NetBeans[tm] C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 リリースノート

NetBeans C/C++ Development Pack にようこそ。

NetBeans[tm] C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 を NetBeans IDE で使用することによって、Microsoft Windows、Linux、および Solaris オペレーティングシステム向けの C/C++ アプリケーションを開発できます。

NetBeans C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 は、NetBeans IDE 5.5.1 および NetBeans IDE 5.5 と互換性があります。

目次

注: このソフトウェアのインストール方法については、『NetBeans C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 のインストールとセットアップ』を参照してください。

システム要件

サポートされるオペレーティングシステム

NetBeans C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 は、Java VM をサポートしているオペレーティングシステムで動作します。NetBeans C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 は、次のオペレーティングシステムでテスト済みです。

  • Microsoft Windows XP Professional SP2
  • Red Hat Fedora Core 3
  • Solaris[tm] 10 オペレーティングシステム (Solaris OS) (SPARC[R] および x86/x64 プラットフォーム版)
  • Mac OS X Version 10.4 以降

NetBeans C/C++ Development Pack は、次のプラットフォームでも動作します。

  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Solaris[tm] 8 OS (SPARC[R] および x86/x64 プラットフォーム版) と Solaris[tm] 9 OS (SPARC[R] および x86/x64 プラットフォーム版)
  • ほかのさまざまな Linux ディストリビューション

最小ハードウェア構成

注: NetBeans IDE の最小画面解像度は 1024x768 ピクセルです。


  • Microsoft Windows オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 500 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Linux オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 500 MHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

  • Solaris OS (SPARC)
    • プロセッサ: UltraSPARC II 450 MHz
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

  • Solaris OS (x86/x64 プラットフォーム版)
    • プロセッサ: AMD Opteron 100 Series 1.8 GHz
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

  • Mac OS X オペレーティングシステム
    • プロセッサ: PowerPC G4
    • メモリー: 512M バイト
    • 空きディスク容量: 450M バイト

推奨ハードウェア構成
  • Microsoft Windows オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 1.4 GHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 1G バイト

  • Linux オペレーティングシステム
    • プロセッサ: 1.4 GHz Intel Pentium III または同等のプロセッサ
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Solaris[tm] OS (SPARC[R])
    • プロセッサ: UltraSPARC IIIi 1 GHz
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

  • Solaris[tm] OS (x86/x64 プラットフォーム版)
    • プロセッサ: AMD Opteron 100 Series 1.8 GHz
    • メモリー: 1G バイト
    • 空きディスク容量: 850M バイト

必要なソフトウェア

NetBeans C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 をインストールするには、NetBeans IDE 5.5.1 または NetBeans IDE 5.5 が事前にインストールされている必要があります。

NetBeans C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 は、Java 2 Platform Standard Edition Development Kit 5.0 Update 1 以上 (JDK 1.5.0_01 以上) または JDK 6.0 で動作します。これらは、Java Runtime Environment と、Java 言語で作成されたアプリケーションをコンパイル、デバッグ、および実行するための開発者向けツールで構成されています。

各プラットフォーム用の JDK は http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ からダウンロードできます。


ページの先頭へ

構成情報

NetBeans IDE のデフォルトヒープサイズは 128M バイトです。ソースおよびヘッダーファイル数が 500 個までの小さなアプリケーションを開発する場合、NetBeans C/C++ Development Pack はこのデフォルトのヒープ設定で十分です。

もっと大きなプロジェクトを開発する場合は、ヒープサイズを大きくする必要があります。大きなプロジェクトの開発時に OutOfMemory 例外が返された場合は、その原因の 1 つとしてヒープサイズが考えられます。

NetBeans IDE が実行されている Java 仮想マシン (JVM)* のヒープサイズは、netbeans.conf ファイルで設定できます。

ヒープサイズを変更する

  1. NetBeans インストールディレクトリの etc フォルダにある netbeans.conf ファイルを NetBeans ユーザーディレクトリ ($HOME/.netbeans/5.5.1) にコピーします。
  2. ユーザーディレクトリにある netbeans.conf ファイル内の、-J-Xmx コマンド行 Java 起動スイッチ (次の太字部分) を編集して、IDE を再起動します。
    # command line switches
    netbeans_default_options="-J-Xms32m -J-Xmx128m -J-XX:PermSize=32m 
    -J-XX:MaxPermSize=96m -J-Xverify:none -J-Dapple.laf.useScreenMenuBar=true"
    

NetBeans C/C++ Development Pack の中規模および大規模アプリケーションに対する推奨ヒープサイズは、次のとおりです。

  • RAM 容量が 1G バイト以上のシステムで中規模アプリケーション (ソースファイルおよびヘッダーファイル数 500 〜 2000) を開発する場合: 512M バイト
  • RAM 容量が 2G バイト以上のシステムで大規模アプリケーション (ソースファイルおよびヘッダーファイル数 2000 超) を開発する場合: 1G バイト

ヒープサイズを 1G バイトより大きくしないでください。

Sun JVM を実行している場合は、ガベージコレクタスイッチの -J-XX:+UseConcMarkSweepGC (コンカレントコレクタ) および -J-XX:+UseParNewGC (パラレルコレクタ) を netbeans.conf ファイルに追加することもできます。これらのオプションによって、ガベージコレクタを主実行エンジンと並行実行できます。ただし、これらのオプションはサン以外の JVM ではサポートされていないことがあります。

NetBeans のスイッチ設定の詳細は、NetBeans IDE 5.5 の使用方法』の「IDE の構成と設定」の節を参照してください。

NetBeans のパフォーマンスチューニングの詳細は、「Tuning JVM switches for performance」を参照してください。

* 注: 「Java 仮想マシン」および「JVM」という用語は、Java[tm] プラットフォーム用の仮想マシンを意味します。


ページの先頭へ


既知の問題点

この NetBeans C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 リリースによって、IDE の新機能を実際に使用して評価できます。評価して問題が発生した場合は https://netbeans.org/community/issues.html のトラッキングシステムにアクセスしてご報告ください。

ここでは、今回のリリースでの未解決問題を説明します。

  • 問題 #89880: コンパイラコレクションを切り替えたときにプロジェクトが再解析されない

    説明: プロジェクトのコンパイラコレクションを切り替えると、プロジェクトが再解析されません。切り替え後、コード補完とハイパーリンクが正しく機能しないことがあります。

    回避策: いったんプロジェクトを閉じ、再度開いてください。

  • 問題 #76173: 入力の前に出力が自動的にフラッシュされない

    説明: プロジェクトのデフォルトの「コンソールタイプ」プロパティーが「外部ターミナル」から「出力ウィンドウ (出力専用)」に変更されると、「出力」ウィンドウには何も入力できません。

    回避策: プロジェクトプロパティーの「実行」カテゴリで、出力専用アプリケーションのみ対象の、デフォルトの「コンソールタイプ」プロパティーを変更してください。

  • 問題 #89343: Windows でプログラムがユーザーの入力待ちのときに一時停止が機能しない

    説明: プログラムが入力待ちのときに「一時停止」をクリックしても、プログラムは停止しません。「一時停止」は入力を行なったあとでのみ機能します。

    回避策: なし。

  • 問題 #90120: まれに、Windows で「一時停止」が機能しない

    説明: 89343 とは別に、Windows で「一時停止」が機能しないケースがいくつかあります。そのうちの 1 つは、非常に詰まったループ (tight loop) で発生します。

    回避策: なし。

  • 問題 #90222: 実行中にブレークポイントがすぐに効かない

    説明: 実行中のプロセスにブレークポイントを設定しても、プロセスが次に停止するまで、ブレークポイントは gdb に渡されません。

    回避策: プロセスを一時停止してからブレークポイントを設定し、実行再開してください。

  • マニュアル

    この NetBeans C/C++ Development Pack 5.5.1 update 1 リリースには、Web 形式および IDE 内蔵のヘルプシステムの形式のマニュアルが用意されています。また、IDE を使い始めるにあたって役立つ次のマニュアルも用意されています。

    Not logged in. Log in, Register

    By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2016, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo