NetBeans 5.5, UML モデリングモジュール ダウンロードおよびインストールの手順

NetBeans[tm] 5.5, UML モデリングモジュールは、NetBeans IDE での UML モデリング機能を提供します。UML モデリングを使用すると、アナリストやデザイナーは標準のモデリング言語でアプリケーションをデザインできます。そして、開発者は UML モデルからソースコードを生成したり、ソースコードに加えた変更からモデルを更新したりできます。

UML モデリングモジュールは、NetBeans アップデートセンターからダウンロードしてインストールできます。アップデートセンターにアクセスするには、NetBeans IDE のメインメニューで「ツール」>「アップデートセンター」をクリックします。

Mac をご使用の方へ: UML モデリングモジュールは、現在のところ Macintosh OS X プラットフォームをサポートしていません。既知の問題点と回避策についての詳細な情報は、リリースノート (Mac OS プラットフォーム用)を参照してください。

目次

前提条件

ここでは、NetBeans 5.5, UML モデリングモジュールのインストールを開始する前に、満たしておく必要がある前提条件を示します。

必要なソフトウェア

NetBeans 5.5, UML モデリングモジュールをインストールする前に、システムに次のソフトウェアがインストールされていなければなりません。

  • NetBeans IDE 5.5 (以降 IDE と表記します)
注: NetBeans 5.5, UML モデリングモジュールのシステム要件については、UML モデリングモジュールリリースノートを参照してください。

ページの先頭へ


ソフトウェアのダウンロードとインストール

ここでは、サポートされているすべてのプラットフォームにおける、NetBeans 5.5, UML モデリングモジュールのダウンロードとインストールの手順について説明します。

注: 以前に UML モデリングモジュールのベータ版をインストールしている場合、ベータ版をアンインストールする必要はありません。ただし、その場合インストール手順の後半部分が若干異なります。それらの違いについては以降に示す各手順内で説明しています。

  1. IDE のメインメニューから「ツール」>「アップデートセンター」を選択します。
    「アップデートセンター」ウィザードが表示されます。

  2. 「モジュールの場所を選択」ページで、「NetBeans アップデートセンター」チェックボックスが選択されていない場合はこれを選択します。

  3. (省略可能) ほかのチェックボックスをすべて選択解除して、結果として表示される使用可能なモジュール一覧の項目数を最小にすることができます。

  4. 「次へ」をクリックします。
    IDE の NetBeans アップデートセンターへの接続の進行状況を示すダイアログが表示されます。

  5. 「アップデートセンター」ウィザードの「インストールするモジュールを選択」ページで、「機能 (Features)」フォルダの下の「UML モデリング」に移動します。

  6. 「UML モデリング」モジュールを選択し、「追加」をクリックします。 
    右側の「インストールに含む」区画に、UML モデリングモジュールとその必須の依存ライブラリモジュールがすべて表示されるはずです。

  7. 「詳細」をクリックして UML モデリングのプロジェクトページを表示します。
    別の Web ブラウザが開いて、UML プロジェクトページが表示されます。

  8. 「アップデートセンター」ウィザードに戻り、「次へ」をクリックします。

  9. 4 つの UML の使用許諾を読み、同意します。
    「モジュールをダウンロード」ページが表示され、モジュールのダウンロードの進行状況が表示されます。 

    注: UML モデリングモジュールのベータ版からアップグレードしている場合は、4 つの UML 使用許諾に同意するための問い合わせは表示されません。

  10. モジュールのダウンロードが完了したら、「次へ」をクリックします。
    証明書の一覧を表示できるようになります。

  11. 「完了」をクリックします。
    UML モデリングモジュールのベータ版からアップグレードしている場合は、「IDE を再起動」ダイアログが表示されます。次の手順に進みます。

    ベータ版からアップグレードしているのではない場合は、UML モジュールのインストールが続きます。これには、「アップデートセンター」ウィザードの表示が消えたあとで、数分かかります。 インストールが完了すると、IDE のウィンドウの下部左隅に「モジュールを有効化中...完了しました」というメッセージが表示されます。

  12. 「IDE を再起動」ダイアログで、「IDE を再起動」を選択して「了解」をクリックし、UML モデリングモジュールのインストールを続けます。
    「後でインストール」を選択すると、次に IDE が再起動されるまで UML モデリングモジュールはインストールされません。

  13. リリースに関する重要な情報については、リリースノートを読んでください。

ページの先頭へ


メモリー設定の増加

IDE で UML プロジェクトの操作を行う場合には、Netbeans のデフォルトのメモリー設定を増やすようにしてください。UML モジュールをインストールしたら、次の手順を実行して、UML プロジェクトを操作するときに IDE が適切なメモリー設定となっているようにします。

  1. IDE のメインメニューから、「ヘルプ」>「製品について」をクリックして「詳細」タブをクリックします。

  2. 「現在のディレクトリ」フィールドを見つけ、NetBeans 5.5 IDE がインストールされている <NetBeans55 のインストールディレクトリ> へのパスを特定します。
    たとえば、Microsoft Windows プラットフォームの場合、デフォルトのインストールディレクトリは C:\Program Files\netbeans-5.5 です。


  3. 前の手順で特定した <NetBeans55 のインストールディレクトリ> へ移動します。

  4. etc/ ディレクトリへ移動します。

  5. netbeans.conf ファイルを編集します。

  6. netbeans_default_options の行で、-J-Xmx128m コマンド行スイッチオプションを -J-Xmx512m に変更します。
    注: この手順を実行してもなお、大きなファイルの作業時にヒープオーバーフローが生じる場合は、この値をさらに大きくするようにしてください。

ページの先頭へ


Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2016, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo