NetBeans IDE 4.0 の新機能

NetBeans IDE 4.0 は、大きな機能変更および強化が図られたリリースです。このドキュメントでは、前回リリース (3.6) から 4.0 で新しく導入された機能を説明しています。アプリケーションの開発および維持管理をこれまで以上に生産的かつ効率的に行えるよう、全面的な製品の見直しが行われました。以前に NetBeans IDE を使用されたことがあるユーザーであれば、開発サイクルの各分野での大幅な機能強化および向上にお気付きになるでしょう。

NetBeans IDE 4.0 への移行の詳細は、『NetBeans IDE 3.6 から 4.0 への移行』を参照してください。

ソースコードとライブラリの管理

プロジェクト Project System Screenshot 3 Project System Screenshot 2 Project System Screenshot 1

NetBeans IDE 4.0 では、プロジェクトが全面的に再設計されています。あらゆるアプリケーション開発作業は、プロジェクト内で発生します。IDE では、ソースファイル、そしてその構築、実行、デバッグ用に定義された設定全体をプロジェクトと呼びます。大きなコードベースを伴うアプリケーションを複数のプロジェクトに分割し、それらプロジェクト間のコンパイル時依存関係を作成することができます。そのうちの 1 つのプロジェクトを構築すると、コンパイル時クラスパス上の他のすべてのプロジェクトも構築されます。バージョン管理システムの CVS、VSS および PVCS に対する内蔵のサポートを利用し、プロジェクトを共有することができます。

一度に複数のプロジェクトを開き、それらを素早くかつ容易に切り替えて多数のプロジェクトを同時に扱うことができます。プロジェクトを開くと、「プロパティ」ウィンドウでその論理構造、「ファイル」ウィンドウでそのファイル構造を見ることができます。メニューおよびツールバーのボタンを使用し、プロジェクトに対する次の操作をクリック 1 回で行うことができます。

  • Build button 構築
  • Run button 実行
  • Debug button デバッグ
  • Attach debugger button デバッガの接続

また、これらのアクションを 1 つのファイルに対して行うこともできます。

プロジェクトテンプレートとウィザード

NetBeans IDE 4.0 には、さまざまな形のプロジェクト開発をサポートするために用意されたプロジェクトテンプレートとウィザードが含まれています。たとえば、Java アプリケーションプロジェクトテンプレートに基づいて Java アプリケーションを定義するウィザードなどです。

NetBeans IDE 4.0 には、ゼロからプロジェクトを作成するためのテンプレートとして、以下が付属しています。

 
  • J2SE project icon Java アプリケーション。主クラスを含むスケルトン J2SE プロジェクトを作成するためのテンプレート。
  • J2SE project icon Java クラスライブラリ。主クラスを含まないスケルトン Java クラスを作成するためのテンプレート。
  • standard web project icon Web アプリケーション。スケルトン Web アプリケーションを作成するためのテンプレート。

ゼロからのプロジェクトの作成についての詳細は、『クイックスタートガイド』および『クイックスタートガイド (Web アプリケーション)』を参照してください。

NetBeans IDE 4.0 には、既存のソースファイル用のプロジェクトを作成するためのテンプレートとして、以下が付属しています。

  • J2SE project icon 既存のソースを使用する Java プロジェクト。既存の Java ソースに基づいて J2SE プロジェクトを作成するためのテンプレート。
  • standard web project icon 既存のソースを使用する Web プロジェクト。既存の Web および Java ソースに基づいて Web プロジェクトを作成するためのテンプレート。
  • free-form project icon 既存の Ant スクリプトを使用する Java プロジェクト。構築用の Ant 構築スクリプトがある既存の Java ソースに基づいて J2SE プロジェクトを作成するためのテンプレート。
  • free-form project icon 既存の Ant スクリプトを使用する Web プロジェクト。構築用の Ant 構築スクリプトがある既存の Web および Java ソースに基づいて Web プロジェクトを作成するためのテンプレート。
  • 注: NetBeans IDE 4.0 で作業するために、Ant の知識が必要なわけではありません。ただし、Ant に関する知識があり、その使用方法を理解している上級ユーザーは、「Ant スクリプトが既存のプロジェクト」テンプレートの利用を推奨します。詳細は、この後の Ant との統合を参照してください。

NetBeans IDE 4.0 を使用してシステム内のフォルダを見ると、有効なプロジェクトのフォルダに Project folder icon アイコンが付いています。

既存のソースファイルのインポートと利用の詳細は、『既存の Java ソースコードのインポート』および『既存の Web アプリケーションのインポート』をお読みください。

Java[tm] 2 Micro Edition (J2ME[tm]) MIDP 2.0 および CLDC 1.1 規格のサポート Moblity Screenshot 1

NetBeans IDE 4.0 では J2ME MIDP 2.0/CLDC 1.1 規格をサポートしており、Java テクノロジ対応のモバイルデバイス用のアプリケーション作成、テスト、デバッグが可能です。NetBeans IDE 4.0 では、MIDlet および MIDlet スイート用のテンプレートが用意され、J2ME パッケージについてソースエディタのコード補完機能があるため、モバイルアプリケーションのコーディングが簡略化されています。また、他社製のエミュレータを組み込んで、安定したテスト環境用のデバイス構成を作成することもできます。

J2ME MIDP 2.0/CLDC 1.1 規格に対する NetBeans IDE 4.0 のサポートには、以下が含まれます。

  • J2ME Wireless Toolkit 2.2 との統合 (バージョンは Windows の場合 2.2 beta、Linux の場合 2.1)
  • 他社製エミュレータプラットフォームとの統合
  • 難読化および最適化の統合サポート
  • ロケール別コンポーネントを組み込むことによる MIDP の地域対応サポート
  • デバイス構成別のコード開発によるデバイス細分化の解決
  • OTA (Over-The-Air) ダウンロードテスト機能
  • 複数の J2ME MIDP サンプルプロジェクトの提供

J2ME MIDP アプリケーションの作成またはインポートについては、『クイックスタートガイド』および『既存の J2ME MIDP ソースコードのインポート』をお読みください。

タグライブラリテンプレートとウィザード

NetBeans IDE 4.0 では、タグライブラリの作成を簡略化する機能が強化されています。新しく導入されたウィザードを使用し、タグハンドラやタグファイル、タグライブラリ記述子を作成することができます。作成したら、Java プログラミング言語か JavaServer Pages テクノロジ構文、あるいはその両方でタグを開発します。

NetBeans IDE 4.0 に付属しているタグライブラリテンプレートは、次のとおりです。

  • TLD file icon タブライブラリ記述子。JSP2.0 構文 (J2EE1.4 プロジェクトの場合) または JSP1.2 構文 (J2EE1.3 プロジェクトの場合) でタグライブラリ記述子を作成するためのテンプレート。
  • Tag file icon タグファイル。JSP または XML 構文でタグファイルを作成するためのテンプレート (サンプルコード付き)。
  • Tag handler icon タグハンドラ。BodyTag ハンドラまたは SimpleTag ハンドラ (JSP 2.0) を作成するためのテンプレート (サンプル Java ソースコード付き)。

タグライブラリの作成および仕様の詳細は、『Tag Library Tutorial』をお読みください。

バンドルされているツール

NetBeans IDE 4.0 には、開発、コード補完、およびコンパイルのニーズに応えるいくつかのツールが付属しています。

  • free-form project icon Apache Ant
  • tomcat 5 instance project icon Tomcat サーバー
  • サーブレットおよび JSP API の API クラスとマニュアル
  • JavaServer Pages 標準タグライブラリ (JSTL)

Apache Ant および Tomcat サーバーに対する特別な設定は必要なく、すぐに利用できます。新しいプロジェクトを作成すると、そのプロジェクトの種類に応じたライブラリが、プロジェクトのクラスパスに自動的に含まれます。また、プロジェクトのクラスパスに手動でライブラリを含めることもできます。

編集

J2SE 5.0

J2SE 5.0 の目的は、アプリケーションの開発を容易にし、そのスケーラビリティ、パフォーマンスを高め、監視および管理しやすくすることにあります。NetBeans IDE 4.0 は、J2SE 5.0 を完全サポートしています。たとえば、enum や generic、メタデータ注釈などの新しい J2SE 5.0 言語コンストラクトを使用し、アプリケーションを構築、編集できます。J2SE 5.0 ソースで、エラー注釈やコード折り畳みなどの機能を使用でき、ソースエディタは、J2SE 言語キーワードのコード補完や構文の強調表示をサポートしています。

J2SE 5.0 については、『New Features and Enhancements J2SE 5.0』をお読みください。

リファクタリング

ソースエディタに、リファクタリング機能が組み込まれています。このため、コードの各部分の機能に影響を与えることなく、コードを速やかに変更することができます。NetBeans IDE 4.0 では、リファクタリング機能を使用し、以下のことを行うことができます。 Refactoring Screenshot 2 Refactoring Screenshot 1

  • パッケージ、クラス、メソッド、フィールドの名前変更
  • パッケージ間のクラスの移動
  • フィールドをカプセル化することによる「取得」メソッドおよび「設定」メソッドの生成と、それらメソッドを使った元のフィールドの内容の置き換え
  • メソッドパラメータの変更
  • 参照、宣言、およびクラスとそのメンバーの使用事例の検索

「フィールドをカプセル化」コマンドに同じ機能があるために、 「R/W プロパティの生成」コマンドは廃止されています。

コードの補完

コード補完および構文の強調表示機能が、以下の点で強化されています。 Refactoring Screenshot 2 Refactoring Screenshot 1

  • TLD file icon JSP2.0 または JSP1.2 仕様に準拠したタグライブラリ記述子
  • Tag file icon JSP 構文のタグファイル
タグライブラリ記述子およびタグハンドラ用のカスタマイザは廃止されました。これは、それらの属性やプロパティ、動作が、ソースエディタのコード補完機能を使用して編集できるようになったためです。
インポートの管理

ソースエディタ内を右クリックし、コンテキストメニューから「インポートを修正」を選択することによって、Java ソースファイル内の外部参照を管理することができます。 コードに必要なインポート文は追加され、不要なインポート文は削除されます。また、未解決の識別子は解決されます。この新しいリリースでは、このメニュー項目が「インポート管理ツール」の働きをします。

ウィンドウシステム Windowing System NetBeans IDE 4.0 では、以下の点で編集機能の柔軟性が増しています。
  • 自動非表示ウィンドウの移動。作業スペースの周囲にビューをアイコン化できます。
  • フォームオブジェクト 1 つに複数のビュー。1 つのフォームオブジェクトの複数のビューを簡単に切り替えられます。このため、ビューごとに新しいウィンドウを開く必要はありません。フォームエディタの同じタブ内でソースビューとフォームビューの両方を見ることができます。
  • MacOS X の Aqua LookAndFeel との視覚的な統一

構築、実行、デバッグ

Ant との統合

Apache Ant は、開発ための構築および実行環境を標準化し、自動化するための Java 準拠の優れた構築ツールです。NetBeans IDE 4.0 のプロジェクトインフラストラクチャは、 Ant を直接の土台にして構築されています。プロジェクトに関するすべての情報が Ant スクリプト、プロパティファイル、および 2, 3 の XML 構成ファイルに格納されます。このことは、IDE を使用しない場合も、IDE を使用したときと同様にプロジェクトを構築、実行できることを意味します。

特別な設定や準備は必要ありません。NetBeans IDE 4.0 をインストールするだけで、次の環境が提供されます。

  • 構築エンジンとして Apache Ant
  • Ant 構築スクリプトとしてプロジェクトメタデータ
  • IDE を使わず、Ant を使用してアプリケーションを構築する機能
  • Java アプリケーションのユニットテスト (JUnit) に対する完全統合サポート

システムを使用するために、Ant の知識が求められることはありません。ただし、上級の Ant ユーザーは、Ant をフルに活用できます。プロジェクトの構築スクリプトをカスタマイズしたり、独自のスクリプトを使用してプロジェクトを構築したりできます。

Ant 構築スクリプトの作成およびカスタマイズの詳細は、『Advanced Free-Form Project Configuration Guide』をお読みください。

JSP のコンパイル

NetBeans IDE 3.5 の場合と同様、JSP ファイルを「コンパイル」できます。NetBeans IDE 3.6 では、JSP ファイルを「検査」できるだけでした。「検査」アクションを実行すると、JSP コードをサーブレットに変更できなくなり、変換時または実行時に発生する構文エラーを検出できませんでした。このリリースでは、コンパイルできるようになっています。

JUnit テスト

NetBeans IDE 4.0 のプロジェクトには、Java コードテストの事実上の標準である JUnit を使用したユニットテストを生成、開発、実行するためのサポート機能が組み込まれています。Ant 構築スクリプトや NetBeans IDE 4.0 での設定に関係なく、JUnit テストを構築、実行するためのクラスパスを別に設定することができます。

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2016, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo