NetBeans Mobility Pack for CLDC 5.5.1 インストールガイド

NetBeans Mobility Pack 5.5.1 を使用すると、ポケットベル、携帯電話、およびセットトップボックスなどのデバイスに対応した Java Micro Edition プラットフォーム (Java ME プラットフォーム) 用のアプリケーションを、短時間で開発できます。これには Mobile Information Device Profile (MIDP) 2.0 や Connected, Limited Device Configuration (CLDC) 1.1 のサポートが統合されています。

目次

 

前提条件

NetBeans Mobility Pack 5.5.1 をインストールする前に、お使いのコンピュータに次のソフトウェアパッケージがインストールされている必要があります。

 

必要なソフトウェア

 

注: このバンドルに含まれているソフトウェアのシステム要件については、 NetBeans Mobility Pack for CLDC 5.5.1 リリースノートを参照してください。

 

ページの先頭へ

ソフトウェアのインストール

ここでは、NetBeans Mobility Pack 5.5.1 を、サポートされているすべてのプラットフォームにインストールする手順について説明します。

Windows

Microsoft Windows プラットフォームへの NetBeans Mobility Pack 5.5.1 のインストール手順を次に示します。

インストールする

  1. インストーラファイル netbeans_mobility-5_5_1-win.exe をダウンロードしたら、インストーラのアイコンをダブルクリックしてインストーラを起動します。
  2. インストールウィザードの開始ページで「次へ」をクリックします。
  3. ライセンス契約条項に同意し、「次へ」をクリックします。
  4. インストールウィザードのインストール先ディレクトリのページで、NetBeans IDE 5.5.1 のインストール先を指定します。
  5. インストールウィザードによって、互換性のある JDK が検索されます。JDK がデフォルトのディレクトリにない場合は、インストール先ディレクトリを指定する必要があります。JDK は 1.5.0 以降が必要です。インストールされている別の JDK のパスを入力するか、「ブラウズ」ボタンを使用して別のインストールを選択することもできます。
  6. インストールが完了したら、「完了」をクリックしてウィザードを終了します。

 

Linux

Linux プラットフォームへの NetBeans Mobility Pack 5.5.1 のインストール手順を次に示します。

インストールする

  1. ダウンロードした、netbeans_mobility-5_5_1-linux.bin という名前の Mobility Pack インストーラファイルを含むディレクトリに移動します。
  2. 必要に応じて、バイナリを実行可能にするために、インストーラファイルのアクセス権を変更します。このためには、コマンドプロンプトで、次のコマンドを使用します。 $ chmod +x netbeans_mobility-5_5_1-linux.bin
  3. コマンドプロンプトで、次のコマンドを使用してインストーラを起動します。 $ ./netbeans_mobility-5_5_1-linux.bin
  4. インストールウィザードの開始ページで「次へ」をクリックします。
  5. ライセンス契約条項に同意し、「次へ」をクリックします。
  6. インストールウィザードのインストール先ディレクトリのページで、ウィザードが検出した NetBeans IDE のディレクトリを受け付けるか、またはほかの IDE のインストールディレクトリを選択します。
  7. インストール先が正しいこと、およびインストールを完了するための十分な空き容量がシステムにあることを確認します。
  8. 「インストール」をクリックしてインストールを開始します。
  9. インストールが完了したら、「完了」をクリックしてウィザードを終了します。

 

ページの先頭へ

エミュレータプラットフォームのインストール

新しいエミュレータプラットフォームの追加

  1. メインツールバーから「ツール」>「Java プラットフォームマネージャー」を選択します。
  2. 「Java プラットフォームマネージャー」ダイアログで「プラットフォームを追加」ボタンをクリックします。
  3. 「プラットフォームの種類を選択」ページで、「Java Micro Edition プラットフォームエミュレータ」を選択します。「次へ」をクリックします。
  4. 「プラットフォームのフォルダ」ページで、インストールされて使用可能なすべての Java ME プラットフォームが IDE によって検索され、ウィンドウ内に一覧表示されます。UEI (Unified Emulator Interface) に準拠しているプラットフォームは、準拠していることが確認され、プラットフォーム名の横にあるチェックボックスが選択された状態で表示されます。UEI に準拠していないプラットフォームは赤色で一覧に表示されます。このウィザードでは、すでにインストールされているプラットフォームも識別されます。
  5. 注: UEI に準拠していないプラットフォームをインストールするには、「戻る」ボタンをクリックし、「カスタムの Java Micro Edition プラットフォームエミュレータ」を選択します。

  6. 「プラットフォームのフォルダ」ページで、インストールするプラットフォームエミュレータのチェックボックスを選択します。「完了」をクリックします。「閉じる」をクリックします。選択したプラットフォームがインストールされます。

 

使用可能な CLDC/MIDP プラットフォームエミュレータ

ここでは、NetBeans Mobility Pack とともに使用できる、もっとも一般的な CLDC デバイスエミュレータプラットフォームをいくつか紹介します。IDE にプラットフォームを登録する前に、まずエミュレータをインストールする必要があります。サポートおよびインストール手順については、ソフトウェアに含まれている情報を参照するか、またはそのベンダーの Web サイトを参照してください。

 

ページの先頭へ

ソフトウェアのアンインストール

アンインストールを行うとシステムから NetBeans Mobility Pack 5.5.1 が削除されます。

Windows

ソフトウェアをアンインストールする

  1. IDE を終了します。
  2. コントロールパネルから「プログラムの追加と削除」を選択し、「NetBeans(TM) Mobility Pack」を選択して「変更と削除」をクリックします。
  3. アンインストーラの指示に従います。

Linux

ソフトウェアをアンインストールする

  1. IDE を終了します。
  2. NetBeans Mobility Pack 5.5.1 をインストールしたディレクトリの bin サブディレクトリに移動します。
  3. uninstall.sh スクリプトを実行します。

ページの先頭へ

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2016, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo