NetBeans[tm] C/C++ Development Pack 5.5 リリースノート

NetBeans C/C++ Development Pack 5.5 にようこそ。

NetBeans[tm] C/C++ Development Pack 5.5 を NetBeans IDE で使用することによって、Microsoft Windows、Linux、および Solaris オペレーティングシステム向けの C/C++ アプリケーションを開発できます。

NetBeans C/C++ Development Pack 5.5 は、NetBeans IDE 5.5 と互換性があります。

目次

注: このソフトウェアのインストール方法については、『NetBeans C/C++ Development Pack 5.5 のインストールとセットアップ』を参照してください。

システム要件

サポートされるオペレーティングシステム

NetBeans C/C++ Development Pack 5.5 は、Java VM をサポートしているオペレーティングシステムで動作します。NetBeans C/C++ Development Pack 5.5 は次のオペレーティングシステムでテスト済みです。

  • Microsoft Windows XP Professional SP2
  • Red Hat Fedora Core 3
  • Solaris[tm] 10 オペレーティングシステム (Solaris OS) (SPARC[R] および x86/x64 プラットフォーム版)

NetBeans C/C++ Development Pack は、次のプラットフォームでも動作します。

  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Solaris[tm] 8 OS (SPARC[R] および x86/x64 プラットフォーム版)、Solaris[tm] 9 OS (SPARC[R] および x86/x64 プラットフォーム版)
  • ほかのさまざまな Linux ディストリビューション

最小ハードウェア構成

注:NetBeans IDE の最小画面解像度は 1024x768 ピクセルです。


  • Microsoft Windows オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 500 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Linux オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 500 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

  • Solaris OS (SPARC)
    • プロセッサ: UltraSPARC II 450 MHz
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

  • Solaris OS (x86/x64 プラットフォーム版)
    • プロセッサ: AMD Opteron 100 Series 1.8 GHz
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

推奨ハードウェア構成
  • Microsoft Windows オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 1.4 GHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 1G バイト

  • Linux オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 1.4 GHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Solaris[tm] OS (SPARC[R])
    • プロセッサ: UltraSPARC IIIi 1 GHz
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Solaris[tm] OS (x86/x64 プラットフォーム版)
    • プロセッサ: AMD Opteron 100 Series 1.8 GHz
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

必要なソフトウェア

NetBeans C/C++ Development Pack 5.5 は、Java 2 Platform Standard Edition Development Kit 5.0 Update 1 以上 (JDK 5.0、バージョン 1.5.0_01 以上) で動作します。この JDK 5.0 は、Java Runtime Environment と、Java 言語で作成されたアプリケーションをコンパイル、デバッグ、および実行するための開発者向けツールで構成されています。Sun Java System Application Server Platform Edition 9 は、JDK 5.0 Update 6 でテスト済みです。

各プラットフォーム用の JDK は http://java.sun.com/j2se/1.5.0/download.html からダウンロードできます。


ページの先頭へ

構成情報

NetBeans IDE のデフォルトヒープサイズは 128M バイトです。ソースおよびヘッダーファイル数が 500 個までの小さなアプリケーションを開発する場合、NetBeans C/C++ Development Pack はこのデフォルトのヒープ設定で十分です。

もっと大きなプロジェクトを開発する場合は、ヒープサイズを大きくする必要があります。大きなプロジェクトの開発時に OutOfMemory 例外が返された場合は、その原因の 1 つとしてヒープサイズが考えられます。

NetBeans IDE が実行されている Java 仮想マシン (JVM)* のヒープサイズは、netbeans.conf ファイルで設定できます。

ヒープサイズを変更する

  1. NetBeans インストールディレクトリの etc フォルダにある netbeans.conf ファイルを NetBeans ユーザーディレクトリ ($HOME/.netbeans/5.5) にコピーします。
  2. ユーザーディレクトリ内の netbeans.conf ファイルをエディタで開き、-J-Xmx コマンド行 Java 起動スイッチ (下記の太字部分) を編集して、IDE を再起動します。
    # command line switches
    netbeans_default_options="-J-Xms32m -J-Xmx128m -J-XX:PermSize=32m 
    -J-XX:MaxPermSize=96m -J-Xverify:none -J-Dapple.laf.useScreenMenuBar=true"
    

NetBeans C/C++ Development Pack の中規模および大規模アプリケーションに対する推奨ヒープサイズは、次のとおりです。

  • RAM 容量が 1G バイト以上のシステムで中規模アプリケーション (ソースファイルおよびヘッダーファイル数 500 〜 2000) を開発する場合:512M バイト
  • RAM 容量が 2G バイト以上のシステムで大規模アプリケーション (ソースファイルおよびヘッダーファイル数 2000 超) を開発する場合:1G バイト

ヒープサイズを 1G バイトより大きくしないでください。

Sun JVM を実行している場合は、ガベージコレクタスイッチの -J-XX:+UseConcMarkSweepGC (コンカレントコレクタ) および -J-XX:+UseParNewGC (パラレルコレクタ) を netbeans.conf ファイルに追加することもできます。これらのオプションによって、ガベージコレクタを主実行エンジンと並行実行できます。ただし、これらのオプションはサン以外の JVM ではサポートされていないことがあります。

NetBeans のスイッチ設定の詳細は、NetBeans IDE 5.5』の「IDE の構成」の節を参照してください。

NetBeans のパフォーマンスチューニングの詳細は、「Tuning JVM switches for performance」を参照してください。

* 注: 「Java 仮想マシン」および「JVM」という用語は、Java[tm] プラットフォーム用の仮想マシンを意味します。

/se/tpubs/Work/

ページの先頭へ


既知の問題点

この NetBeans C/C++ Development Pack 5.5 release によって、IDE の新機能を実際に使用し、評価できます。問題点を発見した場合は、https://netbeans.org/community/issues.html の Issue Tracking システムを使用してご報告ください。皆様の参加およびご意見をお待ちしています。

ここでは、今回のリリースでの未解決問題を説明します。

  • 問題 #75120: 「プロセスを終了」で問題が起きる

    説明:「実行時」タブから実行中のプロセスを終了しようとしても、プロセスが終了しないことがあります。「実行時」タブにはプロセスが終了 (terminated) したと示されますが、実際には終了していないことがあります。

    回避策: IDE でプロセスを終了する前に、UNIX の場合は ps コマンド、Windows の場合はタスクマネージャを使用して、プロセス ID を確認してください。プロセスを終了したあと、そのプロセスが実際に終了したかどうかを確認します。終了していない場合、UNIX システムの場合は kill コマンド、Windows の場合はタスクマネージャの「プロセスの終了」を使用してください。

  • 問題 #89872: Sun Compiler Collection 用の「パーサー設定」が正しくない

    説明:Sun Compiler Collection の使用時に、<cstdlib><cstring>、およびその他のファイルのインクルード指示が下線付きで誤りとして表示されます。

    回避策: 手動でインクルード検索パスを追加してください。

    1. 「ツール」>「オプション」を選択します。
    2. 「オプション」ダイアログで「C/C++」ノードを選択し、「パーサー設定」をクリックします。
    3. ドロップダウンリストで「Sun Compiler Collection」を選択し、「Sun C++ コンパイラ」タブをクリックします。
    4. 「追加」ボタンを使用して正しいパスを追加します。

  • 問題 #90026: ソースファイル名の変更後、クイックナビゲータが正しく機能しない

    説明: ファイル名を変更すると、クイックナビゲータ (現在のファイルのアウトライン情報を表示する、エディタのツールバー内のドロップダウンボックス) が正しく機能しなくなります。

    回避策: 名前を変更したファイルをいったん閉じ、再度開いてください。

  • 問題 #89880: コンパイラコレクションを切り替えたときにプロジェクトが再解析されない

    説明: プロジェクトのコンパイラコレクションを切り替えると、プロジェクトが再解析されません。切り替え後、コード補完とハイパーリンクが正しく機能しないことがあります。

    回避策: いったんプロジェクトを閉じ、再度開いてください。

  • 問題 #89876: アプリケーションが Sun Compiler Collection でコンパイルされていた場合に gdb-lite が壊れる

    説明: Sun Compiler Collection でコンパイルしたプロジェクトの場合、デバッガが正しく機能しないことがあります。

    回避策: Sun Studio Compiler Collection では、gdb デバッガに対する公式なテストがほとんど行われていません。開発者による非公式の調査によれば、UNIX および Solaris OS での Sun Studio コンパイラに対するいくつかの gdb バージョンのテスト結果は良いものと悪いものが混ざっています。これらの結果は、http://cnd.netbeans.org/gdb-sscc.html で見ることができます。

  • 問題 #79023: 大規模プロジェクトの場合にクラスビューのツリー更新に時間がかかりすぎる

    説明:大規模なプロジェクト、特に「プレーン」構造を持つプロジェクト (名前空間を使ってうまく構造化されていないプロジェクト) の場合、プロジェクトの解析中にクラスビューを開いたままにしておくと、解析に著しく長い時間がかかることがあります。

    回避策:プロジェクトの解析に時間がかかりすぎると思われる場合は、クラスビューを閉じておき、プロジェクトが完全に解析されたあとに再度開いてください。

  • 問題 #76173: 入力の前に出力が自動的にフラッシュされない

    説明: C/C++ プログラムの実行時、OS は stdout をフラッシュしてから、stdin を読み取ります。「出力」ウィンドウでプログラムを実行した場合、このフラッシュが行われません。

    回避策: 「プロジェクトプロパティー」の「実行」カテゴリで、「コンソールタイプ」を「外部ターミナル」か「デフォルト」に設定してください。

  • 問題 #89514: 外部ターミナル使用時の「出力」パネルの入力フィールドは紛らわしい

    説明: 外部ターミナルでプログラムを実行したとき、IDE の「出力」ウィンドウに入力フィールドが 1 つ表示されます。このフィールドに入力したテキストは無視され、実行中のプログラムに渡されません。プログラムはあらゆる入力を外部ターミナルから読み取ります。

    回避策: 入力フィールドは無視してください。ターミナル入力を受け付けるあらゆるプログラムで、外部ターミナルを使用してください。

  • 問題 #89962: プロジェクトがライブラリプロジェクトと依存関係を持つ場合に $PATH が壊れる

    説明: Windows で、プロジェクトが C/C++ 静的ライブラリか C/C++ 動的ライブラリプロジェクトのいずかに依存していると、IDE が誤って PATH 変数をオーバーライドします。このため、プログラムが動作しないことがあります。

    回避策: デスクトップまたは「スタート」メニューではなく、Cygwin ターミナルから NetBeans を起動してください。

  • 問題 #89718: 実行中プロセスで紛らわしい出力がある。「実行時」タブにプロセスが表示されない。

    説明: プログラムの起動直後に、「Run successful. Exit value 0.」というメッセージが表示されます。

    回避策: プログラムの終了値を調べる必要があり、かつターミナル入力を行わない場合は、「プロジェクトプロパティー」の「実行」ノードで「コンソールタイプ」を「出力ウィンドウ (入力専用)」に設定してください。プログラムの終了コードを調べる必要がない場合、あるいはターミナル入力を行う場合は、変更する必要はありません。

    ターミナル入力を行い、かつプログラムの終了値を調べる必要がある場合の回避策はありません。この場合は、IDE の外でプログラムを実行した方がいいかもしれません。

  • 問題 #89966: Gnome ターミナルによって環境変数が無視される

    説明: Gnome ターミナルでプログラムを実行するとき、環境変数がプログラムに正しく渡されません。

    回避策: 「プロジェクトプロパティー」の「実行」ノードで「ターミナルタイプ」を XTerm に設定するか、「コンソールタイプ」を「出力ウィンドウ (入力専用)」に設定してください。

  • 問題 #89334: 外部ターミナルウィンドウ使用時に間違ったリターンコードが表示される

    説明: アプリケーションの実行で問題が発生すると、出力ウィンドウに、アプリケーションのリターンコードとして Failed. Return code = 5 (0 以外のコード) が表示されるはずです。しかし、常に「Succeeded. Return code = 0」が表示されます。

    回避策: プログラムの終了値を確認する必要がある場合は、「プロジェクトプロパティー」の「実行」ノードで「コンソールタイプ」を「出力ウィンドウ (入力専用)」に設定してください。終了値を調べる必要がない場合、変更の必要はありません。

  • 問題 #90117: 「出力ウィンドウ (入力専用)」を選択しても「ターミナルタイプ」が無効にならない

    説明:「コンソールタイプ」が「出力ウィンドウ (入力専用)」に設定されている場合、IDE はターミナルタイプの設定を無視します。

    回避策: 「ターミナルタイプ」オプションを無視してください。

  • 問題 #89343: Windows でプログラムがユーザーの入力待ちのときに一時停止が機能しない

    説明: プログラムが入力待ちのときに「一時停止」をクリックしても、プログラムは停止しません。「一時停止」は入力を行なったあとでのみ機能します。

    回避策:なし。

  • 問題 #90120: 稀に、Windows で「一時停止」が機能しない

    説明: 89343 とは別に、Windows で「一時停止」が機能しないケースがいくつかあります。そのうちの 1 つは、非常に詰まったループ (tight loop) で発生します。

    回避策:なし。

  • 問題 #90222: 実行中にブレークポイントがすぐに効かない

    説明:実行中のプロセスにブレークポイントを設定しても、プロセスが次に停止するまで、ブレークポイントは gdb に渡されません。

    回避策: プロセスを一時停止してからブレークポイントを設定し、実行再開してください。

  • 問題 #90235: コンソールタイプの「出力ウィンドウ (入力専用)」は正しくは「出力専用」

    説明: NetBeans の「出力」ウィンドウでは、入力が正しく処理されません。NetBeans C/C++ Development Pack では、「コンソールタイプ」プロジェクトプロパティーを用意し、プログラムの実行中、入出力を「出力」ウィンドウまたは外部ターミナル (デフォルト) のどちらに送るのかを指定できるようになっています。プログラムの入出力を「出力」ウィンドウに送ることを示すラベルは「入力専用」になっています。これは、正しくは「出力専用」です。

    回避策: 「プロジェクトプロパティー」の「実行」ノードでデフォルトコンソールタイプの「外部ターミナル」を使用してください。

マニュアル

この NetBeans C/C++ Development Pack 5.5 release には、Web 形式および IDE 内蔵のヘルプシステムの形式のマニュアルが用意されています。また、IDE を使い始めるにあたって役立つ次のマニュアルも用意されています。

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2016, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo