NetBeans Mobility Pack 5.5 リリースノート

NetBeans 5.5 Mobility Pack にようこそ。この製品は、Connected, Limited Device Configuration (CLDC) や Mobile Information Device Profile (MIDP) テクノロジをサポートする Java Micro Edition (Java ME) アプリケーションの開発ツールを提供するアドオンパックです。

システム要件

NetBeans Mobility Pack 5.5 は、Java Runtime Environment と、Java 言語で作成されたアプリケーションをコンパイル、デバッグ、および実行するための開発者向けツールで構成されている J2SE JDK 5.0 (Java 2 JDK Standard Edition) で動作します。

NetBeans Mobility Pack 5.5 は、Java VM をサポートしているオペレーティングシステムで動作します。Mobility Pack は、次のプラットフォームでテスト済みです。

  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Microsoft Windows XP Professional SP2
  • Red Hat Fedora Core 3

Mobility Pack には、J2ME Wireless Toolkit バージョン 2.2 が含まれています。

注:NetBeans Mobility Pack のサポートするプラットフォームと、実際に使用するエミュレータのサポートするプラットフォームとが異なる場合があります。使用するプラットフォームで Mobility Pack と使用するエミュレータの両方がサポートされていることを確認してください。

問題点と注意点

発見したバグ、新機能や機能強化に関する要望をファイルしたり、既存のバグの状況を確認したりするには、次の場所にある Issuezilla バグ追跡システムを使用します。https://netbeans.org/bugzilla/enter_bug.cgi?component=mobility&version=5.5

注: 以前のバージョンの Mobility Pack に含まれるビジュアルモバイルデザイナーを使用して作成されたプロジェクトは、バージョン 5.5 で開くと、新しい形式にアップグレードされます。バージョン 5.5 で保存すると、以前のバージョンの Mobility Pack で開くことができなくなります。詳細は、http://wiki.netbeans.org/wiki/view/MobilityVisualDesignerVersions を参照してください。

ここでは、今回のリリースで未解決の主な問題点を説明します。

  • インストールディレクトリまたはユーザーディレクトリの名前かパスに ASCII 以外の文字が含まれていると、NetBeans Mobility Pack が動作しない。

  • J2ME Wireless Toolkit のインストールディレクトリまたはユーザーディレクトリの名前かパスに ASCII 以外の文字が含まれていると、Toolkit が動作しない。
  • J2ME Wireless Toolkit 2.2 のエミュレータは、Mobility プロジェクト名や、MIDlet あるいは MIDlet スイート名になる Java クラス名で複数バイト文字をサポートしていない。IDE でそうしたプロジェクトを開発することはできますが、ターゲットプラットフォームとして J2ME Wireless Toolkit 2.2 を使用する場合、アプリケーションを構築、実行することはできません。
    回避策: プロジェクト名やプログラムのクラス名で ASCII 文字だけ使用するか、複数バイト文字を使用するエミュレータを使用するようにプロジェクトを設定してください。
  • Linux ディストリビューションの場合、一部のアクセス権で、外部の J2ME Wireless Toolkit エミュレータを追加できない。

    Java プラットフォームマネージャー (JPM) を使ってプラットフォームを追加する場合、このツールのブラウザはあらゆる J2ME Wireless Toolkit ディレクトリを認識し、ファイルダイアログでは、それらディレクトリに適切なアイコンを付けます。ただし、root または別のユーザーアカウントでインストールされた Linux で外部の Wireless Toolkit を追加しようとすると、Wireless Toolkit が正しくインストールされているように見えても、失敗することがあります。これは既知の問題で、Wireless Toolkit の実行可能ファイルに間違ったアクセス権が設定されていることが原因です。このため、JPM はエミュレータ実行可能ファイルを実行できず、必要なプラットフォームに関する情報を取得できません。

    回避策: NetBeans IDE を実行するときと同じユーザーアカウントで外部の J2ME Wireless Toolkit をインストールしてください。root アクセス権がある場合は、必要に応じて、Wireless Toolkit ディレクトリおよび実行可能ファイルのアクセス権を変更できますが、この方法は、インストールされている既存の Wireless Toolkit を使用するほかのユーザーに大きな問題になる可能性があるため、推奨できません。

  • Mobility Pack 5.0 または Mobility Pack 5.5 Beta 2 で保存されたビジュアルモバイルデザイナーのプロジェクトは、Mobility Pack 4.1 のプロジェクトと下位互換性がない。バージョン 5.0 または 5.5 Beta で保存したプロジェクトは、バージョン 4.1 で開くことができません。
  • 問題 #79039:J2EE 5 Web サービスクライアントに、モバイルクライアントから Web アプリケーションへの接続を生成できない。

    J2EE 5 形式で作成された Web サービスクライアントに、「モバイルクライアントから Web アプリケーションへの接続」ウィザードを使用できません。このウィザードの最初のパネルのコンボボックスに、これらの Web サービスクライアントが表示されません。
  • 回避策: 新しい J2EE 1.4 Web プロジェクトを作成し、希望するサービスに Web サービスクライアントを追加します。新しいプロジェクトに追加した Web サービスクライアントを Mobility プロジェクトから選択します。
  • OTA からの実行速度が非常に遅いことがある。
  • MIDP ビジュアルデザイナーのコンポーネントパレットに複数のカスタムコンポーネントを追加すると、最後に追加したカスタムコンポーネントが使用できなくなることがある。
  • 回避策: コンポーネントパレットマネージャーを使用し、最後に追加したカスタムコンポーネントをいったん削除して追加し直してください。

  • マルチスレッドのアプリケーションをデバッグするとき、またはデュアルマシン上でアプリケーションをデバッグするときに、エミュレータは起動するが MIDlet が表示されない。これは、J2ME Wireless Toolkit 2.2 のバグが原因です。

    回避策: デバッグ時にはハイパースレッド機能を無効にしてください。

  • モバイルクライアントから Web アプリケーションへの接続を新規に作成するとき、Web サービスのパラメータが、配列など、ビジュアルモバイルデザイナーで簡単に表示できない型の場合、サンプル MIDlet を生成できない。

マニュアル

NetBeans Mobility Pack には、HTML 形式および IDE 内蔵のヘルプシステムの形式のマニュアルが用意されています。また、IDE を使い始めるにあたって役立つ次のマニュアルも用意されています。
Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2016, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo