavaFX SDK のシステム要件のページを参照してください。

注: システム要件、サポートされている機能、および既知の問題に関するその他の情報については、「JavaFX 1.2.1 SDK リリースノート」を参照してください。

ページの先頭へ

SQL エディタとデータベース

NetBeans IDE 6.8 のデータベース機能には、次の変更が行われました。

  • ドライバのアップグレード。NetBeans IDE に含まれる MySQL ドライバのバージョンが 5.1.6 に更新されました。
  • テスト済みドライバ

    NetBeans IDE 6.8 では、次のデータベースとドライバがテスト済みです。

    ドライバ
    バージョン
    URL の例
    JavaDB Derby 10.4.1.3 jdbc:derby://localhost:1527/sample (ネットワーク)
    Oracle Oracle Database 10g Release 2 (10.2.0.2) jdbc:oracle:thin:@//localhost:1521:ora9i
    PostgreSQL 8.3 Build 603 jdbc:postgresql://jsmith.mycompany.com:5432/postgres
    MySQL MySQL Connector/J 5.1.6 jdbc:mysql://localhost:3306/sample
  • その他のドライバ

    次のドライバとデータベースは正式にテストされていませんが、これまでの実績からみて正常に動作するはずです。

    ドライバ
    バージョン
    URL の例
    Microsoft Microsoft SQL Server 2005 JDBC Driver 1.2.2828.100 jdbc:sqlserver://localhost:1433;databaseName=travel;selectMethod=cursor
    IBM Redistributable DB2 JDBC Type 4 driver v8 fixpack 13 jdbc:db2://localhost:50002/sample
    jTDS jTDS 1.2.1 jdbc:jtds:sqlserver://test-mycompany.com:1433/travel
    DataDirect DataDirect Connect for JDBC - 3.6 DataDirect Connect for JDBC - 3.6.07 jdbc:datadirect:oracle://localhost;SID=ora9ijdbc:datadirect:sqlserver://localhost:1433;DatabaseName=travel;SelectMethod=cursorjdbc:datadirect:db2://localhost:50002;databaseName=sample
    Pointbase 5.2 ECF build 294

     

    jdbc:pointbase://localhost:29092/sample

     

ページの先頭へ

既知の問題点: インストーラ

ここでは、今回のリリースで未解決のインストーラの問題を説明します。

  • 課題 #6720021: OpenSolaris で任意のバージョンの JDK 5 を使用すると、インストーラが機能しない。

    説明: OpenSolaris で任意のバージョンの JDK 5 を使用すると、インストーラが機能しません。

    回避策: JDK 6 をインストールするか、JDK 5 を使用してインストーラを実行する前に、「export AWT_TOOLKIT=XToolkit」コマンドを実行します。

  • 課題 #93568: Solaris と Linux で、ネットワーク接続が切断されると、インストールがハングアップする。

    説明: Solaris と Linux の各プラットフォームで、ネットワーク接続が切断されると、インストーラが互換性のある JDK をネットワークディレクトリ内で検索するときにインストールがハングアップします。

    回避策: ネットワーク接続を復元し、インストールを再開します。

  • 課題 #117172: Ubuntu でインストーラを実行するときに空のウィンドウが表示される。

    説明: Beryl/Compiz/Compiz Fusion がインストールされている Ubuntu でインストーラを実行すると、空白またはグレーのダイアログが表示されます。

    回避策: export AWT_TOOLKIT=MToolkit コマンドを実行してからインストーラを実行します。

  • 課題 #123300: Fedora Core 8 でインストーラのインタフェースが表示されなくなり、コンソールに戻る。

    説明: Fedora Core 8 で、インストールのインタフェースが表示されなくなり、システムがコンソールに戻ります。

    回避策: https://netbeans.org/servlets/ReadMsg?list=nbusers&msgNo=98765 を参照してください。

  • NetBeans IDE 6.8 のインストールウィザードが正しく起動しない (ハングアップする)。ユーザーがインストールプロセスを手動で停止すると、インストーラは別のインストーラインスタンスが実行中であることを報告します。

    説明: Windows で、Java6 をデフォルトで使用していて、大きい zip ファイルがデスクトップに保存されている場合、インストールウィザードが正しく起動しません (ハングアップする)。ユーザーがインストールプロセスを手動で停止すると、インストーラは別のインストーラインスタンスが実行中であることを報告します。

    回避策: インストール前に、大きい zip ファイルをすべてデスクトップから削除します。

  • 課題 #177872: Mac OS X で、GlassFish v3 のアドオンおよびアップデートツールが正しく機能しないことがある

    説明: Mac OS X で、GlassFish v3 が root でインストールされている場合、root 以外のアカウントでは pkg ベースのアドオンおよびアップデートツールが正しく機能しません。

    回避策: chown -R コマンドを使用して GlassFish インストールの所有権を変更し、所有権を必要とする root 以外のユーザーに設定します。たとえば次のようにします。sudo chown -R <newuser>:admin /Applications/NetBeans/glassfish-v3 (newuser は root 以外のユーザー)。このコマンドを使用すると、ユーザーは bin/updatetool および bin/pkg ツールを直接実行できます。

ページの先頭へ

既知の問題点: コア IDE

ここでは、今回のリリースでの未解決の問題を説明します。

  • IDE の起動の問題 (Solaris x86 とデュアルコア Opteron)。

    説明: Solaris x86 とデュアルコア Opteron の特定の構成で、IDE の起動時に問題が発生する場合があります。これは GTK look&feel ライブラリの読み込み時の JDK のバグが原因です。

    回避策: この問題が発生した場合は、コマンド行オプション -laf javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel を指定します。

  • アジアのロケールで文字が正しく表示されないものがある。

    説明: Ubuntu またはほかのいくつかの Linux ディストリビューションで、アジアのロケールを使用して IDE を実行すると、IDE の画面テキストが読めなくなることがあります。特定の Linux ディストリビューションでは、JDK フォントの設定の問題により、複数バイト文字が矩形で表示されます。

    回避策: この問題を解決するには、FAQ (http://wiki.netbeans.org/FaqI18nLinuxAsianFonts) を参照してください。

  • 課題 #6720021: OpenSolaris で任意のバージョンの JDK 5 を使用すると、IDE の起動に問題がある。

    説明: OpenSolaris で任意のバージョンの JDK 5 を使用すると、IDE が起動しないことがあります。

    回避策: JDK 6 を使用するか、IDE を起動する前に「export AWT_TOOLKIT=XToolkit」コマンドを実行します。

  • 課題 #64840: IPv6 が有効になっている Linux でネットワーク通信が切断される。

    説明: IPv6 が有効になっている Linux でネットワーク通信が切断され、IDE がバンドルサーバー、オートアップデートなどに接続できません。

    回避策: この問題が発生した場合、-J-Djava.net.preferIPv4Stack=true' スイッチを使用して IDE を実行します。IPv6 を無効にする方法もあります (/etc/modules.conf または /etc/modprobe.conf 内)。

    詳細は、課題 #5087907 を参照してください。

  • 課題 #167401: JDK 1.6.0 update 13 を使用する Mac OS X システムで、IDE がランダムにフリーズする。

    説明: Apple JDK のバグ 6993269 により、メインメニューバーから参照すると、IDE がランダムにフリーズすることがあります。

    回避策: 別のバージョンの JDK に切り替えるか、netbeans.conf ファイルのデフォルトの起動オプションを -J-Dapple.laf.useScreenMenuBar=false に変更します。

  • 課題 #110074: Solaris でエディタが動かなくなることがある。

    説明: JDK 6、6u1、または 6u2 がインストールされた Solaris で IDE を実行すると、スレッドが長時間ブロックされ、エディタが応答しなくなることがあります。

    回避策: JDK 6 のインストールを Update 3 以降にアップグレードします。

  • 課題 #88776: 動的接続モードでプロファイルしているときに、プロファイル対象のアプリケーションがクラッシュすることがある。

    説明: JDK 1.6 で実行している場合、動的接続モードでアプリケーションをプロファイルすると、プロファイル対象のアプリケーションがクラッシュする可能性があります。

    回避策: -Xshare:off スイッチを指定して、プロファイルするアプリケーションを起動します。

    課題 #113847 も参照してください。

  • 課題 #119617: エディタでカーソルが表示されず、キーボードから入力できない

    説明: エディタウィンドウでヒントを表示したあと、エディタ内の挿入ポイントが消え、キーボードで入力できなくなることがあります。これは、ほとんどが Mac OS X 10.4 で報告されていますが、Ubuntu の一部のバージョンでも報告されています。

    回避策: マウスを使用して、ダイアログウィンドウを開いてから閉じます (プロパティーダイアログなど)。こうすると、エディタにフォーカスが戻り、挿入ポイントとキーボードが通常どおりに動作します。

  • 課題 #130357: 国際化 - プロジェクト名やパスにマルチバイト文字がある場合、Mac OS が Javadoc を生成しない

    説明: 一時パラメータファイルの作成時に、Javadoc タスクがデフォルトの OS エンコーディング (MacRoman) で記述されます。これは、Mac OS で、BSD および Mach の部分 (システムおよびカーネル呼び出し) が UTF-8 のパラメータを受け入れるが、OS と HFS が MacRoman を推奨している場合に発生します。

    回避策: プロジェクトの名前とプロジェクトのパスにマルチバイト文字を使用しないようにします。

  • 課題 #152916: 64 ビットの Mac OS X 10.5.5 で JDK 1.6_07 を使用すると、IDE の起動に問題がある

    説明: 特定の 64 ビットの Mac OS X 10.5.5 で、システムのデフォルト Java プラットフォームとして JDK 1.6_07 セットが構成されていると、検索およびコマンド行から IDE を起動する場合に問題が発生する場合があります。

    回避策: システムのデフォルトを JDK 1.5 に切り替えます。

  • 課題 #150416: InnoDB なしでサンプルデータベースを作成できない

    説明: NetBeans のサンプルデータベースでは外部キーが使用されます。MyISAM エンジンでは外部キーがサポートされていません。したがって、InnoDB ストレージエンジンなしではサンプルデータベースを使用できません。

    回避策: InnoDB トランザクションストレージエンジンをインストールします。

  • 課題 #158421: G1 Garbage Collector を使用すると IDE の使用に問題がある。

    説明: G1 Garbage Collector (JDK 6 Update 14 以降および JDK 7) を使用している場合、IDE の使用中に例外が発生することがあります。

    回避策: G1 Garbage Collector を使用しないでください。netbeans.conf またはコマンド行から -XX:+UnlockExperimentalVMOptions -XX:+UseG1GC を削除してください。

ページの先頭へ

既知の問題点: Web と Java EE

ここでは、今回のリリースで未解決の Web と Java EE の問題点を説明します。

  • 課題 #178108: 管理対象 JPA エンティティーのメタモデルクラスが自動的に生成されない
    説明: 対応する管理対象エンティティーのメタモデルクラスが生成されません。条件 API およびメタモデルクラスを使用する typesafe クエリーの構築が機能しません。
  • サンプル Ajax コンポーネントのサポートなし
    説明: サンプルの Blue Prints Ajax コンポーネントは、このリリースではサポートされていません。それらが旧バージョンの Dojo に基づいたものであり、それ以降のバージョンと互換性がないためです。NetBeans に付属の Woodstock コンポーネントは、クライアント側の描画に関して、より新しい Dojo API のバージョンに依存します。広く使用されている BP Ajax コンポーネント (NetBeans 5.5 でサポートされている) のほとんどには、次に示すような、Project Woodstock から使用できる機能と同様の機能があります。
    • 自動補完 - コンポーネントで Project Woodstock ライブラリから同様の機能を実現する方法を、ブログ (http://blogs.sun.com/dmitry/entry/creating_autocomplete_entry_field_with ) で説明しています。
    • ポップアップカレンダ - Project Woodstock には、カレンダコンポーネントが含まれています。
    • 「Select Value」フィールド - 同様の機能を持つが、UI が異なるものの代わりに、自動補完を使用します。
    • 進捗バー - Project Woodstock には進捗バーコンポーネントが含まれています。
    • Google Map - 今後、予定しています。
    • Rating Component - 今後、予定しています。
    • リッチテキストエディタ - サポートされていません。

ページの先頭へ

既知の問題点: データベースのサポート

NetBeans では、アプリケーションをデータベースに統合および接続するためのコードを記述できます。

ここでは、今回のリリースで未解決のデータベースの問題を説明します。

  • 課題 #168812: :SELECT * INTO 文で、最初の 20 行しか更新されない。

    説明: SELECT * INTO table2 FROM table1 文で、table2 の最初の 20 行しか更新されません。

    回避策: table1 を作成し、INSERT INTO table2 文を呼び出してから、SELECT * FROM table1 文を呼び出します。

ページの先頭へ

既知の問題点: Java ME

NetBeans によって、MIDP、CLDC、および CDC の各デバイス用に Java ME を使用したアプリケーションを開発できます。

ここでは、今回のリリースで未解決の Java ME の問題を説明します。

  • Linux、Solaris、およびその他のオペレーティングシステムは、Java ME SDK 3.0 ではサポートされていません。

    説明: NetBeans 6.8 Mobility と、このリリースにバンドルされている Java ME SDK 3.0 は、Windows オペレーティングシステムのみをサポートします。

    回避策: Linux のインストーラは Sun Java Wireless Toolkit 2.5.2 にバンドルされています。Mac OS ユーザーは、Java Platform Micro Edition Software Development Kit 3.0 for MacOS EA をダウンロードしてモバイルアプリケーションを開発できます。FAQ には、IDE で Java ME SDK 3.0 for MacOS をインストールする手順が記載されています。

  • 課題 #139031: Windows で Java のバイナリが環境のパスにない場合にエミュレータが起動しない。

    説明: Windows で Java.exe がパスにない場合に Java ME SDK とその他のエミュレータが起動しません。

    回避策: JDK をデフォルトの設定でインストールするか、カスタムインストールを実行する場合はインストール対象として Public JRE を選択します。JDK がインストール済みの場合は Java.exe ファイルをシステムのパス設定に追加します。

ページの先頭へ

既知の問題点: Ruby

NetBeans では、Ruby および Ruby Rails アプリケーションを開発できます。

ここでは、今回のリリースで未解決の Ruby の問題を説明します。

  • 課題 #171338: ユーザーが Rails プロジェクトを作成できない

    説明: バンドルされた JRuby プラットフォームのディレクトリパスに空白がある場合、ユーザーはプロジェクトを作成できません。

    回避策: 次のコマンド行から RubyGems を手動でアップグレードします。 nb_install_dir_ruby2/jruby-1.4/bin/jruby -S gem update --system

ページの先頭へ

既知の問題点: C/C++

NetBeans C/C++ では、Microsoft Windows、Macintosh OS X、Linux、および SolarisTM の各オペレーティングシステムで C と C++ のアプリケーションがサポートされます。C/C++ の開発者は、既存のアプリケーションを NetBeans のプロジェクトシステムで操作するか、または新しいアプリケーションやライブラリを開発できます。NetBeans C/C++ のサポートでは、プロジェクトやテンプレート、言語を認識する高度なエディタ、メイクファイルベースの構築、およびデバッグを含め、開発サイクル全体がサポートされます。

NetBeans C/C++ サポート用のコンパイラとツールのインストールと設定については、C/C++ サポートのインストールと設定を参照してください。

ここでは、今回のリリースで未解決の C/C++ の問題を説明します。

  • 課題 #149053: Windows プラットフォームで、ツール作成のパスに空白を使用できない

    説明: Windows プラットフォームで、ツール作成のパスに空白が埋め込まれていると、パスが切り詰められツールが検出されません。

    回避策: ツール作成のパスに空白を使用しないでください。

  • 課題 #166811: Open Solaris で C++ ファイルのデバッグを開始すると、GDB が失敗する

    説明: Open Solaris で C++ プロジェクトをデバッグすると、セグメント例外により GDB が失敗します。

    回避策: このバグの回避策の説明に従って、gcc-432 パッケージを削除します。

  • 課題 #148204: Windows プラットフォームで、デバッグ中に「出力」ウィンドウでユーザー入力ができない

    説明: Windows プラットフォームでプロジェクトのコンソールタイプが「出力ウィンドウ」に設定されている場合、アプリケーションのデバッグ中に「出力」ウィンドウに入力できません。この問題は、リモートホストを使用した開発には影響しません。

    回避策: コンソールタイプを「外部ターミナル」に設定します。設定するには、「プロジェクト」ウィンドウでプロジェクトのノードを右クリックし、「プロジェクトプロパティー」ダイアログで「実行」ノードを選択し、「コンソールタイプ」ドロップダウンリストから「外部ターミナル」を選択し、「了解」をクリックします。

  • 課題 # 121776: Sun Studio でコンパイルしたコードを gdb でデバッグしたときに問題が発生する場合がある。

    説明: Solaris と Linux の各オペレーティングシステムでは、Sun Studio のコンパイラでコンパイルしたコードを gdb デバッガで正常にデバッグできない場合があります。Sun Studio 12 ソフトウェアの既知の問題点はほとんど修正されていますが、まだいくつか残っています。Sun Studio 12 のコンパイラでデバッグしたプログラムで問題が発生した場合は、まず Sun Studio 12 の最新の製品パッチを適用してください。それでも問題が解決しない場合は、Issuezilla で問題を報告し、このタスクをこの課題に関連付けます。

    開発者側で問題が見つかれば、新しい課題を開き、このタスクを新しい課題に関連付けます。このとき、Sun Studio 12 のコンパイラでコンパイルしたプログラムを Netbeans と gdb デバッガでデバッグする問題に関する最新の状況をお知らせします。

    これらの問題は、Sun Studio 12 のコンパイラでコンパイルしたコードを Sun Studio 12 IDE と dbx デバッガでデバッグする場合には発生しません。

  • 課題 # 121775: Tiger (Mac OS X 10.4) でのデバッグに最新の Xcode が必要。

    説明: Tiger (Mac OS X 10.4) を搭載した Macintosh でデバッグを行う場合、gcc と g++ コンパイラのデフォルトのバージョンで、デバッグ出力にバグがあるコードが生成されます。Apple は、この問題への修正が含まれる、更新した Xcode パッケージ (version 2.5) をリリースしています。gcc、g++、および gdb の正しいバージョンは次のとおりです。gcc: 4.0.1 - Apple build 5367、g++: 4.0.1 - Apple build 5367、gdb: 6.3.50 - Apple build 573 (2006 年 10 月 20 日)

    このバージョンの Xcode は http://developer.apple.com/tools/download からダウンロードできます。

    この問題は Leopard (Mac OS X 10.5) では発生しません。

    問題の症状として、-gdwarf フラグ (C/C++ アプリケーションプロジェクトのデフォルト) を使用してコンパイルした実行可能ファイルの行情報が間違っていて、ブレークポイントが無視される可能性があります。

ページの先頭へ

その他の情報入手先

NetBeans プロジェクトの Web サイトで、ニュースや記事、追加モジュール、その他有用な情報を提供しています。NetBeans はオープンソースプロジェクトであるため、この Web サイトでは、ソースコードやバグデータベース、独自の NetBeans モジュールの作成方法をはじめ、さまざまな情報を提供しています。詳細は、http://www.netbeans.org を参照してください。

ドキュメント

NetBeans IDE 6.8 の機能を最大限に活用するには、Web ベースのチュートリアルとスクリーンショットを確認してください。これらのページの内容は随時更新されるため、頻繁に確認してください。

NetBeans IDE 6.8 に組み込まれているヘルプシステムは、6.7 リリース以降のユーザーインタフェースの新機能と変更がサポートされ、更新されています。

コミュニティー

https://netbeans.org/community/lists/ で NetBeans プロジェクトメーリングリストにサインアップすることによって、開発に関する最新情報を入手したり、NetBeans コミュニティーのメンバーと対話したりできます。

http://forums.netbeans.org/ で質問を投稿することもできます。このフォーラムは、もっとも広く使用されている NetBeans メーリングリストと同期しています。フォーラムには別途サインアップが必要です。

NetBeans の UI、ヘルプ、およびドキュメントの、その他の言語のローカリゼーションへの貢献方法については、コミュニティーの翻訳情報のページ (http://translatedfiles.netbeans.org/) を参照してください。



ページの先頭へ

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo