NetBeans IDE 5.5.1 リリースノート

NetBeans IDE 5.5.1 にようこそ。NetBeans IDE は、Java プログラミング言語で作成された、規格に準拠したモジュール方式統合開発環境です。NetBeans プロジェクトは、次のもので構成されています。


NetBeans アドオンパックのリリース情報については、次の文書を参照してください。

注: Enterprise Pack で SOA および BPEL 機能を使用する場合、NetBeans IDE 5.5 と NetBeans Enterprise Pack 5.5 を使用してください。NetBeans Enterprise Pack 5.x に、今後アップデートを行う予定はありません。現在、SOA と NetBeans 6.0 にすべての開発努力を集中しています。


目次

注: NetBeans IDE 5.5.1 のインストールについては、NetBeans IDE 5.5.1 のインストールを参照してください。

注: Enterprise Pack で SOA および BPEL 機能を使用する場合、NetBeans IDE 5.5 と NetBeans Enterprise Pack 5.5 を使用してください。NetBeans Enterprise Pack 5.x に、今後アップデートを行う予定はありません。現在、SOA と NetBeans 6.0 にすべての開発努力を集中しています。


サポートされているテクノロジ


NetBeans IDE 5.5.1 でサポートされているテクノロジ

  • エンタープライズ JavaBeans (EJB) 3.0
  • JAX-WS 2.0
  • Java Persistence (JSR-220)
  • JavaServer Faces 1.2 (JSR-127)
  • Java Servlet 2.5
  • JavaServer Pages (JSP) 2.1
  • Struts 1.2.9
  • Java API for XML-based Remote Procedure Calls (JAX-RPC) 1.6
  • Java API for XML Registries (JAXR) 1.0
  • Java API for XML Processing (JAXP) 1.2
  • JavaServer Pages 標準タグライブラリ 1.1

注: JBoss、WebLogic、または Struts の上記以外のバージョンを使用すると、IDE が予想外の動作をする可能性があります。これらは外部インタフェースであり、プロジェクトチームの管理対象外であるためです。

NetBeans IDE 5.5.1 をテスト済みのアプリケーションサーバー

  • Sun Java System Application Server 9.1 Beta (GlassFish V2)
  • Sun Java System Application Server PE 8.2
  • Tomcat 5.5.17
  • JBoss 4.0.4
  • WebLogic 9.1

GlassFish アプリケーションサーバーを使用する場合は、GlassFish V2 を実行して NetBeans IDE 5.5.1 と連携するようお勧めします。

ページの先頭へ


システム要件

サポートされるオペレーティングシステム

NetBeans IDE は、Java VM をサポートしているオペレーティングシステムで動作します。次は、NetBeans IDE のテスト済みのプラットフォーム一覧です。

  • Microsoft Windows XP Professional SP2
  • Solaris オペレーティングシステム (SPARC および x64 プラットフォーム版) バージョン 10
  • Mac OS X 10.4.5 PPC
  • Ubuntu 6.x
  • Red Hat EL 4

NetBeans IDE は、次のプラットフォームで動作することも判明しています。

  • Java Desktop System 2
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Mac OS X 10.4.5 Intel
  • ほかのさまざまな Linux ディストリビューション (Red Hat Enterprise Linux など)
  • Open VMS 7.2-1 以降
最小ハードウェア構成

注: IDE の最小画面解像度は 1024x768 ピクセルです。

  • Microsoft Windows オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 500 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Linux オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 500 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

  • Solaris OS (SPARC)
    • プロセッサ: UltraSPARC II 450 MHz
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

  • Solaris OS (x86/x64 プラットフォーム版)
    • プロセッサ: AMD Opteron 100 Series 1.8 GHz
    • Memory: 512 MB
    • 空きディスク容量: 450M バイト

  • Macintosh OS X オペレーティングシステム:
    • プロセッサ: PowerPC G4
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト
推奨ハードウェア構成
  • Microsoft Windows オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 1.4 GHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 1G バイト

  • Linux オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 1.4 GHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Solaris OS (SPARC)
    • プロセッサ: UltraSPARC IIIi 1 GHz
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Solaris OS (x86/x64 プラットフォーム版)
    • プロセッサ: AMD Opteron 100 Series 1.8 GHz
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Macintosh OS X オペレーティングシステム:
    • プロセッサ: PowerPC G5
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト
必要なソフトウェア

NetBeans IDE は、Java Runtime Environment と、Java 言語で作成されたアプリケーションをコンパイル、デバッグ、および実行するための開発者向けツールで構成されている J2SE JDK 5.0 (Java SE Development Kit) で動作します。

次に示すサイトのいずれかから、使用プラットフォームに合った JDK をダウンロードできます。

ページの先頭へ


互換性

初めて IDE を実行すると、NetBeans IDE 5.0 で使用していた設定の一部をインポートすることができます。以前のリリースからの設定をインポートしないことを選択すると、デフォルトの設定で IDE が開きます。

注: IDE は、ユーザーディレクトリがデフォルトの場所にある以前のインストール場所のみ認識します。--userdir スイッチを使用してユーザーディレクトリが指定されたインストール場所は認識しません。インストーラが認識しない IDE から設定をインポートする場合は、インストーラではなくアーカイブ版の IDE をダウンロードしてください。

以前にインストールした IDE から NetBeans IDE 5.5.1 に設定をインポートすることはできますが、NetBeans IDE 5.5.1 の設定を以前のリリースの IDE にインポートすることはできません。

注: NetBeans IDE 4.1 以前で作成されたプロジェクトのプロジェクトプロパティを NetBeans IDE 5.5.1 で編集した場合、そのプロジェクトは NetBeans IDE の以前のバージョンで機能しなくなります。


ページの先頭へ


既知の問題点



ここでは、今回のリリースでの未解決問題を説明します。

    アジアのロケールで文字が正しく表示されないものがある。

    説明:Ubuntu 6.x またはほかのいくつかの Linux ディストリビューションで、アジアのロケールを使用して IDE を実行していると、IDE の画面テキストが読めなくなることがあります。特定の Linux ディストリビューションでは、JDK フォントの設定の問題により、複数バイト文字が矩形で表示されます。

    回避策:この問題に対する回避策はありません。このような条件下でもロケールを使用する必要がある場合は、ほかの Linux ディストリビューションを使用することをお勧めします。この問題は Red Hat Enterprise Linux 3 では発生しません。


  • 問題 #26965:IDE インストーラがクラッシュする。

    説明:JDK のインストールで、互換性のないバージョンの sax.jar があると、次のメッセージが表示されて IDE インストーラがクラッシュする。「The wizard cannot continue because of the following error:could not load wizard specified in /wizard.inf (104)」

    回避策:IDE のインストール中、一時的に JDK ディレクトリから jre/lib/endorsed/sax.jar を削除してください。

  • 問題 #64771:Linux で SELinux (セキュリティー拡張された) オプションを有効にすると、起動に失敗する。

    説明:SELinux (セキュリティー拡張された) Linux オプションを有効にして NetBeans を起動すると、起動に失敗する (Linux のみ)。

    回避策:この問題が発生した場合は、コマンド行から #setenforce 0 と入力して、SELinux を一時的に無効にします。これには root 権限が必要です。次に、selinux=0 をカーネルコマンド行に追加し、起動時に SELinux を無効にします。

  • 問題 #64840:IPv6 が有効になっている Linux でネットワーク通信が切断される。

    説明:IPv6 が有効にされている Linux でネットワーク通信が切断されている場合、IDE はバンドルサーバーに接続できず、オートアップデートなどができない。

    回避策:この問題が発生した場合、-J-Djava.net.preferIPv4Stack=true' スイッチを使用して、IDE を実行します。または、IPv6 (/etc/modules.conf または /etc/modprobe.conf にある) を無効にします。

    詳細については、次を参照してください。問題 #5087907

  • 問題 #75967:サイズの大きい WSDL ファイルを操作すると、メモリー不足エラーが発生する。

    説明: WSDL から Web サービスクライアントまたは Web サービスを作成しているとき、IDE で OutOfMemoryError が発生し、IDE を一時的に使用できなくなることがある。

    回避策: この問題が発生した場合は、$NB_HOME/etc/netbeans.conf の -J-Xmx128m 起動パラメータを -J-Xmx256m に変更します。.

  • 問題 #71959:プロジェクト外部のソースコードで補完が失敗する。

    説明:プロジェクトに含まれていない Java ソースファイルを開き、標準 Java クラスのコード補完を呼び出そうとすると、コード補完ボックスに何も表示されない。

    回避策:編集するソースのプロジェクトを IDE 内に作成します。

  • 問題 #75562:NetBeans IDE 5.0 からキーマップをインポートできない。

    説明:IDE で、ユーザーが作成したすべてのキーマッププロファイルまたは標準のキーマッププロファイルへの変更が正しくインポートされない。

    回避策:なし。

  • 問題 #77129:Macintosh プラットフォームで Alt キーボードバインドが機能しない。

    説明:Macintosh で、Alt キーを使用するキーボードの組み合わせが機能しない。

    回避策:メニュー項目を使用してコマンドを呼び出します。

  • 問題 #85361:NetBeans 5.5 インストーラが Windows Vista で起動しない。

    説明:Windows Vista を使用しているシステムで、NetBeans 5.5 インストーラを起動できず、"silent" または "console" フラグを指定して実行する必要があることを示すメッセージが表示される。

    回避策:この問題を解決するには、JDK 6.0 ビルド 96 以降でインストーラを実行します。

    この方法で問題を解決できない場合は、互換モードを手動で無効にします。互換性モードを無効にするには、.exe インストーラファイルを右クリックし、ポップアップメニューから「プロパティ」を選択します。次に、「ファイルのプロパティ」ダイアログの「互換性」タブで「互換モード」を選択解除します。互換モードが自動的に有効になっている場合は、現在のユーザーとすべてのユーザーの両方について無効にする必要があります。互換モードをすべてのユーザーについて無効にするには、「すべてのユーザーの設定を表示」ボタンをクリックし、「すべてのユーザーの互換性」ダイアログの「互換モード」チェックボックスを選択解除します。

  • 問題 #86858:MacOS で JDK 1.6 を使用すると、再描画の問題が発生する。

    説明:タブをドラッグすると、黒い四角形の領域が表示される。タブをドロップしたあとも、開始画面の再描画の問題が発生する。

    回避策:-J-Dapple.awt.graphics.UseQuartz=true を設定するか、IDE の実行に Java 1.5 を使用します。

  • 問題 #87247:クラスをコピーするときに、必要なインポート文が追加されない。

    説明:パッケージ間でクラスをコピー&ペーストするときに、必要なインポート文が追加されない。

    回避策:この問題が発生した場合は、クラスに対して「インポートを修正」アクションを呼び出します。

  • 問題 #6986:Bean プロパティの名前を変更するときに、コードが正しく更新されない。

    説明: 読み取りおよび書き込みメソッドを使用して Bean プロパティの名前を変更するときに、ソースコードが正しく更新されない。

    回避策: Bean の完全なメタモデルが存在することを確認し、設定/取得のパターンを検索および変更します。メソッドのコードを編集済みの場合、この回避策は効果がありません。

  • 問題 #83712:JDK 6 で ASCII 以外のパス名のプロジェクトを構築できない。

    説明: プロジェクトの構築に使用する Java のバージョンに関わらず JDK 1.6 で IDE を実行し、プロジェクトのファイルパスに ASCII 文字セットに存在しない、国独自の文字を含んでいる場合、プロジェクトの構築時または実行時にエラーが発生します。これは、新しい XML パーサーによって発生する、Ant 1.6.5 でのバグです。

    回避策: この問題が発生した場合は、次の回避策のいずれかを使用します。

    1. プロジェクトのコンテキストメニューを使用してプロジェクトの名前を変更して、そのような文字を使用していないフォルダにプロジェクトを配置します。
    2. JDK 5 で IDE を実行します。
    3. Ant 1.7.0 をダウンロードします。 そのあと、「ツール」>「オプション」>「その他」>「Ant」で、Ant Home パラメータを 1.7.0 Ant のインストールディレクトリに変更します。
    4. 「ツール」>「オプション」>「その他」>「Ant」に移動して「クラスパスを管理」をクリックして、IDE のクラスパスに xercesImpl.jar を追加します。そのあと「JAR/ZIP を追加」をクリックして、NetBeans のインストールディレクトリ内の ide<<number>>/modules/ext ディレクトリから xerces-<<version>>.jar ファイルを選択します。

ページの先頭へ


ドキュメント

注: NetBeans IDE 5.5.1 はバグフィックスのため、ほとんどの場合に netbeans.org で入手可能な 5.5 のドキュメントが適用できます。

IDE の使用方法については、次のリソースを参照してください。

入門:

学習: NetBeans IDE 5.5 関係のマニュアルの全一覧

注: Mac OS X で NetBeans IDE を実行している場合、キーボードによる同等の操作、ヒントやコツ、Mac 固有の項目の詳細は、Using NetBeans on Mac OS X を参照してください。

ページの先頭へ


その他の情報入手先

NetBeans プロジェクトの Web サイトで、ニュースや記事、追加モジュール、その他有用な情報を提供しています。NetBeans はオープンソースプロジェクトであるため、この Web サイトでは、ソースコードやバグデータベース、独自の NetBeans モジュールの作成に関する情報などのさまざまな情報も提供しています。

詳細は、http://www.netbeans.org を参照してください。

https://netbeans.org/community/lists/ で NetBeans プロジェクトメーリングリストにサインアップすることによって、NetBeans IDE に関する最新情報を入手したり、NetBeans IDE コミュニティーのメンバーと対話したりできます。

ページの先頭へ


Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2016, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo