NetBeans 5.5.1 リリース情報

マニュアル

NetBeans には、HTML 形式および IDE 内蔵のヘルプシステムの形式のマニュアルが用意されています。また、IDE を使い始めるにあたって役立つ次のマニュアルも用意されています。

NetBeans 5.5.1 の機能の概要





NetBeans 5.5.1 の主な機能は Java EE 5 Application Server 9.1 をサポートしています。Application Server 9.1 のベータビルド (GlassFish v2) は、こちらから入手できます。

NetBeans 5.5.1 でサポートされるプラットフォームに、Windows Vista も追加されています。

Mobility Pack には、J2ME Wireless Toolkit, version 2.5.1 が含まれます。

NetBeans 5.5.1 は、NetBeans 5.5 の機能をもとに構築されており、いくつかのバグも修正されています。NetBeans 5.5 の全機能のリストについては、「NetBeans 5.5 リリース情報」ページを参照してください。

NetBeans アドオンパック

    Mobility Pack を使用すると、Java[tm] Micro Edition プラットフォーム (Java[tm] ME プラットフォーム) テクノロジ対応のモバイルデバイス用のアプリケーションを作成、テスト、およびデバッグできます。


    Visual Web Pack は、AJAX および JSF コンポーネントのサポートが含まれ、規格に準拠した Web アプリケーションを、短時間で、グラフィカルに構築できます。



    NetBeans Enterprise Pack は、サービス指向アーキテクチャー (SOA) アプリケーションを作成するためのサポートを提供します。注: Enterprise Pack の SOA および BPEL 機能をご使用になる場合は、NetBeans IDE 5.5 を NetBeans Enterprise Pack 5.5 とともにご使用ください。NetBeans Enterprise Pack 5.x の機能アップデートのリリース予定はありません。現在は、SOA 機能を備えた NetBeans 6.0 の開発に注力しているところです。


    NetBeans Profiler を使用すると、アプリケーションのメモリーと CPU の使用率を最適化できます。



    C/C++ Pack は、C または C++ プロジェクトをサポートします。言語を認識するエディタによって、C/C++ コードのインデント、コード補完、および構文の強調表示が行われます。


その他の言語

NetBeans 5.5.1 は簡体字中国語、日本語、ブラジル系ポルトガル語にローカライズされています。これらのロケールのいずれかを使用している場合は、ローカライズされたバージョンが自動的に表示されます。表示されない場合は、「その他のシステムおよび言語」から選択してください。

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2016, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo