NetBeans IDE 6.7 リリース情報

NetBeans IDE は、受賞歴のある統合開発環境で、Windows、Mac、Linux、および Solaris で使用可能です。NetBeans プロジェクトは、オープンソースの IDEアプリケーションプラットフォームから構成されます。NetBeans を使用すると、開発者は Java プラットフォームや JavaFX、PHP、JavaScript と Ajax、Ruby と Ruby on Rails、Groovy と Grails、および C/C++ を使用して、Web アプリケーション、エンタープライズアプリケーション、デスクトップアプリケーション、およびモバイルアプリケーションを短時間で作成できます。

NetBeans プロジェクトは活発な開発者コミュニティーによってサポートされ、豊富なドキュメントとトレーニングのリソース、およびさまざまなサードパーティーのプラグインを提供します。

リリース概要

NetBeans IDE 6.7 は、オープンソースプロジェクトをホストする、開発者用の協調環境であるプロジェクト Kenai と統合されています。Kenai と NetBeans IDE を使用すると、開発者チームは、使いやすい単一のインタフェースを介して、プロジェクトを作成し、コードをチェックアウト、編集、デバッグ、構築、検討、およびコミットすることができます。

また、このリリースは、Maven のネイティブサポート、GlassFish、課題追跡と Hudson の統合、および Java、PHP、Ruby、Groovy、C/C++ の機能拡張を備え、実績のある NetBeans 6.5 を基に構築されています。6.7 リリースの注目点には、JavaScript 1.7 のサポート、Ruby のリモートデバッグ、および Java ME SDK 3.0 の統合があります。

NetBeans IDE 6.7.1 の取得

現在入手可能なダウンロードは NetBeans IDE 6.7.1 です。これは、NetBeans IDE 6.7 のアップデートです。

NetBeans IDE 6.7 のダウンロード

NetBeans IDE 6.7.1 には次の変更点が含まれています。

  • JavaFX 1.2 のサポート
  • バンドル #28f からの修正を含めるための GlassFish v3 Prelude のアップグレード
  • 特に Java エディタとプロジェクトのスキャン領域に関する、ユーザーフィードバックに基づいた重要なバグ修正の統合

ドキュメント

NetBeans IDE 6.7.1 の使用方法については、次のドキュメントを参照してください。

主な新機能

Connected Developer ツール

  • IDE 内で Kenai でホストされるオープンソースプロジェクトを直接作成
  • Kenai プロジェクトの管理、および同じ考えを持った開発者との協力
  • Jira と Bugzilla の両方を使用して課題追跡レポートを提出
Kenai 統合

Kenai 統合

Maven

  • ライブラリの依存リソースグラフビューア
  • Maven プラグインパラメータのコード補完の改善
  • Java EE、Web サービスの作成および消費のサポート
  • POM エディタおよびナビゲータの拡張
Maven コード補完

PHP

  • PHPUnit のサポート
  • コードカバレージと Selenium のサポート
  • PHP エディタでの SQL コード補完
PHP SQL コード補完

GlassFish

  • 事前構成済みの Derby (Java DB) 統合を含む Glassfish v3 Prelude のインスタンス
  • Glassfish v3 Prelude のコード補完のサポート
  • サービスエクスプローラのツリービューへの階層の追加
ツリービューでの GlassFish

Groovy および Grails

  • そのまま使用できる Grails 1.1 のサポート
  • コード補完
  • Grails プロジェクトとともに使用するプラットフォームの実行と構成で、ブラウザが開かないようにする
  • コンテキストメニュー項目からの Grails コマンドまたはカスタムスクリプトの呼び出し
Groovy コード補完

JavaFX

  • JavaFX プロジェクトの作成、テスト、デバッグ、プロファイル、配備
  • JavaFX エディタ (構文の強調表示、ソースナビゲーション、コード補完、コードの折り畳み、javadoc のポップアップ、エラー検出)
  • 視覚要素のライブプレビュー
  • 変換、効果、アニメーション用のコードスニペットパレット
JavaFX ビデオキューブ

Ruby および Rails

  • リモートデバッグ
  • Ruby 定数サポートの改善
  • コンテキストメニューに含まれる、テストケースおよびテストスイートのアクションの実行とデバッグ
  • Shoulda テストのサポート
Ruby のテストケース

C/C++

  • C++ プロジェクトの DLight プロファイルツール (最小限のオーバーヘッド)
  • 一般的な Qt ライブラリとツールの統合サポート
  • C/C++ エディタでのリファクタリングおよびコード生成の増加
  • プリプロセッサ出力を解析するためのマクロの展開表示
CC++ Qt のサポート

プロファイラ

  • プロファイルデータを CSV、HTML および XML ファイル形式でエクスポート
  • ヒープダンプの内容を解析するための OQL クエリをヒープウォーカがサポート
OQL クエリのサポート

デバッガ

  • デバッグプロセスをカスタマイズするデバッガオプション
  • デバッグセッションを開始する前のソースの表示と設定の簡素化
デバッガ

Java

  • Ant および Maven プロジェクト用の Hudson サービス統合
  • 「プロジェクト」タブに表示される生成済みソースのルート
  • version 1.3.8 に移行された Struts ライブラリ
Java の生成されたソース

Java ME / Mobility

  • Java Platform Micro Edition Software Development Kit 3.0 に付属
  • Java Card Platform 3.0 のサポート
  • ビジュアルモバイルデザイナの SVG リッチコンポーネントの完全サポート
  • SVG コンポーザの改善
Mobility SVG コンポーネント

NetBeans プラットフォーム

  • 出力ウィンドウ、アップデートセンターのカタログ、および検索のパフォーマンスの強化
  • ツールバーの動作と宣言による MIME タイプリゾルバの改善
  • ファイル拡張子の変更機能
拡張子の変更プロパティー

詳細は、NetBeans IDE 6.7 の新機能および注目機能のページを参照してください。

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo