NetBeans はオープンソース


NetBeans プロジェクトはオープンソースプロジェクトです。これが意味することは:

  • NetBeans Platform および IDE は商用、非商用を問わず無償で利用できます。
  • だれでも両方のソースコードを使用でき、ライセンスの条項に従って適切とみなされれば再利用できます。
  • プラットフォームおよび IDE の開発は公共の場で行われます。決定は公開メーリングリスト上で合意によって行われます。
  • 個人または企業はプロジェクトにコードを提供できます。だれでも自由に参加できます。

入手可能になる際の基準となるライセンスが明記されたコンテンツを除き、このサイト上のソフトウェアやその他のコンテンツは、Open Source Definition に準拠する CDDL (Common Development and Distribution License) に基づいてライセンスされます。ソースツリーの /external/ ディレクトリに含まれているサードパーティーのバイナリは、独自の規約と条件に基づいてライセンスされます。

オープンソースである理由


ソフトウェアの作成にオープンソース手法を選択する理由はたくさんあります。この手法は、可変的に次のように評されることがあります。
  • 地域分散型のソフトウェア開発用の一連のベストプラクティス。
  • ソフトウェアの作成にユーザーが関与できるようにすることでそのユーザーのニーズが確実に満たされるようにする手段。
  • ソフトウェアのユーザーが自分たちのニーズを満たすようにそれを変更できるようにし、単一のエンティティーがプロジェクトやコミュニティーの利益に反して行動できないようにする手段。
  • 同業者による評価や社会動学 (「多くの視点」の概念) によって高品質を確保するのに役立つソフトウェアを作成する手段。
  • 一部の商業的開発努力の効率を下げる可能性のある階層および組織的政策を回避するソフトウェアを作成する手段。

実践的なものから宗教上のものまで、さらに多くの記述が考えられます。より重要な問題は、それが機能しているかということです。1998 年以来、何千もの個人と何百もの企業 (その一部はここで作成されたソフトウェアで事業を築いた) の参加を得て、その回答は文句なしの「はい」であると信じています。しかし、この回答を検証する最良の方法は、NetBeans コミュニティーに参加して、その利点を自力で発見することです。

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2013, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo